映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

人類資金

2013年10月26日 | 映画(さ行)
本を読んだほうがいい(多分)



* * * * * * * * * *

敗戦直前に旧日本軍が隠匿したとされる財宝“M資金”をめぐる人々の葛藤を描きます。


金融ブローカーを名乗る詐欺師・真舟(佐藤浩市)。
彼の詐欺の手口にはよく“M資金”が出てくるのです。
ある日、石(セキ)(森山未來)という男が現れ、
M資金を管理する財団「日本国債文化振興会」に来てほしいと、
強引に真舟を連れ出すのですが、
なんと、「10兆円のM資金を50億円の報酬で盗みだしてほしい」という依頼でした。
自分の組織のお金を盗み出す・・・?
つまりは、財団内部での抗争があるということなのですね。
石を使い真舟を呼び出した“M”(香取慎吾)は、
かつて“人類資金”として託されたはずのこの莫大な資金を、
その正しい目的のために使いたいと考えているのでした…。



ロシア、タイ、アメリカ、そして日本。
4カ国に渡るロケや、ニューヨーク国連本部での撮影もあり、
そのスケールの大きさを売りにしているようなのですが・・・。
うーん、正直ちょっと拍子抜けです。
私は実は福井晴敏さんの本が大好きなんです。
ワクワク・ハラハラ・ドキドキ、
子供の頃夢中で物語の本を読みふけった、その時のようなのめり方ができるんですよね。
でもそれなのに、
なぜか映画化となったものはち~っとも面白くない。
今まで何度かそういう失望を味わってきました。
でも本作は、本を読まず、いきなり映画作品に向かったのですが、
やっぱりあんまり興奮できない。
なぜ??? 
まあ、それが分かれば苦労しませんよね。
私には実写よりもアニメにしたほうがストーリーが生きる気がするのですが・・・。
たぶん、本作も本を読めばきっと面白いに違いありません。
うーん、本当はもっと色々なエピソードの枝葉があるのに
無理に2時間ちょっとに収めようとするからなのかもしれません・・・。



特に今作について言えるのは、
まずテーマがキレイ事すぎるような気が・・・。
これなら、ふつうに痛快コン・ストーリーにしたほうがいいなあ。
その後、アジアの小国の子どもたちのためにそのお金を使ってみました~、
みたいになったほうがオシャレ。


それから、“人類資金”という壮大なミッションを抱きながら、
実のところアジアの小さな一国にPDA(携帯情報端末)を配っただけっていうのが
なんだかセコすぎるような・・・。
(いや、これがほんの手始めということなのでしょうけれど・・・)
にしてもこれでは、人類滅亡の危機を救うと言いながら、
ご町内にたまたま現れた一人の宇宙人をやっつける
・・・みたいな、チープなTVの子供番組とあまり変わらない・・・。
だからなんというか、スケール感がちぐはぐに思えてしまったわけです。
まあ、でも、国連での演説シーンではちょっぴり泣けましたけどね(^_^;) 




でも印象に残ったのは、
「人類の7割がスマホを持つどころか、電話をかけたこともない」という話。
そうなのか、
実は地球上にある「エリジウム」に、私達は住んでいる、ということなのですよね。
そういうところは、もう少し自覚したほうがいいと思いました。



2013年/日本/140分
監督:阪本順治
原作:福井晴敏
脚本:阪本順治、福井晴敏
出演:佐藤浩市、香取慎吾、森山未來、観月ありさ、岸部一徳

スケールの大きさ★★★☆☆
満足度★★☆☆☆


コメント (2)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« MARUちゃん | トップ | 白雪姫と鏡の女王 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
世界が百人だったら (iina)
2013-11-24 17:36:30
この映画を観て、むかしに流行った「世界がもし百人の村だったら」を思い出しました

その村には・・・
57人のアジア人 21人のヨーロッパ人 14人の南北アメリカ人  8人のアフリカ人がいます

52人が女性で 48人が男性です

70人が有色人種で 30人が白人

70人がキリスト教以外の人で 30人がキリスト教

89人が異性愛者で 11人が同性愛者

6人が全世界の富の59%を所有し、その6人ともがアメリカ国籍

80人は標準以下の居住環境に住み 70人は文字が読めません

50人は栄養失調に苦しみ 1人が瀕死の状態にあり 1人はいま、生まれようとしています

1人は(そうたった1人)は大学の教育を受け  そして 1人だけがコンピューターを所有しています
地上のエリジウム (たんぽぽ)
2013-11-25 20:02:31
>iinaさま
素晴らしいコメント、ありがとうございました!!
「世界がもし百人の村だったら」、そうでした。流行りましたよね。でも過ぎてしまえば忘れてしまうというのも悲しい・・・。
これを思い返すと、やはり日本の私達は地上の「エリジウム」に住んでいるのだということを再認識させられます。
本当に「人類資金」なんてものがあるのなら、どうか多くの人に有意義であるように使ってもらいたいですね。結局はやはり、教育なのかな。

コメントを投稿

映画(さ行)」カテゴリの最新記事

6 トラックバック

『人類資金』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「人類資金」□監督・脚本 阪本順治□原作 福井晴敏□キャスト 佐藤浩市、香取慎吾、森山未來、観月ありさ、岸部一徳、仲代達矢、     オダギリジョー、寺島進、石橋蓮司、豊川悦司、ユ・ジテ、ビンセント・ギャロ     ■鑑賞...
「人類資金」 (NAOのピアノレッスン日記)
~10兆円で世界のルールは変えられるか?~ 2013年   日本映画     (2013.10.19公開)配給:松竹      上映時間:140分監督:阪本順治原作:福井晴敏  『人類資金』(講談社刊)脚本:阪本順治/福井晴敏美術:原田満生音楽:安川午朗出演:佐....
人類資金 ★★★ (パピとママ映画のblog)
『亡国のイージス』『大鹿村騒動記』などの阪本順治が監督を務め、原作の福井晴敏と共に脚本も担当したサスペンス。いまだ、その存在が議論されている旧日本軍の秘密資金、M資金をめぐる陰謀と戦いに巻き込まれていく男の姿を活写する。佐藤浩市、香取慎吾、森山未來をは....
「人類資金」 未来の可能性 (はらやんの映画徒然草)
福井晴敏さんが原作で、阪本順治監督というのは「亡国のイージス」以来でしょうか。
人類資金 (映画的・絵画的・音楽的)
 『人類資金』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)『許されざる者』で活躍したばかりの佐藤浩市が主演だというので、映画館に行ってみました(注1)。  本作の冒頭では、1945年のこととして、映画『日輪の遺産』で描かれたのとほぼ類似する財宝(注2)が、東京湾に沈....
人類資金 (もののはじめblog)
旧日本軍の隠し資産がGHQによって接収され、極秘に運用されてきたといわれる通称「M資金」をめぐって繰り広げられる陰謀を描いた作品。 「亡国のイージス」でも阪本監督とタッグを組んだ福井晴敏による書き下ろした小説を、福井と阪本監督が共同で脚本を執筆したとい....