泡 盛 日 記

演劇人(役者・演出家)丹下一の日記です。

「春琴抄」のセッション稽古、初日

2018-04-17 23:19:01 | 丹下一の泡盛日記
12月に上演される「春琴抄」に参加させていただくことになった。
今日は、稽古場での初めてのセッション。
新宿で別件の打ち合わせの後、井の頭線に。
子どもの頃数ヶ月を過ごした駅を超えていく。
この原作に寄せる主催者藤田祥子さんの想いの深さと強さ。
そして、この舞台にかける思いの深さ。
だからこそ、構成や演出にも発言してしまう。。。
4月は、日々が本番か稽古のみ。
「お仕事」はほとんど入れていない。
若い頃夢見た生活だけど、「こちら」をとれば「あちら」は立たず。
「先のこと」など考えずに、ただ走っている。
地に足をつけ、苦労して生きてきた人たちのドキュメンタリーを見ると本当に恥ずかしくなる。
だからこそ、稽古場で自分自身とちゃんと闘わねば。
明日から2日間は、「さらばアメリカ!」の稽古だ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「にごりえ」の稽古であがく | トップ | 「さらばアメリカ!」の稽古 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

丹下一の泡盛日記」カテゴリの最新記事