映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

人生の特等席

2012年11月25日 | 映画(さ行)
イーストウッドを見る劇場こそが“特等席”



            * * * * * * * * *


2008年の「グラン・トリノ」以来4年ぶりのクリント・イーストウッド出演作品。
監督は、クリント・イーストウッド監督の愛弟子と言われるロバート・ロレンツ。
なるほど確かに、これはクリント・イーストウッドワールドでした。


大リーグの伝説的スカウトマンといわれるガス(クリント・イーストウッド)。
けれども最近は寄る年波には勝てず、
視力が衰えてきているのですが、周囲には隠しています。
けれど、フロントもそんなガスには危惧を抱いていて、
ガスに見切りをつけるか、継続か、そんな判断を次のドラフトにかけようという心づもり。
ガスはノースカロライナの注目の選手の試合を見に行くのですが、
やはり視力の衰えで心もとない。
そんなガスの手助けに来たのが一人娘のミッキー(エイミー・アダムス)。
けれどミッキーは長くガスと離れて暮らしていて、
どうにもうまく心が通じ合いません。
はてさて、この二人の行方は・・・



特に大きな事件が起こるわけでもありませんし、
まあ先も読めるし、どこかで見たような気もするストーリー。
だけれども、何なのでしょう、この安心感。
ゆったりと楽しめてしまう。
やはり、クリント・イーストウッドの存在感なのかも知れませんね。
しぶくて頑固で、時折ものすごく鋭い。
でも家族に対しては不器用で、なかなか本当の思いを口に出せない。
よく日本にもいそうな“お父さん”ですよね。
だから日本人は、特に親しみを感じるような気がします。
そして、この役は彼以外には考えられません。



エイミーは早くに母を亡くし、ガスに男手一つで育てられたのです。
彼とともにスカウトの旅をし、また、野球の知識をしっかりと学んだ。
けれど、ある時急に親戚に預けられ、
その後ほとんど連絡もなく、ほおって置かれた。
そのことでとても傷ついていたのです。
あまりにも冷たいその仕打ちと思えたのは、
単に彼が忙しかったからというのではなく、しっかりと理由があったからなのでしたが
彼女にはそれは知らされていなかったのです。


そんな父と娘の絆を結ぶものはやはり野球。
見終えた後の満足感たっぷり。
ハリウッド的なハッピーエンド、
お気楽といえばそうなのですが、やっぱり好きです。
この気分を味わいたくて映画を見ているといっても過言ではない。



今作中で、ガスはパソコンを使いません。
(というより、使えない)。
自分の目と耳と経験が全て。
このようなところで、先のヒット作でもある「マネーボール」を思い出してしまいました。
あちらは徹底したデータによる野球。
単純にどちらがいいというものではないとは思いますが、
人が積み上げた経験の価値は、コンピューターに勝ってほしい。
まあ、これは今や殆ど願望に近いかも知れませんけれど。


今作、原題は“Trouble with Curve”。
ドラフト1位指名候補の高校生が、
カーブを打てないとガスが見切ることからくる題名なんですね。
でも、邦題は「人生の特等席」。
これも作中のセリフにある言葉です。
ガスは自分のスカウトの仕事について「こんなのは人生の3等席だ」とミッキーにいうのです。
けれどもミッキーは、いつも一緒に旅をしたお父さんの横が「人生の特等席だった」といいます。
そこで私たちは、なるほど、だからこの題名・・・と気づくわけですが、
確かにこの邦題はいいですね。
自分にとっての人生の特等席はどこなのか。あるいはどこだったのか。
思いを馳せてみるのもいいかも知れません。


「人生の特等席」
2012年/アメリカ/111分
監督:ロバート・ロレンツ
出演:クリント・イーストウッド
エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・グッドマン、マシュー・リラード

コメント (1)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« コッホ先生と僕らの革命 | トップ | 「悪の教典」 貴志祐介 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
クリ爺(→クリントイーストウッド)と アダ美(→エイミーアダムス) 父娘の 才能発掘作業伝説 (zebra)
2015-01-18 03:01:04
目がボヤけてるのに 気合が空回りのクリ爺 自宅のガレージに車のかどぶつけるわ スカウト先で交通事故起こすわ 家のテーブルに足をぶつけるわ  料理は黒コゲだわ


クリ爺の心配して 娘のアダ美が 呼ばれてないのに ジャジャジャジャァ~ン!!!

 まるで 危機一髪のトコで タイミングよく出てくる 戦隊モノのヒーロー(じゃねえわ ヒロイン)のような 都合のよさ!

クリ爺が昔 発掘したティンティン(→ティンバーレイク)に 誘惑されたアダ美・・・。

恋ごころを 芽生えさせて 川でジャブ!ジャブ!(ボクシングかい!) ラブ美さ!

 弁護士事務所で働いてるアダ美 クリ爺に構ってしまったために
昇進をかけたプレゼンの話が 上司たちに 別の相手に切り替えて手のひら クルリされ ショボ美に・・・。

 しかし 小さいころにクリ爺にメジャーリーガー才能発掘作業につきあって ドリルと作業着着て(ドリルはもちません。普通の子供服です)各地を巡業!

 発掘作業の才能が開花!(スカウトの目利きです)

 現地で自分の初仕事で発掘した人材をゲット!球団役員の一員に
できすぎてるやろ・・・・さすが アメリカンドリーム!!

 弁護士もできて 発掘作業もできる 
二足のワラジの アダ美・・・

 これなら二交代勤務も可能だね。
昼の勤務はメジャーリーガー人材発掘 夜の勤務は弁護士(・・・って いつ 寝るんじゃい!)

コメントを投稿

映画(さ行)」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

『人生の特等席』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
メジャーリーグのスカウトマンであるガスは、ハイテクに頼らず昔ながらのやり方を貫いているが、球団は時代に取り残されたかのような彼を疎ましく考え始めていた。しかもガスは視力が衰え仕事にも支障を来たし始めていたが、プロとしての自信と誇りは持ち続け、今もドラフ...
「人生の特等席」 変えられない、でも変えられる (はらやんの映画徒然草)
原題は「Trouble With The Curve」。 ここで言う「Curve