帰りたい空

野ねずみ探検隊は、いつかは帰りたい無何有の郷を探して活動チュウ。
山に登り、地を馳せ、温故知新の旅記録です。

野ねずみ生活日誌 トリトリの日は・・・

2014年06月29日 16時00分00秒 | 野ねずみ作戦活動記録
すっかりご無沙汰してしまった。これには実はとんでもないわけがあるのだ。
先週のウィークエンド、オデのとんでもない失敗で、いつも使っているパソコンの液晶ディスプレイを割ってしまった!。
全てオデの過ち・・・(´Д` )。すごく落ち込んでしまった一週間だった。
それで、オデのパソコンはベスト電器野ねずみ町店へ持ち込んで修理の見積依頼中。果たして治るのかねー?。仕方なく隊長用の
ノートパソコンで野ねずみ活動報告はやっと更新だ。画像の処理がわからなかったり、パスワードを忘れていたり・・・。
全くなんてことしたんだろうねー。
先週の土日はそれでほとんど何もできず、今週も2~3日前まで雨の天気予報で、野ねずみ作戦は何も計画せず準備も
していなかったのだけど、土曜になって天気予報は見事に逆転。今日はピカピカの晴れになってしまった。
こんな時はこの作戦しかない!・・・と、今日は一日中野鳥撮影作戦を展開したけど・・・あまり成果はなかったねー。
まあ、こんなこともあるのかねぇ。
パソコン故障のおかげで報告できなかった、福岡マラソンエントリーの結果報告、これは・・・見事、当選\(^o^)/。

 
朝一で来てみた野鳥探索エリアの不思議谷、残念ながらほとんど鳥の声はしていなかった。カイツブリの子供たちは少し
大きくなったかな。

 

                           
次に行ってみたのは響灘ビオトープ、でも、ここもほとんど鳥の影はないねー。オオヨシキリとヒバリ達の声ばかりだ。
事務棟のカヤネズミ君がξゲンキダセヨーξと、なぐさめてくれてるね。

昼からはコンビニで昼ごはんを買い込んで、畑貯水池で昼ごはんを食べて、探鳥会にチャレンジ。(表題画像)
ここではめったに見れないキビタキと出会ったけど、撮影は間に合わなかった。まあ、隊長は「はじめて見たー」と
よろこんでいたけどね。

しばらくは更新が面倒だけど、頑張ろう・・・。
コメント

野ねずみ畑日誌 玉ねぎをちょこっと収穫

2014年06月15日 17時00分00秒 | 野ねずみ作戦活動記録
英彦山山行の翌日、できるだけ早い時間に帰ってきたのはこの用事のためなのだ。もう梅雨、野ねずみ畑のチビ玉ねぎたちを上げる時期。
昨年12月初旬に、ちょっと遅めに植え付けした玉ねぎは、もともと売れ残りでやせっぽち苗だったので、あまり大きくはなりきれなかったねー。
まあ、それでも一応、野ねずみ畑の収穫だ。

 
4月に植えつけたキュウリの苗がだんだん育って、1号キュウリはでかーいのだ(^○^)。上げた玉ねぎはしばらく天日干し。

 
隊長の手下、アジサイやラベンダーが元気だねー。

                           
床にゴロゴロとひっくり返って野ねずみ畑作戦の指揮を執るレン猫参謀長。

 
今、生育中のキュウリとエダマメ。まだまだだねー。

 
玉ねぎを上げた後は、少し畝の形を直して堆肥を混ぜて、エダマメを追稙。鳥に食べられないようにカバーだね。
玉ねぎは保管のため、勝手口の雨避けテラス屋根の下につるすのだ。
コメント

野ねずみ山日記 今年も英彦山のオオヤマレンゲに会う

2014年06月15日 07時30分00秒 | 野ねずみ作戦活動記録
昨年初めて知った、英彦山のオオヤマレンゲ。くじゅうや祖母山くらい、遠方の高い山でないと会えないかと思っていた山の貴婦人が
実は野ねずみベースから2時間程度で行ける英彦山に咲いていると知って、大喜びしたのだ(^○^)。
今年もこの季節の英彦山は、やっぱりこの作戦。しっかり見て、愛でて・・・オオヤマレンゲ・・・。
ほら、じっと見てるとなんだか吸い込まれそうな感じが・・・。では、作戦活動の報告開始!。

 
作戦は、時間に余裕をもって計画、H260614日0942時、いつもお世話になる英彦山青年の家の駐車場にX-T探索機は着陸。
今日は北岳登山道を登って中岳へ渡り、正面登山道からバードコースを下るルートなので、ここが最適な出発地点。
事務室に駐車場拝借の挨拶に伺うと、職員の方が「やっぱり会いに来たんでしょ。うちの裏庭にも実は咲いているんですよ(^^)。」・・・と、
嬉しい情報提供!。へーここでも見れるんだねー。さっそく挨拶に伺ったオオヤマレンゲが右の写真。

 
10時、英彦山青年自然の家を出発する野ねずみ探検隊。のんびり自然歩道を歩いて北岳の登山口、豊前坊高住神社へは1020時到着。
このあたりはミソサザイ達が歌を競い合っているねー・・・。→英彦山自然歩道の歌上手なミソサザイ


英彦山豊前坊高住神社、すごく神聖な気持ちになるのだ。参拝。登山口から登り始めてすぐ。おや~!!。→君は誰??


しばらく登って1040時、望雲台との分かれ道、オデは今日はちょいと寄って行こうかな~・・・。隊長は「ここで待つ」らしい(^_^;)やっぱり・・・。
鎖場をよじ登って・・・。


こんな崖に張り付いて進んで・・・。


こんな崖を這い上がるとぉ・・・

どうぞ!、ご覧くださいぃ。英彦山望雲台の恐怖展望なのだぁ~。→







 







 


遠くに聞こえるオオルリのさえずりに耳を澄まして

 
ベニドウダン達も今が盛りと(^・^)。

 
1255時、英彦山中岳山頂に到着。約束通り、約束の場所で、約束の方と逢瀬を楽しむ。ヒコサンヒメシャラが野ねずみ探検隊を待っていた。

 



 
そして昨年も楽しませてくれた、英彦山正面登山道の行者堂付近。うわー、キレイだねー。今日の登山客はほとんどこの貴婦人が
お目当てみたいだねー。

 
さあ、満足して下山する野ねずみ探検隊。来年もまた来ようね。

 
英彦山はこの時期は花の天国、隊長が小さな黄色を発見。名前、なんだったかなー?・・・。うわーエゴノキが頭上覆い尽くして満開。





 



 
X-T探索機は帰路でいつもの戸渡り酒蔵に立ち寄り、奥さんにオオヤマレンゲの報告をして美味しい生原酒を買う。
16時、「おおとうさくら街道」到着。売店でお弁当や惣菜を買い込んで隣接の温泉さくら館へ。売店で買ったものは持ち込み自由だよ\(^o^)/。
のんびりとお湯を楽しんで、戸渡り酒蔵の生酒を一杯やって・・・野ねずみ探検隊幸せの一夜が過ぎる。


明くる朝、きれいな朝焼けの空の下でコーヒーと朝ごはん。鳥たちもたくさん歌ってるねー。

 
朝一で英彦山川で撮れたホオジロ君でーす(^○^)。

以上、英彦山オオヤマレンゲの山旅、報告終了。
コメント

赤狐号走る 芦屋から波津へミニツーリング

2014年06月09日 09時00分00秒 | 野ねずみ作戦活動記録
休日出勤の代休日になった月曜日、梅雨に入ったものの、何とか雨は降っていない朝。少しだけでも赤狐号を動かしてあげよう。
朝ごはんを食べて、そそくさと準備して暖機運転。7時過ぎに出発して芦屋のはまゆう自生地から海沿いの道を波津まで走行。
9時過ぎには野ねずみベースに帰着するミニツーリングだ。



 
芦屋、夏井ヶ浜のはまゆう自生地にて。





                                     
遠賀川河口にかかる不思議大橋を渡って。

 
ハマヒルガオが咲く波津の海岸へ。





コメント

野ねずみ野鳥探索 湯坪の早朝探鳥会

2014年06月08日 20時00分00秒 | 野ねずみ作戦活動記録
湯坪の叶館にお世話になった明くる朝、野ねずみ探検隊はいつも通りの早朝探鳥会。今回の湯坪探鳥会の報告だー。

まずは、ホオジロ。叶館の敷地の入口に立っている背の高い3本のヒノキのてっぺんで、この季節は毎日お勤めだね。→叶館の看板鳥はホオジロ

のんびりと温泉郷の民宿街を散策していると、おお、こんな近い所で・・・→すぐそこの藪でウグイスがさえずっている

 
「このごろモズが近くに巣を構えたようで・・・。」と叶館の奥さん。そうですねー、しかも2羽いて、縄張り争い中のようですねー・・・。ほら(^○^)。
湯坪でなわばり宣言中のモズ

叶館の庭では、かつてオオルリがケヤキの枝でさえずったり、カケスが餌探しに来たりしたことがあるので、しばしJIスコープを構えて
待つが、この日はこれまでだった。

まあ、そのうちまた来よう。新しい出会いを探しに・・・。
コメント