帰りたい空

野ねずみ探検隊は、いつかは帰りたい無何有の郷を探して活動チュウ。
山に登り、地を馳せ、温故知新の旅記録です。

野ねずみ生活日誌 福岡モーターショーの探索作戦

2012年01月29日 14時00分00秒 | 野ねずみ作戦活動記録
昨日の天気からすると好天が予想された今日は、久しぶりに山行でもしようかと思っていたところ、なんと朝はみぞれ!。
これでは山道はぬかるんでしかも凍えて面白くない。赤狐号でツーリングも野鳥観察もちょいと厳しいねー・・・。
そこで野ねずみ探検隊は作戦変更。そうそう、この数日間もようされている福岡モーターショーを探索だ。
東京での情報から、オデが気になって見てみたいバイクがあるのだ。標題画像の「カワサキヴェルシス1000」。
のんびりと長距離を走れ、積載性がよさそうだねー。ウーン・・・「赤がないかねー」と呟く・・・。

 
0920時発の快速を待つプラットホームから、時雨れた寒そうな街並みが見える。・・・で、博多駅から臨時直行バスで1040時到着の会場は”晴れ”。
なんでだろう?。気を取り直して、入場。

 
福岡国際センター入場は行列に並んで、会場は既に人だかり。みんな好きだねー。おおージャガーとアウディ。

 
このところこの手のバイクが気になるオデ。でも車高が高くて足が届かないよー。KTMとトライアンフのコーナー。

 モトグッチの渋い一台。



 
ヤマハのスーパーテネレ、これはとても気になる一台。スリムな車体がいいねー。積載性もよさそう。

 
メルセデスとフェラーリは人だかりをかき分けてのぞく。

 
ケーターハムのスーパーセブン、わずか506kgの車体に263psのエンジンを搭載!。



 
さあ、次はマリンメッセの会場へ移動。外は入場待ちの行列がこのあたりまで伸びているぞ。

 
自衛隊の特殊車両が子供たちに埋もれている(^○^)。写真、とってもいいのかなー(^_^;)。

 
おお!。この車体は懐かしの(前)野ねずみ探検隊2号探索機CRVではないか。こんなところで頑張っていたんだ。ウルトラマンで・・・。


で、マリンメッセ会場入ってすぐに、お目当てのカワサキコーナー。アドレナリンがグーッと上昇。旗艦のZX14Rだぁ。

 
これこれ、「ヴェルシス1000」、このタイプでは珍しい4気筒エンジンだが、意外とスリムな車体。アップライトで乗りやすそう。
・・・シート高がクリアできればね(^_^;)。

 トヨタの「86」スバルにもそっくりの車がある。

 
日産の電気スポーツカー。昔、子供のころよく見ていたマッハゴーゴーゴーを思い出すねー(^^)。

 
ホンダのコーナーでもやっぱり電気スポーツカー。これからどんどんこうなるのだろうね。CB1100特別仕様車が渋い。


こういうのもいいかも。NC700X、これくらいの排気量が実用的かもねー。

                          
その親分がこれ、クロスロード。確かにいい、しかしシートとお値段に足の長さと稼ぎが追い付かないね。

 
スズキのコーナーではこれ。もう車ではないような・・・(^○^)。最後にカワサキコーナーでZ1000にまたがってみるオデ。ピース!。

会場を後にしたのが12時過ぎ、人の多さにうんざりの隊長は博多駅の東急ハンズをうろついて元気復活。お好み焼きの”すきや”で昼ごはんを食べて帰路に就いた
野ねずみ探検隊であった。


コメント

野ねずみ畑日誌 ジャガイモ作戦開始

2012年01月28日 17時00分00秒 | 野ねずみ作戦活動記録
ついに野ねずみ活動の新しいジャンルを立ち上げた。題して「野ねずみ畑日誌」(^○^)。
野ねずみベースの猫の額のような(実際にのら猫が時々くる、堆肥用の穴に入れた野菜の切りくずを食べに(@_@;)・・・畑の記録なのだ。
さて今日はせっかくの土曜日だけど、オデは休日出勤。でも仕事は昼までに終わって、午後は野ねずみベースに帰ることができた。
よーし、タイミングを待っていたジャガイモの植え付けだ。畑を整地して隊長が切ってくれた種イモを植え付けて作戦完了。
この畝の手前が男爵イモ、むこう側にメークイーン(^^)。暖かくなる季節が楽しみになったゾ。
コメント

野ねずみ生活日誌 三丁目の夕日ロードショー

2012年01月21日 17時30分00秒 | 野ねずみ作戦活動記録
今日の野ねずみ探検隊の作戦はこれ、「ALWAYS三丁目の夕日’64」のロードショー初日を見に行ったのだ。
原作のマンガとはかなり設定が違うけど、これはこれで結構面白いねー。
原作よりも現実味がある設定で、昭和30年代の東京がうまく描かれていて、必ずハッピーエンドに終わるので安心(^○^)。
次回作も見に行こうっと。

 帰りがけに若松グリーンパークの物産館「汐入の里」で買い物。


ここは夏場は海水浴ができるみたいだね。今は寒いけど、暖かくなったら探索できるかな?。

 
15時前ぐらいから、赤狐号とふらりと散歩に出発。芦屋の海岸沿いで発見した魚市場。このごろこの手のお店が結構できてるねー。

夕食は汐入の里で手に入れたアナゴを炭火焼(^・^)。
とてもとても美味!。くせになりそうだ。


コメント

野ねずみ野鳥探索 不思議の森発見

2012年01月15日 16時30分00秒 | 野ねずみ作戦活動記録
今年は冬鳥が少ないかも・・・という隊長の情報が気になって、日曜早朝は鳥さがし。
朝ごはんを食べて、8時前。外気温がおそらく5℃以下なので、冬の山行服装を着込んで出発。
隊長は寒いのが苦手で、単独事前調査の指令となった。
しばらく、野ねずみベースの周りをうろうろ。というのもシジュウカラがさえずっていたのでしばらく撮影。
しかし日照が足りず、まともな写真にならなかった(^_^;)。
それで探索範囲を拡大。野ねずみベースからすぐの公園の裏手には深い森が広がっていて、一度のぞいてみたことがあるが
じっくりと歩いたことはなかったので、この際探索実行。
すると驚いたことに、すぐ終わるかと思っていたほとんど人が通らない森の中の小道は果てしなく伸びている。
なんとこの森は市の緑地保存地の看板があったのだ。
こんな住宅団地のすぐご近所に残っている森があるとは有り難い(^・^)”野ねずみ不思議の森”と命名。
残念ながら鳥影はちらほらするがなかなか撮影ができず、はるかかなたの木の枝に何かいるのでとりあえずシャッターを切ると、
おや、ツグミだ。今年初めて見たねー。

 
不思議の森調査からの帰り道、地域の公民館でどんと焼きがもようされていて、豚汁を進められる。寒い中でとてもありがたい。
野ねずみベースで、まるでねずみのように炬燵に潜り込んでいた隊長へ報告、電話で呼び出して一緒に食べたのだ。

この後は、若松グリーンパークの物産館「汐入の里」で買い物。ゲットしたアナゴを隊長に天ぷらにしてもらうと
最高に美味!。野ねずみ探検隊の飯の定番にしてほしいねー(^○^)。
コメント

ねずみボス指令 寒中響灘ラン

2012年01月14日 17時00分00秒 | 野ねずみ作戦活動記録
寒い日で、おそらく今年一番寒い日だった。
正月もあけて、菜の花マラソンも終わって、何も予定がない久しぶりの土曜日。
隊長からオヤジさんの皮膚科通院手伝いの指令があり、午前中作戦実施。
オヤジさんのカイカイは無事完治\(^o^)/。昼ご飯をご一緒してご自宅へ。

昼からは響灘学研都市の林の中に何かいないかと、スコープを抱えて探鳥会。
残念ながらほとんど鳥に会えずじまい。隊長の情報によると今年は冬鳥が少ないとか。

仕方なく探鳥会をあきらめて、15時過ぎから響灘緑地へランニングへ。
これがまた寒くて。響灘緑地の貯水湖周辺は特に冷え込みが厳しいようだ。
若干短めに10km程度のラン。皿倉山が”キンッ”って寒空に立っている。
コメント