映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

TEAM NACS COMPOSER~響き続ける旋律の調べ

2018年05月25日 | 舞台

絶望の果に、一体彼は何を見出したのか?!

TEAM-NACS COMPOSER ~響き続ける旋律の調べ [DVD]
TEAM-NACS
アミューズソフトエンタテインメント

* * * * * * * * * *


2005年 脚本・演出 森崎博之、TEAM NACS


この舞台の主人公はベートーヴェン。
前回の新選組とは全く違った世界観にワクワクします。
ベートーヴェン(大泉洋)は、亡き弟の息子を自分の息子として育てます。
音楽家としては名前も売れ、世間的にも認められている時期。
ベートーヴェンは息子にも音楽の道へ進ませようとしますが・・・。
また、その裏側に登場するのが、モーツァルトの亡霊(安田顕)。
モーツァルトは、まだ自分の音楽の道を極めたと思わないうちに、妻に毒殺されて亡くなっており、
名だたる音楽家のもとに亡霊となって現れては、
呪詛の言葉を吐き、暗く陰鬱な運命に導こうとします。
自分の音楽とは全く逆の陰鬱なメロディにこそ、モーツァルトは憧れていたのかもしれません。


その呪いであるのかどうか、やがてベートーヴェンは失聴。
その絶望感の中でやがて第9を作曲します。
聞こえない耳で、第九の指揮を振るベートーヴェンのシーンには戦慄しました。
聞こえずとも、音楽の全ては彼の中に息づいている・・・。
(もっとも、これにはタネがあったのですが・・・)
そしてその後ろで、モーツァルトが驚愕しているのです。
「絶望の果に、一体彼は何を見出したのだ?!」
ベートーヴェンの過酷な運命に反して、
その交響曲は、まばゆい歓喜の光に満ちているのです。
生きること。
愛すること。
この歓びに比べたら、聞こえないことなど何の問題があろうか・・・と言うかのように。


もともと第九が大好きな私としては、すごく楽しめる作品でした。

満足度★★★★☆

ジャンル:
芸能
コメント   この記事についてブログを書く
« モリーズ・ゲーム | トップ | 「ヤモリ、カエル、シジミチ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

舞台」カテゴリの最新記事