インドネシアからの気まぐれ日記

Tangkuban Parahuの噴火

私のいるBandungの北に位置するTangkuban Parahu(タンクバンパラフ)という火山。
私が日本を出国してマレーシアのクアラルンプールに到着した日である7月26日(金)に噴火をしてから、継続的に噴火活動が続いています。



夕方、16時56分に地下水のフィルター掃除の時に撮影したBandungから北の空です。
白い雲の先にある2つの鉄塔より向こう側が Tangkuban Parahuのある方向です。
少しモヤがかかっているようでTangkuban Parahuはボンヤリと見えている状態でした。
以前見えた噴煙もなく、穏やかそうでした。












ちなみに今日のBandungは乾季らしい乾いた晴天でした。




フィルター掃除を初めて、再度、Tangkuban Parahuの方を見ると、山の上に積乱雲らしき物が見えました。これは!?前も見た噴煙!?



右の鉄塔の向こう側に白く湧き出るような雲。
わかりますかね!?
これが17時00分です。



Tangkuban Parahuの噴火口を撮影しているライブカメラを急いで見てみると、やっぱり火口周辺の灰を巻き込んで噴火しているのが確認出来ました。


遠くではありますが、目の当たりにしてる雲っぽい物は噴火による噴煙でした。



地下水のフィルター掃除を終えたあとのニュースでも16時57分にTangkuban Parahuが噴火。約200mの噴煙を上げたとありました。


約30km離れているとはいえ、噴火による噴煙が見えているというのも、何ともいえませんね。
ちなみに、このTangkuban Parahuは7月26日以降は警戒レベルⅡが続いており、火口から1.5km以内への立入りは禁止されています。



ちなみに17時30分頃には噴煙は蒸気をあげるだけの状態に戻り、私の所から噴煙は確認出来なくなりました。





大規模な噴火活動にはならないと言われていますが、1ヶ月以上元気に噴火活動をしてます。
ガス抜きという意味では、時々噴煙を上げた方が良いんでしょうけどね。
このTangkuban Parahuの噴火活動の動きは気になります


ランキング参加中🌈是非クリックお願いします🙇

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最近の画像もっと見る

最近の「インドネシア」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー