さすらい塞翁が馬

(旧タイトル『さすらい教師・大陸系』)

日本語教員として働いた中国での日々。
そして、帰国後。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

こんなドキドキはもうイヤだ。

2019年05月22日 15時01分20秒 | 
5月22日(水)

ついにこの日がやってきた。今日は11日(土)の検査結果を聞きに行く日。
2年前に患った大腸癌は、果たして肝臓に転移してるのか 入院か 手術か 抗癌剤か

結果から言うと、「問題なし
「CTに移った影に著しい変化は見られず、転移とは認められない。」とのこと。

思えば、この3ヶ月間、生きた心地がしなかった。(2月6日の記事を参照)
今は、ただただホッとして、全身脱力状態。。。

やっぱもう完治したんだよ。そうだそうだそうに違いない
つーか、私がそんな簡単に死ぬわけねーし。
もう忘れたい。。。
コメント

デンセンマンを知らない世代

2019年05月18日 17時00分00秒 | 生活(日本)
これも同僚の若い子たちの話。
伊東四朗のことを「タフマンのおじいちゃん」って呼んでた。(名前は知らないらしい
ちょっとした衝撃だった。
コメント

ヨヨコー

2019年05月18日 15時00分00秒 | 生活(日本)
同僚の若い子たちが、代々木公園のことを「ヨヨコー」って言ってた
ちょっとビックリしたとともに、「私の中の新単語を増やしてくれてアリガトウ」って思った。
コメント

お酒はぬるめの燗がいい~♪(YしろAき)

2019年05月18日 12時00分00秒 | 生活(日本)
フリーソフトの「窓の杜(もり)」ってサイトがあるけど、上司が毎度「窓の社(やしろ)」って言う
やしろ、やしろって何度も言う
訂正したいけど、できない
どーしたらいいんだ

昔やってた仕事のことを思い出した。
国語の漢字練習用の教材を作っていた時、「社」っていう漢字について、左側は「ネ」だよ!なんて書いてたような。。。
当時与えられた資料によると、間違えて「杜」って書いちゃう子も一定数いたような気がする。

国語って、いいよな……。
コメント

食事は前日21時まで、水分は当日7時まで!

2019年05月11日 23時59分59秒 | 
5月11日(土)

今日は、腸の検査日。
採血腹部エコー造影CT。

前回というか毎回だが、血管が見つからなくて(ルートが確保できなくて)かなりツライ思いをしている。
何か対策はないものだろうか?と思ってネットで検索して見たら、ハンドグリップを使ったら血管が見つかりやすくなった!と言っている人がいたので、ワラにもすがる思いでこの2ヶ月間実践してみた。

病院の処置室。検査着に着替えて、腕を出す。看護師さん、「う~ん」という表情をしている。

看護師「血管、見つかりにくいタイプですかねー?」
私  「前回は、手の甲でした。」

という会話はあったものの、今回は何とか腕でルートが確保できた

看護師「大丈夫ですよー、ちゃんと血管に入っています!」
私  「(ホッとして)あざーっす!」

次は、エコー室へ。
ベッドの上でお腹を出して待っていたら、検査技師のおじさん、私が検査着を着ていることに少し慌てる。
私はパンツ一丁で、検査着を胸の下までたくし上げていた。

技師「あれ?これから他の検査もあるんですか?」
私 「血液検査の結果が出てからCTです。」
技師「そうですか。(タオルを私の胸の上に乗っけて)これで安心して検査ができる。」

なんだ、そりゃwww 気を使わせてスミマセン。

エコーの時間、少し長めだった。
途中で技師さんが首を傾げたり、「う~ん……」という表情をしたりして、私は少し焦った。
も~ぅ、不安になるじゃんよー

最後はCT。
ここで何と「腕から造影剤が入っていかない」といわれてしまう
なんだよー 今日はちゃんとできたんじゃなかったのかよー
そばにいた看護師さんが慌てて手の甲に針を刺すも失敗。(痛かったー
ベテランっぽい人が呼ばれて、腕に針を刺し、何とか終了。(ハンドグリップ、ダメじゃねぇか。。。)

結果は、22日(水)。
ドキドキが止まらない。。。
コメント

GWは“頑張らないウィーク”

2019年05月06日 23時59分59秒 | 生活(日本)
今年のGWは10連休だってのに、ただひたすらダラダラしてしまった。

まず前半は、軽く断捨離。
どうにかこうにか見切った服や、自分の名前や住所が入った書類をシュレッダーにかけて大量に廃棄。
後半は何日か帰省。田舎に帰ると、毎回とても太る。


 
コメント

やっぱり桜はいいもんだ。

2019年04月07日 23時59分59秒 | 生活(日本)
今年も桜がきれいに咲いた。



お散歩の途中で撮った写真。
私が住む街は風が強いけど、1日でも永く、がんばれ桜
コメント

新元号、令和!

2019年04月01日 23時59分59秒 | 生活(日本)
新元号が『万葉集』から出ましたよ
しかも、私が昔から愛してやまない、大伴旅人の名が飛び出しましたよ

ここで令和の出典を軽くおさらいしてみましょう。

梅花謌卅二首并序
(梅花の歌三十二首 序を併せたり)

天平二年正月十三日、萃于帥老之宅、申宴會也。
(天平二年(730年)正月十三日、帥の老<=大伴旅人:665-731>の宅に集まりて、宴会を申き。)

于時、初春令月、氣淑風和。梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香。
(時に、初春の令月にして、気叔く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は佩後の香を薫らす。)

加以、曙嶺移雲、松掛羅而傾盖、夕岫結霧、鳥封穀而迷林。
(加以、曙の峰に雲移り、松は羅を掛けて蓋を傾け、夕の岫に霧結び、鳥は穀に封めらえて林に迷ふ。)

庭舞新蝶、空歸故鴈。
(庭には新蝶舞ひ、空には故雁帰る。)

於是盖天坐地、促膝飛觴。
(ここに、天を蓋とし、地を座とし、膝を促け盃を飛ばす。)

忘言一室之裏、開衿煙霞之外。
(言を一室の裏の忘れ、衿を煙霞の外に開く。)

淡然自放、快然自足。
(淡然に自ら恣にし、快然に自ら足る。)

若非翰苑、何以濾情。
(もし翰苑にあらずは、何を以てか情を述べむ。)

詩紀落梅之篇。
(詩に落梅の篇を紀す。)

古今夫何異矣。
(古と今と何ぞ異ならむ。)

宜賦園梅聊成短詠。
(宜しく園の梅を賦して聊かに短詠を成すべし。)

『万葉集』巻五

         

諸説ありますが。

歸田賦

游都邑以永久、無明略以佐時。徒臨川以羨魚、俟河清乎未期。
感蔡子之慷慨、從唐生以決疑。諒天道之微昧、追漁父以同嬉。超埃塵以遐逝、與世事乎長辭。
于是仲春令月、時和氣清、原隰郁茂、百草滋榮。
王雎鼓翼、倉庚哀鳴、交頸頡頏、關關嚶嚶。于焉逍遙、聊以娛情。
爾乃龍吟方澤、虎嘯山丘。仰飛纖繳、俯釣長流。
觸矢而斃、貪餌吞鉤。落云間之逸禽、懸淵沉之鯊鰡。
于時曜靈俄景、繼以望舒。極般游之至樂、雖日夕而忘劬。感老氏之遺誡、將回駕乎蓬廬。
彈五弦之妙指、詠周、孔之圖書。揮翰墨以奮藻、陳三皇之軌模。
茍縱心于物外、安知榮辱之所如。

張衡『文選』巻十五

(こ、これは意味深。。。)

         

……ちょっと興奮して収拾がつかなくなってきたので、この辺にしておきましょうかのぅ。

とにかく私が言いたかったことは、大伴旅人の「酒を讃むる歌 十三首」は最高に素晴らしいんだっていうことだったんですがねぇ。。。
コメント

動揺しないでよw

2019年03月16日 23時59分59秒 | 甲状腺
3月16日(土)

甲状腺の通院日。
血液検査頸部エコー診察。
全ての検査結果が出たら、診察室に呼ばれる。

医師「今回も血液検査・エコーともに問題ないです。」と言いながら、電子カルテの頸部エコー画像を開こうとしたのでしょう。
ところが、なぜが消化器科の画像をバンバン開いてしまった。
(私は同じ病院の消化器科と耳鼻咽喉科にかかっている。)

落ち着いた感じの先生だと思ったけど、もしかして消化器科の「肝転移の疑いあり」を見て焦ったの
いや、まさか、相手はプロなんだし、そんなはずはないか。。。

医師「これからも定期的な経過観察は続けます。サヨナラは、無しで……」
私 「(何だ、そりゃw 先生、今日ちょっと変じゃねww)はい、お願いしまーす。」
で、半年後に予約を入れましたとさ

ただでさえ病院に行った日は気分が沈むのに、不安倍増だよ
コメント

劇場版 CITY HUNTER

2019年03月02日 23時59分59秒 | 生活(日本)
3月2日(土)

 

懐かしのアニメ(漫画も)『CITY HUNTER』の映画を観に行った。
私は海坊主が好きなんだ。

映画館に入って、指定の席に座り、周りを見渡す。
アニメ映画なのに、子どもがいない。
そうか、お子さん達は『CITY HUNTER』を知らないか
40代以上が多かったように思う。

作品の内容はというと、アクション&銃バンバンあり、モッコリあり、キャッツアイ三姉妹の登場あり、歴代テーマ曲の採用あり……と盛りだくさんで、とっても楽しかった
特にTM NETWORKにはグッときてしまった。

当時まだ10代だった私はTMの『CAROL』というアルバムが大好きで、お小遣いをためて買った気がする。
しかし、その後の度重なる引っ越しで、そのCDはなくなってしまった(捨ててしまったのかもしれない)……残念。

コメント

春節なのに!モヤモヤする!!

2019年02月06日 13時18分30秒 | 
2月6日(水)

今日は3ヶ月毎の通院日。
有休をもらって、病院に行って来た。

このところ、いつも、

医:「体調どうですかー?」
私:「問題ないでーす。」
医:「検査結果も問題ないでーす。じゃあ次の予約を入れて、っと。また便秘予防薬を出しときますんでね、外でお待ち下さーい。」
私:「あざーっしたー。」

って感じ。何の問題もなく、ブログに書くまでもなかった。

私は元気で毎日仕事に行ってるし、もうスッカリ治った。
「もう年に一回ぐらいの通院で良くね」とか「大腸癌のステージⅡなんてチョロ過ぎ」ぐらいに思ってた。

今日は先々週の土曜日に撮ったCTの結果を聞きに行ったんだけど、造影CT、ツラかったなー。
毎度のことだけど、造影剤を入れる血管が見つからなくて。
看護師さん達が入れ替わり立ち替わり挑戦してくれるんだけど、1時間近くかかった。

この時点で結構ヘコんでいたんだけど、いざCT室へってなった時に「やっぱり血管確保できてなかった」ってことが発覚。
結局、手の甲から造影剤を入れた。腕も手も、チョー痛かった。
看護師さんを含め、みんながこんなに大変な思いをしたところで、きっと検査結果は何もないんだ。
だったら、もうやらなくてもいいじゃんとまで思った。

そのCTの結果が出るのが今日だったわけさ。

医:「体調どうですかー?」
私:「問題ないでーす。」
医:「実は、この間のCTなんですけど、ちょっと……。驚かせるつもりはないんだけどね、肝臓に影が……。」
私:「はぁ……(CT画像を凝視)」
医:「まぁ95%問題ないとは思うんだけど、次は一応エコーとCTもやりましょう!GW前と後、どっちがいい?」
私:「はは、じゃあGW後でお願いします。」
       ・
       ・
       ・
診察室を出てから、ボーッとしてた。
CTには1cm弱の丸い影が写ってた。
医師は電子カルテに「肝転移の疑いあり」って入力してた。
いろんなことが頭の中をグルグルして、涙目になった。

いや、本当にヤバかったら即入院だろうし、それを3ヶ月後とか悠長なことを言ってるんだから、私はきっと大丈夫なんだろう。
まだ結果は出てないし、こんなこと誰にも言えないからブログに吐き出してみた。
ちょっとスッキリした。

あとは楽しく生きるだけ。
コメント

キン肉マン酒場に行ったった☆

2019年01月20日 14時53分02秒 | 生活(日本)
1月19日(土)

キン肉マン好きの知人に、期間限定“キン肉マン酒場”に連れて行ってもらった。
17時からの開店時間が近づくと、週間ジャンプを愛してそうな人たちが続々と現れ始めて、「自分もその一員なんだな」って思ったら、なんか面白かった。

入口看板からしてイイ感じ


中に入ると漫画の世界でいっぱい




メニューも凝ってる


店内には各種キン肉マンSONGが流れっぱなしで、気分はもう子ども時代。
スグルさんと記念撮影もできたよ。
 

周りを見渡すと、子どもの頃にキン肉マンを見てたんだろうなっていう世代の男性が8割、もっと若い世代の男性が1割、プロレス好きそうな女性が1割程度。
みんな楽しそうに談笑してる。
隣のテーブルの人たちが乾杯の音頭で「それでは、へのツッパリはいらんですよ」って言ってたのにもウケた。

そして、トイレの中にはベンキマン


ほんのひと時だったけど、童心に返れてホントに楽しかったー。
コメント

光陰ウサイン・ボルトの如し

2019年01月04日 19時48分57秒 | 生活(日本)
2018年は、気が付いたら「もう年末かよ」って感じの速さで過ぎていった。
1年を簡単に振り返ってみる。

1月:薬の治療が終わる。
2月:仕事を探す。
3~4月:短期の派遣で社会復帰の足掛かりをつかむ。
5月:体調に不安を感じなくなったので、長期の仕事を探す。
6月:仕事決定。(退院してから1年もかかってしまった…。)
7月:仕事を覚えるので精一杯。
8~9月:とにかく暑くてヘロヘロ。
10~11月:退職者続出で常に人不足。
12月:体調不良者続出で更に人不足。ギリギリのところで仕事を納めきる。

2019年は、旅行とか行きたいなって思う。
       
正月は実家に帰った。
去年と同様、近所を散歩がてら鎮守の神様に初詣。

子供の頃によく河原付近で遊んでいたからだろうか、妹が「川に行きたい」と言うのでついて行った。
山の間を流れる川。対岸には、今にもこちらににじり寄ってきそうな樹木がたくさんあった。

実家の猫は相変わらず警戒心が強く、なかなか懐いてくれない。
でも、いるだけで何となく和むから、まぁいいか。

楽しい1年になりますように
コメント

体調は、引き続き良好!

2018年09月17日 15時03分00秒 | 体調全般
大腸、3ヶ月ごとの経過観察、異常なし
嗅覚、1月に臭いを感じなくなってから8ヶ月、現在ほぼ完治。治療を終えた
甲状腺、エコーで腫瘍の大きさに変化なし、採血結果も異常なしまた半年後に経過観察。
肝臓、数値がとても良い。また先生に褒められちゃった。また半年後

というわけで、私は非常に元気。
再発する気が全くしない

先日のニュースで癌の生存率のことが出てたけど、私の場合は9割がた大丈夫だな。
大袈裟な病名で、周りの人々には本当に心配・迷惑をかけた。
実際は大したことないのに、本当に申し訳なく思う。
コメント

アレな会社

2018年09月17日 14時56分51秒 | 生活(日本)
6月11日に入社して、気が付いたら3ヶ月以上の時間が過ぎていた。
今度の会社はちょっと変わった独自ルール(?)がある。
入社してみなければわからなかった事。初日から「……。」な気分が続いた。

しかし、とにかく早く仕事を覚えなきゃと思って、毎日をやり過ごしてた。
今は何とか仕事も覚えてきたので、次はスピードを上げなきゃと思って焦っている。

現時点での感想。
・モラハラ上司や意地悪BBAがいない。
・残業は月20時間を越えてはいけない。
上記の理由から、私にとっては比較的ラクな状況だ。

だけど、気になる点が一つ。
離職率、高すぎ
毎月二人ぐらいずつ辞めていく
しかも、半年とかで一年とかで

私も半年たったら嫌になっちゃうんだろうか
まだ内情とか全然わかってないから、チョット不安。
人、足りなすぎだよ……どうなっちゃうの10月から。
コメント