タバコってなんですか?

日本のタバコ規制が進まないのは財務省、JT、悪法・たばこ事業法の三悪が元凶です。

大垣にて防煙教室開催

2010-09-19 22:19:25 | タバコのニュース(その他)
こんばんわ。
こういった防煙教室が義務化されれば日本の未成年者喫煙数は確実に減るでしょう。
***********************************************************************
防煙教室:たばこが体に与える影響 大垣・星和中で 13中学校で開催へ /岐阜

 たばこが体に与える影響などを子どもたちに教える「防煙教室」が17日、大垣市立星和中学校で始まった。西濃地方の医師や薬剤師らでつくる「禁煙と健康について考える西美濃の会」の主催。来年1月18日までに同市と不破郡の計13中学校で開催し、防煙を呼び掛ける。

 同会はこれまで、会員の勉強会や市民を対象にした禁煙講座を開いてきたが、喫煙が低年齢化しているため、子どもの喫煙を早期に食い止めようと企画した。目標は「誰もたばこを吸わない成人式」の実現。西濃医師連盟(委員長・山川隆司大垣市医師会長)と各市郡の教育委員会、考える会が協力し、希望のあった学校に同会の医師や薬剤師が出向いて授業を行う。

 星和中では2年生186人が体育館で授業を受けた。講師の大垣市民病院呼吸器科の中島治典医師がスライドを使ってたばこに含まれる有害物質や体に与える影響、ニコチン依存症の怖さを紹介。「たばこで壊れた体は治すことができない。自分の未来を守るため、周りの人のためにも絶対にたばこを吸わないように」と指導した。

2010年9月18日 毎日.jpより
***********************************************************************
 タバコの害を知れば知るほどタバコを吸いたい気持ちが無くなります。未成年者喫煙防止は建前上のキャンペーンだけでは全くの無意味なのです。日本政府は本気で未成年者喫煙防止を目指すのなら、防煙教育の義務化を実施すべきです。


★無煙環境実現の為にご参加をお願いします!
全国禁煙推進地方議員連絡会

☆タバコ値上げ賛成署名お願いします!


日本医師会「国民の健康のため たばこ税の増税に賛成します」

でわでわm(_ _)m。


 

この記事についてブログを書く
« また母親が自分の子どもにタ... | トップ | 読売新聞:舘ひろし禁煙(3... »
最新の画像もっと見る

タバコのニュース(その他)」カテゴリの最新記事