たにしのつぼ焼き

あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい~♪

山頂晴れて

2017年12月04日 11時49分00秒 | モタスポ

 昨日の新谷田部ESLでの練習の事。嫁さんは今回もコースのご好意で昼休みに走って良いよという事で、延々40分も走っていたのであるが(なかなかタフである)、その最後の方で、新しく出来た奥のコブの所で、何をどうしたのか思いっきり前転してXR230“パンツァーファウスト号”を背負い投げしていた。自分が見たのは、あの太いIRCツーリストのリアタイアが天空の方を向いてバイクが逆立ちしてるシーンだったのだが、コンクリートトーチカ並みに頑丈な嫁さんの事だから、おそらく大丈夫だろうと思って様子を見ていたら、案の定、ちゃんと自分でバイク起こして、何事もなかった様に再発進した。羨ましいほどにエンデューロ向きに出来た心身である。
 さて、あとで一体どうしてそうなったのかを聞いてみたら、「ジャンプ飛べるか試してみた」との事。で、フロントが浮いたまでは良かったが、フロントが地面に着いたら背負い投げになったという。まぁ、大体どうしてそうなったかは分かったが、ポイントはそうなった時に「あれこれしてもどうにもならないから、そのまま前転した」という。結果として、それが怪我に繋がらなかった。どうしても本能的に足を出したり手を出したりするのであるが(それで怪我する事が多い)、転ける時は素直に転けた方が怪我が少ないのである。
 しかし、ジャンプしろとも言ってないし、ジャンプの仕方も教えてないのに、よくもまぁ、あんな尖ったコブでジャンプ飛ぼうと思ったものである。それだけ“乗れて来た”という事でもある。そして、最初怖々乗っていたのが、乗れて来た辺りで大体一発目の怪我をする。誰しもが通過する成長過程である。怪我をしなかったのは、若干なりとも武道の心得があったのと、クソ度胸があったからであろう。
 自分に比べて、彼女は飲み込みは早い方だと思う。おそらく、横系の動きに対しては基本的な感覚は身に付いたんだと思う。となれば、前後系と縦系の動きについて、そろそろ教えてあげないと、オフロードを楽しめないだけでなく、安全に乗る事は出来ない。あれだけの頑丈さと根性と粘り強さがあれば、良いエンデューロライダーになるはずである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 塵も積もれば | トップ | 設計思想 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿