帰りたい空

野ねずみ探検隊は、いつかは帰りたい無何有の郷を探して活動チュウ。
山に登り、地を馳せ、温故知新の旅記録です。

野ねずみ山日記 福岡の山 ラスト7飯岳山(大阪山) ラスト6戸城山

2009年10月26日 13時17分54秒 | 野ねずみ作戦活動記録
作戦二日目スタート。天気予報では一旦崩れた天気は昼から持ち直して好転すると言う。曇っているが登ろう。
まず第一目標、ラスト7は飯岳山、大阪山ともいい両方の名前がいずれも通用する山だ。山頂は展望良し。
ただ、テレビ局の電波等が立ち並び頂上まで整備された車道が通っているので山歩きの楽しみは少し削がれるね。
9時入山で、11時過ぎには下山。ラスト6の戸城山(としろやま)山行のため、赤村の自然学習村「源じいの森」へ。
第2目標の戸城山は赤村のお散歩コース的低山で、本当は3時間ほどかけて、源じいの森から戸城公園、山浦神社などを
周回しようと計画したが、昨日からの作戦活動でさすがにへばり、最短の城跡コース登山口までX-T探索機で行き、
ピストン山行に計画変更。これが大正解で、朝、天気予報士が約束したはずの昼からの晴天は不渡り手形、
早めに下り着いたX-T探索機に乗ったとたん、夕立のような降雨!。いやー良かったねー、怠け者作戦計画修正、
大成功だー。以上で今回の野ねずみ探検隊「福岡の山シリーズ」作戦、終了である。では、報告開始。

 
柿下温泉を後にして、9時、飯岳山の大阪登山口到着。準備して0915時、入山。

 
きれいに整備された道端に、キッコウハグマ発見。

            
            1005時、呉登山口からの九州自然歩道に出合う。


1015時、山頂到着。広い山頂では軽トラックのおじさんが道の整備作業中。ご苦労様ですー(^。^)。




山頂からの展望はかなりいいね。

 
しばらく山頂で休憩、1025時下山開始、1105時登山口到着。次に機会があれば、呉登山口からも歩いてみよう。
さあ、最後の作戦展開だ。


まずは赤村自然学習村「源じいの森」へ。ここの食堂で昼ごはんのつもりだったけど、何と今日は貸しきり満員!。
それで、しかたなく、源じいの森の入口にある「赤村の駅」で、お店の名物「しょうゆ焼」という、お好み焼きの
変形バージョンを食べたら意外といけた。ハハハ(^・^)。名物の蛇巻岩を見物に行く途中、キチョウ発見。


1213時、蛇巻岩。何らかの伝説があるらしいが、調査せず。珍しい形だね。

 
1234時、城跡コース登山口入山。結構急な上り坂。

 
人気無い山頂は少しさびしいね。公園は結構荒れていて、あまり訪れる人がいないのかなー?
1300時、今回の作戦最後の目標ラスト6、戸城山山頂制覇!。


1317時、下山完了・・・と、雨だ急いで撤収開始!、わー!降ってきたー・・・。野ねずみ探検隊は大騒ぎだ。



コメント

野ねずみ野鳥探索 柿下温泉にて

2009年10月26日 08時00分40秒 | 野ねずみ作戦活動記録
今回の作戦で、ベースとなった柿下温泉、価格から見て、あまり期待はしていなかったが、温泉はなかなかのもの。
まず、透明できれいなお湯に入ると肌がツルツル。じんわりと疲れた筋肉をほぐしてくれる。
設備は古いが、広いスペースにミスト式のいい感じのサウナがあり、大きな水風呂、更にややぬるめの露天は長湯に最適。
まあ、部屋はほぼ思ったとおりで、食事は朝食だけにしたほうが良かったかな?。ま、山行の基地には上出来だろう。
驚いたことに、夕暮れ時からあくる朝暗いうちまで降雨!。天気予報では行楽に最適の天気のはずなのに(-_-;)。
おかげで、朝食前に計画した飯岳山(大阪山)は朝食後に変更し、作戦計画の3座制覇を2座に修正した。
ところでこのベースで、サハリンからの長い旅を終えて帰ってきた野ねずみ探検隊の友達と出合った。
今年の秋始めてのジョウビタキ君だ\(^o^)/。ヤア!お帰り。


朝ごはん前、温泉をもらっていると雨は止んだ。しばらく周辺を探索してやっと撮れたホオジロ君。朝ごはん中かな?。

 
これが柿下温泉の建物。とにかく温泉を楽しみたくて、寝れるだけでいいという方には大変お勧め。
あ、そうそうたまたま夕方からあちらの筋の方々も相当数ご入浴だった、でも失礼をせず、気にしなければ皆さん紳士的。
オデは大して気にしなーい。(ちょっとこわいけどね)
あくる朝8時、野鳥探索中の隊長。さあ、もうすぐ朝ごはんだ(^。^)。
コメント

野ねずみ山日記 福岡の山 ラスト8 障子ガ岳

2009年10月25日 15時20分44秒 | 野ねずみ作戦活動記録
この山を語るならば、これ!。展望の一言だねー。かつて山城があった山頂に立つと、360度の大展望。すばらしい!\(^o^)/。
香春岳を下った野ねずみ探検隊が目指したのはこの展望。本日3個目のピ-ク、福岡の山シリーズでは2項目の制覇なのだ(^・^)。


1322時、採銅所駅の駐車場を飛び立ったX-T探索機は、少し迷いながら障子ガ岳の登山口に到着。
何かの工事現場だろうけど、今日は日曜だから大丈夫だろう。準備して出発。しばらくダートの林道を歩き、
1337時、林道を右に分けて山道に入る。何の道しるべも無いが、おそらくこの道だろう。

 
薄暗い道で道案内に飛び出してきたアマガエル、”コッチダゾ”・・・ありがと。
やがて暗い道を登りつめると、気持ちのいい開けた尾根道に出る。どうも本のルートと違うような?・・・。


ここからは歩きやすい散歩道。のんびりと歩き、次第に開けてくる樹間の展望を楽しむ。

            
            1410時、いにしえの砦跡。もうすぐ頂上だぞ。隊長はさすがにバテ気味だ。


1423時、山頂到着。これこれ、胸のすく展望!。まず切れ落ちた山頂の向こう側から、しばしお楽しみあれ。







 
しばし、先ほど登った香春岳を見下ろす眺めを楽しんで休憩。1433時、去りがたい天空の城跡を後にする。


この尾根道歩きも楽しいね。きっと紅葉が進むと彩りが楽しめそうだ。この山単独で楽しみに来てもいいかな。

 
1520時、麓の工事現場で待っているX-T探索機に帰着。やったぞラスト8制覇!。さて、実は明日月曜も作戦は続く。
今日はこの近くの柿下温泉に泊まって、作戦続行の為、体力回復だ。さあ、温泉だぞー\(^o^)/。
コメント

野ねずみ山日記 福岡の山 ラスト9後半 香春岳

2009年10月25日 13時00分12秒 | 野ねずみ作戦活動記録
どうしてラスト9が前・後半に別れているかって言うと、野ねずみ探検隊が制覇を目指している分県登山ガイド
「福岡県の山」に牛斬山と香春岳が同じページに編集されているからなのだ。
というわけで、引き続きラスト9の作戦続行だ!。

 
牛斬山から下りてきた五徳越峠から、香春岳への登りにかかったのが0959時。本の案内とルートが変わっていて
分かれ道で迷ったが、道しるべに従って進行して正解。ここが1017時。まもなく使われなくなった採石用の旧林道に出会い
しばらく歩くと最後の頂上に登る急登の道へ入り込む。ここが1033時。

 
急登の坂道にところどころきれいな宝石みたいに咲いているリンドウと、右の方は現在調査中。

 


1048時、香春岳(三ノ岳)山頂到着。採石で削られた一の岳を眺める。しばらく休憩。山頂では岩場ルートを登ってきた
単独行の男性と、初老の男女3人のパーティーと出会い、情報交換。今日、これから登る障子ガ岳の状況を教えてもらう。


さて、午後の作戦予定もあり、タイムスケジュールはほぼ時間通り。10分ほどのクッキータイム後、下山にかかる。
秋色がちらほらしだした道の展望を楽しみながら下る。


のんびりと林道を下る隊長を、香春岳が見下ろしている。なんだか笑ってないかい(^・^)?。

              

 
1144時、五徳越峠手前まで下って、草刈が済んで開けた道端で昼ごはん。カレーライスとカップヌードルにハンバーグだ!。
1214時、大休止終了。再出発する隊長。はりきっているね~(^。^)。

 
五徳越峠からは車道歩きで採銅所駅へ下る。ヘエェ~、この辺りサルが出るんだネー。夏の豪雨被害で道は途中崩壊。
やはり自然災害は怖いねー。1243時、神鏡を作ったらしい清祀殿にお参り。

 
1259時、採銅所駅に帰り着いた野ねずみ探検隊を、カマキリ君が自動販売機の上で迎えてくれた。”オウ、カエッタカー”って。


さて、今日はこの後更に作戦を展開する。次なる目標はラスト8、障子ガ岳。X-T探索機、エンジン始動!。

コメント

野ねずみ山日記 福岡の山 ラスト9前半 牛斬山

2009年10月25日 09時59分26秒 | 野ねずみ作戦活動記録
今回も、野ねずみ探検隊は「福岡県の山」の全制覇に向けた追い込み作戦だ。
なにせ、県内とはいえ他県の県境ともなると、登山口へのアプローチだけでずいぶん時間がかかる。
そこで、隊長の仕事が休みの日にオデの休みをシンクロさせて1泊2日かけ、添田エリアの山を幾つか
一気に登る作戦を展開。まず初日、一番目は牛斬山。朝5時半、前日から用意した荷物をX-T探索機に放り込む。

 
7時、たどり着いたのはJR日田彦山線の採銅所駅。まずは腹ごしらえ。トイレを借りて準備完了は0740時、作戦開始!。
そうそう、ここで今年の秋初めてジョウビタキ発見。やあ、帰ってきたんだ。なんだか嬉しくなる野ねずみ探検隊。

 
いい雰囲気の採銅所駅、時折電車がのんびり停まる。線路を渡ってしばらくは家並みを歩き、散歩中のおじいちゃんに
道を尋ねたりして8時、いよいよ登山道の入口に入る。

 

 
登り一方の道は結構急坂で、汗をかきながら登りつめること小一時間、光の国へ飛び出すみたいに福智山からの
縦走路に出る。0854時。

 

 
縦走路の分岐から程なく、0902時牛斬山山頂到着。ほぼ予定どうりだ。休憩して次の目標、香春岳へ向かう。


福智山縦走路分岐から五徳峠と示す標識に従って、藪状態の道を歩く。めったに人が来ないのか道は消えかかっている。
0915時、牛斬峠。正面に香春岳、左手に牛斬山を眺める。

 
延々と藪を掻き分けて歩く道は、全く人と会わない。もうすぐ五徳峠に着く急坂で一人すれ違う。
「昨年は草刈したけど、今年はしとらんからなー、1年経つとすごいなー」と山芋掘りのシャベルを肩に笑われる。ナルホド。

 
香春岳が樹幹に見えてくると、まもなく五徳峠。0959時、林道をまたいで香春岳の登山口に入る。第1次作戦成功!。
さあ、次の作戦に突入だ。

コメント