映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

セッション

2015年04月24日 | 映画(さ行)
血みどろドラマー



* * * * * * * * * *

名門音楽学校で世界的ドラマーを目指すアンドリュー・ニーマン(マイルズ・テラー)。
伝説の教師と言われる、フレッチャー(J・K・シモンズ)の指導を受けることになります。
しかし、常に完璧を求めるフレッチャーは、
奏者に容赦無い罵声を浴びせた狂気のレッスンを繰り広げます。
必至に食いついていこうとするアンドリューにも
ただならぬ悪意(としか思えない)をむき出しにし、しごき続ける・・・。



この師ありて、この弟子ありとでもいいましょうか、
フレッチャーも狂気じみてはいますが、
アンドリューもせっかく親しくなり始めた彼女と別れてまでドラム一筋にのめり込む。
普通ならあれだけ罵声を浴びせ続けられたらとっくにやめているのかも。
しかし、フレッチャーに降りろと言われてもなお、
ここは俺の場所だと粘り続ける彼こそもまた、鬼なのであります・・・。



しかし、ある事件を経た後、再開するふたり。
一時分かり合えたように見えて、
そのあとで私達はまた戦慄のシーンを見ることになります。
ステージ上で繰り広げられる死闘。
この師弟の愛憎に戦慄しクラクラしてきますが、
ラストはそれすらも吹き飛ぶ、音・リズムの真髄に
私達はまた忘我の境地に誘われるでしょう。
いやあ・・・、なんともすさまじい。
ただただ、唖然。



J・K・シモンズは、いろいろな作品で、バイプレーヤーとしてお目にかかってはいましたが、
ここまで主役級に全面に出てきた作品は初めてですね。
本作でアカデミー賞助演男優賞を獲得していますが、
それには誰も文句はないと思います。
こんな先生に怒鳴られたら、おしっこちびりそうです。
すくんでしまって、その後まともに演奏なんかできなさそう・・・。



本作中にはアンドリューがチームの人達と談笑したり慰め合ったりするシーンが全くありませんでした。
彼にとっては周りはみなライバル・・・。
特に同じドラマー同士のひりひり感も、並大抵ではありませんでした。
アンドリューは一見気弱で、人と目を合わせて話すことができず、
気になる女の子に声をかけるのにも躊躇します。
その彼が、ことドラムについてだけは強烈な執着心と上昇志向を見せる。
・・・まあ、ほかのことは何もできないという自覚があるからなのかもしれませんが。
全く、この師弟に関しては、どちらも常軌を逸している。
が、だからこそ常人には達することのできない
音楽の高みにまで行くことができるのかもしれません。



セッション コレクターズ・エディション[2枚組] [DVD]
マイルズ・テラー,J・K・シモンズ
ギャガ


「セッション」
2014年/アメリカ/107分
監督・脚本:デイミアン・チャゼル
出演:マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、メリッサ・ブノワ、ポール・ライザー、オースティン・ストウェル

ドラムにしびれた度★★★★☆
戦慄の師弟関係度★★★★★
満足度★★★★☆
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
« 悪童日記 | トップ | 「オジいサン」 京極夏彦 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
究極の極み (iina)
2015-05-03 11:24:58
本気でとことん闘いあって、そこを跳び抜けたところに、究極の極みたる境地がおとずれそうです。

例えば、つまらぬ例をあげて恐縮ですが、鉄棒の逆上がりは、手に豆を作って頑張った果てに達成されますから、その後は常に出来る状態がつづきます。
Unknown (たんぽぽ)
2015-05-13 21:30:23
>iinaさま
その究極の極みに至らないうちに、凡人は諦めてしまうのでしょうね。つまり、才能とは「諦めない」でがんばることができること。
それにしてもこの師匠は怖かった・・・。究極のドラマー養成ギプスか何かを作りそうでした。

コメントを投稿

映画(さ行)」カテゴリの最新記事

14 トラックバック

セッション (風に吹かれて)
血と汗がしたたる 公式サイト http://session.gaga.ne.jp 製作総指揮: ジェイソン・ライトマン 偉大なジャズドラマーを夢見て、全米屈指の名門、シェイファー音楽院に入学したニーマ
セッション  監督/デイミアン・チャゼル (西京極 紫の館)
【出演】  マイルズ・テラー  J・K・シモンズ 【ストーリー】 名門音楽学校へと入学し、世界に通用するジャズドラマーになろうと決意するニーマン。そんな彼を待ち受けていたのは、鬼教師として名をはせるフレッチャーだった。ひたすら罵声を浴びせ、完璧な演奏を引....
セッション (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(P) 物語の97分間は圧巻のラストのための伏線であった。
ジャズは死なず~『セッション』 (真紅のthinkingdays)
 WHIPLASH  父子家庭に育ち、幼い頃からドラムに親しんでいたアンドリュー(マイルズ・ テラー)は、全米屈指の音楽大学、シェイファー音楽院に入学する。伝説の ジャズドラマーになる夢を抱いていた彼は、名物教授フレッチャー(J・K・シ モンズ...
セッション (もののはじめblog)
名門音楽学校に入学したドラマーと伝説の鬼教師が繰り広げる狂気のレッスンとその行方を描き、第30回サンダンス映画祭でグランプリと観客賞に輝いた人間ドラマ。 世界的ジャズドラマーを目指して名門音楽学校に入学したニーマンは、伝説の教師と言われるフレッチャーの指...
映画:セッション Whiplash 予想外に見過ごせない、究極の体育会系教師と弟子のガチバトル (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
正直、ここまで面白いとは思わなんだ。 体育会系教師 vs 弟子 のバトル、という構造を聞いただけで、よくある予定調和の物語を想像していたので。 これでやっと、なぜアカデミー賞で5部門にノミネートされ、それも「作品賞」「脚色賞」含む、というのに、ナットク。 ...
『セッション』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「セッション」□監督・脚本 デイミアン・チャゼル□キャスト マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、メリッサ・ブノワ、        ポール・ライザー、オースティン・ストウェル■鑑賞日 4月19日(日)■劇場 TOHOシネマズ...
「セッション」 (ここなつ映画レビュー)
キツイ作品だった。どうキツイのかは後述するとして、息詰まる熱い作品であった事は間違いない。強いパッションを感じるし、音楽の持つ底力に圧倒させられる。名だたる音楽学校で、何のコネも血筋もなく、ただひたすらドラムを叩く気の弱い青年。ただドラムが好きなだけだ...
セッション (映画的・絵画的・音楽的)
 『セッション』をTOHOシネマズ新宿で見ました。 (1)アカデミー賞作品賞などにノミネートされ、結果としては、助演男優賞(J・K・シモンズ)、脚色賞、編集賞を獲得した作品ということで、映画館に出向きました。  本作(注1)の冒頭では、主人公のアンドリュー・ニー...
[映画『セッション』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・これは凄い映画でした。 私は、このような、『4分間のピアニスト』を彷彿とさせる、情熱や根性、才能や激情の作品が大好きなのです。  ・・・とあるジャズ評論家が、この映画に対し、そのエキセントリックさに「ジャズへの冒涜だ」と言い、 とある映画評論...
セッション (にきログ)
さて、またまた映画の感想です ドラマーの映画ということで楽しく見ました あらすじ 名門音楽学校へと入学し、世界に通用するジャズドラマーになろうと決意するニーマン(マイルズ・テラー)。そんな彼を待ち受けていたのは、鬼教師として名をはせるフレッチャー(J...
セッション (いやいやえん)
【概略】 名門音楽大学に入学したニーマンはフレッチャーのバンドにスカウトされる。ところが、そこで待ち受けていたのは常軌を逸した厳しいレッスンだった。 ドラマ J・K・シモンズが狂気の鬼教師を演じたことで話題に。 シェイファー音楽院という名門音大に入...
セッション (Whiplash) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 デイミアン・チャゼル 主演 マイルズ・テラー 2014年 アメリカ映画 107分 ドラマ 採点★★★★ アホって文字を擬人化したようなウチの小6の長男。ただアホならではの吸収力の良さからか、所属しているブラスバンドでのスネアドラムの腕前は、大人混合の他チ...
セッション (銀幕大帝α)
WHIPLASH 2014年 アメリカ 107分 ドラマ/音楽/青春 劇場公開(2015/04/17) 監督: デイミアン・チャゼル 脚本: デイミアン・チャゼル 出演: マイルズ・テラー:アンドリュー・ニーマン J・K・シモンズ:テレンス・フレッチャー ポール・ライザー:ジム・...