映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

2015年04月15日 | 映画(は行)
私の無知がもたらす、「面白くなさ」なのだろう。多分。



* * * * * * * * * *

第87回アカデミー賞作品賞受賞作、ということで期待してみましたが・・・。


かつて「バードマン」というヒーロー映画で
一世を風靡した俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)。
しかしその後は鳴かず飛ばず・・・。
その彼が、ブロードウェイの舞台で脚色・演出・主演を務める作品を上演し、
再起を図ろうとします。
しかし、出演俳優の一人が大怪我をして降板。
代役に実力派の俳優マイク・シャイナー(エドワード・ノートン)を迎えることに。
しかしこのマイクの才能に、リーガンは次第に脅かされていく・・・。



つまりこれは自己の“承認”をめぐる物語なんですね。
誰もが過去の自分を賞賛するけれども、今の自分を認めようとしない。
自分はここにいるのに、いないのと同じ。
周りの人々ばかりでなく、娘からも、信頼を得られない自分を何とかしたいと、
ジタバタもがく男の物語です。



リーガンの心の奥底の本音を「バードマン」の姿の彼が自身に語りかける。
彼の心は時に物を破壊する衝動を持ったり、
自身を上空に浮遊させたりもする。
こういう演出はなかなかはっとさせられ、ステキでした。
バードマン姿の彼が空を飛ぶのはあたり前。
でもコート姿の普通の男が浮遊する像といのは、めったにないですものね。

まあ、そういうところはさすがにアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督なのであります。
また、全シーンワンカットに近い長回しも見どころ。
けれど、先に私は三谷幸喜さんの「大空港2013」を見てますので・・・
さほどの驚きはありませんでした。


このシルエットは、「バードマン」というよりむしろ
「ガッチャマン」そのものなんですけど・・・。


十分面白かったという方ももちろんいらっしゃいましょう。
でも私はイマイチ、のめり込めないで終わった感じです。
本作、技巧に凝りすぎていて
「どうだ、すごいだろう」って、聞こえる気がする・・・。
アカデミー作品賞の映画って、正直あまり「面白く」はないと、私は思っております。
普通に楽しめる感動作をあえて外してますよね・・・。
だから私はやはり「評論家」にはなれないし、
ただのミーハーな映画ファンなのでしょう。
でもいいや。
私にとって面白くないものは面白くないのだからしょうがない。
そもそも昔の「バットマン」は見ていないので、マイケル・キートンも知らないし。



現代は、ほんの数秒で80万もの“いいね”やフォロワーを得られてしまう。
かつてのヒーローとしての人気と、今の社会での人気って
そもそも質がまるで違うのかもしれません。
こんな軽薄短小の世の中で、
人気を保ち続けなければならない俳優さんって、ホントに大変そう。
かつて「バットマン」で名を馳せたマイケル・キートン氏が本作で再起したわけですが、
果たして今後これをきっかけにスクリーンで多く見かけるようになるのか、
はたまた、また忘れ去られていくのか・・・、
今後に注目であります。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [DVD]
マイケル・キートン,ザック・ガリフィアナキス,エドワード・ノートン,エマ・ストーン,ナオミ・ワッツ
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


「バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
2014年/アメリカ/120分
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ
出演:マイケル・キートン、ザック・ガリフィアナキス、エドワード・ノートン、アンドレア・ライズボロー、エイミー・ライアン、エマ・ストーン
斬新さ★★★★☆
満足度★★★☆☆


コメント   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
« ウルフ・オブ・ウォールスト... | トップ | ケープタウン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(は行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

14 トラックバック

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(11) 嘗て、傑作自虐ネタ映画『その男 ヴァン・ダム』があったが
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (風に吹かれて)
舞台裏の悪戦苦闘 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/birdman 監督: アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ  「21グラム」 「バベル」 かつてスーパーヒーロ
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 監督/アレハンドロ・G・イニャリトゥ (西京極 紫の館)
【出演】  マイケル・キートン  エマ・ストーン  エドワード・ノートン  ナオミ・ワッツ 【ストーリー】 かつてヒーロー映画『バードマン』で一世を風靡した俳優リーガン・トムソンは、落ちぶれた今、自分が脚色を手掛けた舞台「愛について語るときに我々の語ること....
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) Birdman or The Unexpected Virtue of Ignorance (映画の話でコーヒーブレイク)
本年度アカデミー賞最多9部門ノミネート。 作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞の4部門で受賞 主演のマイケル・キートンはゴールデングローブ主演男優賞受賞です 前評判もよく、かなり期待して見てきたのですが・・・ 非常にユニークで不思議な映画でした。    ****....
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』は二兎を追う (映画のブログ)
 グッとくる題名だ。  『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』。原題は"Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance)"。  映画監督に限らない。創作に携わる人は誰もが「予期せぬ奇跡」を目指していよう。それをもたらすのが無知であることに...
映画:バードマン Birdman 中年の悲哀を全面に出しつつ、噂に違わぬ 超・快?怪作! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
来年のアカデミー賞レースに向け、是非に今回観ておきたかった1本。 日本公開のタイトルは「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」とな? NYに着いた翌朝ー番に早速チェック! はじまった瞬間に気付く。 「何か違うわ、これ 」 タイトルのロゴの出方と....
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」□監督・脚本 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ□キャスト マイケル・キートン、ザック・ガリフィナーキス、エドワード・ノートン、       アンドレア・ライズボロー...
バードマン (もののはじめblog)
  あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)  かつて「バードマン」というアメコミ原作の映画に主演し、ヒットを飛ばしたもののその後がパッとしなかった映画俳優が再起を賭けてブロードウェイで芝居をするというストーリーを、ほぼワンカットと見間違うようなカメラワ...
バードマン (映画的・絵画的・音楽的)
 『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を渋谷シネマライズで見ました。 (1)本作(注1)は、本年度のアカデミー賞作品賞を獲得した作品ということで、映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、レイモンド・カーヴァーの詩が掲げられ、そしてタイト...
再起をかけた男 (笑う社会人の生活)
13日のことですが、映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を鑑賞しました。 かつてヒーロー映画『バードマン』で一世を風靡した俳優リーガン・トムソンは落ちぶれた今、自分が脚色・演出・主演の舞台に再起を懸けていた。 しかし、降板した俳優の代...
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance) (事務職員へのこの1冊)
読売新聞にいま連載されている仲代達矢の半生記がむやみに面白い。映画界でも舞台でも活躍する彼に、双方が提供する条件が好対照なのだ。映画会社は「(うちの専属になれば)家を建ててやる」とオファー。ロケでは一流ホテルに宿泊。対して、所属する劇団の公演ではほと...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (銀幕大帝α)
BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE) 2014年 アメリカ 120分 コメディ/ドラマ PG12 劇場公開(2015/04/10) 監督: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 製作: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 脚本: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 出演: マイケ...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (いやいやえん)
【概略】 映画シリーズ4作目を断って20年、今も世界中で愛されているスーパーヒーロー“バードマン”。だが、バードマン役でスターになったリーガンは、その後のヒット作に恵まれず、私生活でも結婚に失敗し、失意の日々を送っていた。再起を決意したリーガンは、ブロー...
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance)) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 アレハンドロ・G・イニャリトゥ 主演 マイケル・キートン 2014年 アメリカ映画 119分 ドラマ 採点★★★ 平均寿命から考えると、人生の折り返しってのをとっくに過ぎてしまったミドルエイジ真っ盛りな私。ただまぁ、下の子がまだ小さいってのもあってか、さ...