帰りたい空

野ねずみ探検隊は、いつかは帰りたい無何有の郷を探して活動チュウ。
山に登り、地を馳せ、温故知新の旅記録です。

野ねずみ山日記別巻 由布岳西峰ご来光作戦 -御鉢巡り入りー

2018年08月18日 12時00分00秒 | 野ねずみ作戦活動記録
今年の8月は、極端な酷暑で天候不順も多いので、山行作戦は見合わせている野ねずみ探検隊。
しかし、どうしても山恋病が心を締め付けるオデ、ついに発病(^o^)。
次男のリョウが盆帰省から東京へ帰る予定もあり、実家の両親のお世話もあり、本人も若干
夏バテ気味の隊長は、パス(~o~)。どうしても・・・。というわけで、オデ単独作戦となる。
天気の情報では晴れで、気温は平年並み以下になるというので、これは外せない山行日和。
作戦は前日の湯布院前線基地から始まるのだ。


作戦前日、0817日0728時、レン猫参謀長より作戦は発令された。
レン猫参謀長は夏休み帰省中のリョウが本当のご主人様(拾い主)。
リョウは今日、東京へ帰る予定なので、じっくりと指令を伝えているようだ。(多分)


準備を済ませて、9時半に北九州都市高速に乗ったX-T探査機、ところが緊急事態発生。
なんといつも使うストックを忘れたのだ!。たかが杖、されど杖。無いと不安だよねー。
というわけで、X-T探査機は小倉駅前の好日山荘に緊急着陸。10時開店飛び込んで
ストックをゲット!。よーし、さあ行こう(^^)/。


X-T探査機は高速東九州道をワープして、12時過ぎに湯布院の今日の前線基地、
”由布の小部屋”素泊まり3000円に到着。チェックインが15時なので、それまで
X-T探査機を駐車場に預けて、昼ご飯食べて、湯布院の町ブラを楽しむ。








作戦当日0818日は2時過ぎに起床。山頂で食べる朝ごはんの準備をして、その他
もろもろの山装備をパッキングして0305時出発。登山口について山行準備は0344
時の完了。スケジュールが少し押していて、ご来光間に合わないかなー・・・。


0345時、入山。漆黒の闇の草原を登り0359時、深い森の中へ道は伸びていく。


0418時、気温は25度程度か、しかし湿度が高いのかびっしょり汗をかく。ベンチで一休み。
登山口から前後して同行のご夫婦と挨拶、こんな時はだれかいるとホッとするねー。
0435時、黙々と登り、合野越のベンチで一休み。静かな闇の底にいる。










マタエから見上げる西峰・東峰の峰は、朝日で輝いている。美しい。


0552時、いよいよ西峰の鎖場に取りつく、今日のルートで最も難所はここだ。
幾つも越える崖の先に、西峰が輝いている。


鎖にしがみついて這い上がる岩場の一休みで、これはホタルブクロかな?。
なんだかほっとするね。さあ、西峰山頂、あと少しだ!。




いつの間にか雲海がふもとを覆いだして、由布岳は雲に浮かぶ天空の国になっている。
















剣ヶ峰の目標物がこの岩かな、とにかく這い上がって0752時到達。


0759時、剣ヶ峰が近づくと北面が見えてくる。うわー、北面は地震で麓まで一気に
崩壊しているのだ。


東峰を見ながら東登山道との出会いを通過。人工物があると無性に安心するのは何故?。


東峰への最後の崖登りをよじ登って、0824時、東峰登頂。満足!、とても満足!。




大展望の中をゆっくり降りていく道にこの花達。可愛いねー、いてくれてありがとう。
コオニユリとイヨフウロかな?。




0910時、湯布院の町を望める最後の地点まで下山。ゆっくり見納めだ。


0933時、合野越通過。0954時、森の終わりに下山。これから登る登山者が沢山すれ違う。
皆さん頑張ってねー、気を付けて楽しんでねー。


1003時、登山口に下山完了。さあ、急いで宿に帰ろう。X-T探査機、スクランブルだ。





今回のYAMAP記録→野ねずみ山日記別巻 由布岳西峰ご来光作戦 -御鉢巡り入りー
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 野ねずみ生活日誌 リョウの... | トップ | 野ねずみ生活日誌 ウェルカ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野ねずみ作戦活動記録」カテゴリの最新記事