帰りたい空

野ねずみ探検隊は、いつかは帰りたい無何有の郷を探して活動チュウ。
山に登り、地を馳せ、温故知新の旅記録です。

野ねずみ山日記 2019年初日の出ON皿倉山

2019年01月01日 09時30分00秒 | 野ねずみ作戦活動記録
何とか作戦の本懐を遂げることができた、今年の初日の出拝観作戦。
野ねずみベース出発時の、雨がポツポツ落ちる空の状態を思うと、よくぞ
作戦決行を決断し、状況に合わせた対応ができたものだ。
今年一年、こうやって何とか前に進んでいきたいねー。

皆さん、あけましておめでとうございます!m(__)m。
今年もよろしくお願いします。
まずは今年の1号作戦、皿倉山初日の出拝観作戦の成功を報告!。


準備を済ませて野ねずみベース出発が0442時、X-T探査機は、二男のリョウが
旧友と年越しのカウントダウンに行くというので、貸し出し中で、JRの駅を
目指して歩き出したが、なんと雨降ってるよ~(*_*;。
0503時、中止を考えながら来た皿倉山山頂を望む道で、いよいよ引き上げか・・・。
・・・と、その時、リョウがX-T探査機で帰って来たではないか!。
これは天の助け!。X-T探査機があれば、多少雨が落ちてもふもとのケーブルカー
の駅まで行ける。その時の状況で作戦進行をコントロールできるぞ・・・。


それで、やって来た皿倉山山麓のケーブルカー山麓駅駐車場は、すでに満杯で、
少し離れた臨時駐車場からシャトルバスでアプローチ。
0635時、ケーブルカーに搭乗、さあ行こう、皿倉山の初日の出、はたして見れるか。






7時、皿倉山山頂に到着、結構寒いけど朝ごはんだ!。
山頂のTV局の建物の陰にいると、少しは風を防げるねー。
温めてきた牛丼と赤いきつねうどんで少しでも温まろう。隊長は耐寒限界に近いね。








まずは、すっかり明るくなった展望を楽しんで・・・。太陽のありがたさを思う。






皿倉山の下りは、歩きなれた煌彩の森コース。0847時、1時間で登山口へ下山完了。
さらに0916時、町中を歩いて臨時駐車場のX-T探査機に帰り着く。
やったねー、はじめは作戦の開始さえ危ぶまれた皿倉山初日の出拝観作戦、よくぞ
やり遂げたり!。
皿倉山から、今年一年、前に進める気力を戴いて引き揚げ開始だ!。

今回のYAMAP記録→野ねずみ山日記 2019年初日の出ON皿倉山
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 野ねずみ生活日誌 今年の大... | トップ | 野ねずみ生活日誌 日の峯神... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野ねずみ作戦活動記録」カテゴリの最新記事