寮管理人の呟き

偏屈な管理人が感じたことをストレートに表現する場所です。

福山城公園から夕日を眺める

2014年03月31日 | 日記
福山城公園では家族連れがお弁当を食べながら花見を楽しんでいた。中国人女性の一団がバシバシ記念写真を撮る中、私は天守閣西側にある桜の木の前から夕日を眺めてニンマリしていた。桜と夕日の相乗効果というのもいいものだよ。

花見客

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
コメント

総社市宿の道標(大正元年の建立)

2014年03月31日 | 
岡山県道270号沿いにあるラーメン国分寺(総社市宿99‐5)の手前を右折し裏道を西へ進む。私は備中国分寺まで1kmの地点に来ていた。

標識

標識拡大

所謂吉備路自転車道の青い標識を辿って行けば目的地に着く。自動車整備工場・オートガレージK4(宿191‐3)の角に道標が建っている。

自動車整備工場

道標

「やかげ をかやま」「あしもり江き」と読むようだ。つまりこの道を西に行けば矢掛、東へ向かうと岡山という意味で、私は北の足守駅(明治三十七年十一月開業)方面へ行かなければならない。

道標裏面には「大正元年十一月立 宿青年團」の刻銘あり。明治天皇崩御は明治四十五年(1912)七月三十日(公式発表)で即日改元となった。しかし実際にお亡くなりになったのは前日と伝わっている。

道標2

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
コメント

亀田の柿の種・ぶどう山椒

2014年03月31日 | 食材
柿の種の季節限定バージョンが発売中である。山椒好きの私は即買いした。中身の見た目は通常品と大差なし。

内装

山椒のピリピリした風味が舌を刺激する。カプサイシン系の辛味調味料を使ったものよりは遥かに食べやすい。なぜ今まで出回らなかったのか、逆に不思議に思うほどだ。定番メニュー入りしてもいいのでは。
 
中身

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
コメント

広島県福山市伏見町の再開発

2014年03月30日 | 日記
オープンしたばかりのさんすて福山東棟の階段から駅南口を望む。三之丸町や東桜町は随分と小奇麗になった。これらとは対照的に再開発が遅れている伏見町。

元町の天満屋

パチンコラッキー跡地

パチンコラッキーだった建物(伏見町4‐28)が3月中に取り壊されて更地となった。道路側からは北側の老朽化したビルなどが丸見えだ。中核都市の玄関口の景観としては難有りと誰もが思う。

パチンコラッキー跡地2

生まれ変わった高松市の丸亀町商店街と単純に比較されても困るのだが、バブル期の地価に戻ることが有り得ない現状を考えると地権者もそろそろ損切りする時期に来ている。

元町のスペインバル・アストリアは以前すし丸(回転寿司)だった。伏見町の空き店舗を居抜きの手法で飲食店として活用する策は耐震構造や防火対策の面から避けた方がよい。コスト及び市の発展の両面を考えると一から造り直すのが妥当であろう。

スペインバル・アストリア

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
コメント

広島県福山市中心部では桜が見頃に

2014年03月30日 | 日記
雨が上がったので夕方花見に出掛けた。福山市中心部を効率的に回るには自転車が一番だ。蓮池公園、備後護国神社ともに桜は七分咲き程度である。

備後護国神社

福山城公園

やはり福山城公園の人出は多い。流石にブルーシートを敷いての飲食は見かけなかったが、幼児や中高生の楽しそうな声がこだましていた。

福山城公園2

今日私が最も美しいと感じたのは市立東小学校敷地内の桜だ。まさに咲き乱れるといった表現が適当であろう。この状況を思い出しながらの家飲みとなりそう(笑)

市立東小学校

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
コメント

岡山市北区と総社市との境(岡山県道270号清音真金線)

2014年03月30日 | 
造山古墳から駐車場に戻り旧山陽道を西へ走る。街道の北側・の熊沢商店(岡山市北区新庄下1333)の近くに小さな祠とずんぐりむっくりのヒゲ題目があった。石碑の方には寛政の刻銘があった。

旧山陽道沿いにある熊沢商店

しばらく細い道を行くと再び岡山県道270号清音真金線と合流する。まもなく私は岡山市北区新庄上から総社市宿に入った。ここも岡山市に負けず劣らず史跡の多い地である。
 
市境(岡山県道270号)

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
コメント

ガーリックフランスをビールのアテにする男

2014年03月29日 | 家飯
普段はやわらかいパンを朝食とする私だが、ハード系も時には食べる。中でも多いのはやはりバケットであろう。最近口にしたガーリックフランスで小麦の味がした。嚙み応えがそこそこあってバターとニンニクの風味が効いているパンはビールによく合うことが分かった。同じものばかり食べていると新たな発見はない。時々冒険してみることも大切だ。

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
コメント

岡山市北区新庄下・造山古墳(その3)

2014年03月29日 | 
造山古墳は大正十年(1921)周辺の中小古墳とともに国指定史跡になった。古墳の全長は350~360m、前方部の高さは25.5m、後円部の高さは30m、と巨大である。岡山市教育委員会が設置した説明板には次のように記されていた。

 …被葬者は当地域の首長であったと同時に、吉備全域をも統括していた大首長の地位にあったと考えられます。また作山古墳(総社市)、両宮山古墳(山陽町)などの巨大古墳の存在は、吉備が畿内の勢力と肩を並べるほどに強大であったことをうかがわせます。
 なお前方部に置かれている刳りぬき式の舟形石棺は阿蘇溶結凝灰岩製で蓋には直弧紋が刻まれているなど九州地域の石棺の特徴を持っています。近くの新庄車塚古墳から運ばれたものとも、当古墳の前方部から出土したものとも伝えられています。

石棺

荒神社

前方部頂上に建つ荒神社の前に石棺がある。他所から持ち込まれた説もあるが、江戸時代からこの場所にあったという。

疫神

石棺の蓋

石棺のふたは疫神の後方、社殿の横(東側)に置かれている。山(低い丘陵)を利用して盛り土をして古墳を造り上げるのにどれほどの数の民が動員されたのであろうか。興味は尽きない。

城跡

後円部へと移動する。備中松山城を水攻めにする際に毛利方が城を築いたとされる場所(頂上)からは広大な平野が一望できた。

田園風景

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
コメント

福山市北本庄2丁目14・最上社の常夜灯

2014年03月29日 | 郷土史
交番の先、本庄町宮本の交差点で道は分岐する(左に曲がれば山手橋の東詰に出る)。分岐点に建つカフェレスト・スプーン(北本庄3丁目1‐26)。右の細い道に入りスプーンの横を通過する。

カフェレスト・スプーン

北本庄三丁目バス停

北本庄三丁目バス停近くに最上社の常夜灯がある。所在地は北本庄2丁目14‐1の北側辺りとなる。明治十四年九月の建立で台石には信者中という文字が刻まれている。二股橋東詰の常夜灯と同じくらいの大きさだ。

最上社の常夜灯

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
コメント

福山城公園の花見・JR福山駅南口リニューアル

2014年03月28日 | 日記
福山城公園の桜が一気に開花した感じだ。公園を訪れる外国人の多さに驚く。桜の美しさに感動するのに国籍は全く関係無いということだ。

城公園

花見の場所取り

ポカポカ日和の中、花見を楽しむ老若男女とは対照的に城の東側では黙々と若者たちがブルーシートを敷いていた。夜桜見物の場所取りであろう。

さんすて福山増床オープン

今日JR福山駅南口に「さんすて福山」東棟がオープン。12の新店(リニューアルを含む)のうちの1つ「おみやげ街道」ではメープル味のお菓子の試食を行っていた。

リトルマーメイド(ベーカリーカフェ)

サマンサ&シュエットギャラリー(レディス・雑貨)

1Fのベーカリーカフェ「リトルマーメイド」、ファストファッションブランド「サマンサ&シュエット・ギャラリー」には大勢の客が詰め掛けていた。後者は明日エビちゃんが来店するとあって女性の関心も相当なものであった。

明日蛯原友里さんが来店

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
コメント

岡山市北区新庄下・造山古墳(その2)

2014年03月28日 | 
造山古墳駐車場に自転車を停める。キラキラ輝くオブジェは岡山市出身の彫刻造形家・西平孝史さんが制作した「吉備の大王」像である。

地形図

造山公会堂

先ずは造山古墳群の地形図を確認。前方部の方に神社があるとは聞いていたが、ほとんど知識はない。造山公会堂前を通り巨大古墳への上り口を目指す。
 

古墳へ上がる道

千足古墳

小道の途中で振り返って下方を望むと周辺には民家が多数建ち並んでいる様子がよく分かる。私は造山古墳蘇生会が作ったガイドマップを開き期待を膨らませた。

造山古墳ガイドマップ

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
コメント

サヨリの握り

2014年03月28日 | 外食
サヨリ(細魚)の旬は春と秋。私は脂がたっぷりのって旨みが増す春の方が好みだ。4月になると親指の太さ位に丸々太ったサヨリが瀬戸内のスーパーなどにも出回る。そこそこ安くて旨いのだから庶民がこぞって買い求めるのは当然だ。

ゆえに廻る寿司屋はサヨリを春のネタとして盛んにPRする。薬味は店によって異なり梅肉・大葉をのせたり、レモンスライスを添えたりと中々面白い。造りの場合はやはり本わさびと醤油がいい。

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
コメント

岡山市北区新庄下・造山古墳(その1)

2014年03月27日 | 
墓地の脇を抜け岡山県道270号清音真金線に出る。新大内石油吉備路サービスステーション(岡山市北区新庄下1530-1)の手前を右折して500mほど北上すると造山(つくりやま)古墳に至る。

岡山県道270号・新大内石油吉備津サービスステーション

道標

道の途中に嘉永三年(※1859)の銘が入った道標が建っている。私は西方の小高い丘を造山古墳と勘違いして近所の奥さんに「あれは千足古墳(※造山古墳前方部の前面に位置)で今発掘調査をしてますよ。造山古墳は向う。大きいのが見えるでしょ」と笑われた。

千足古墳

造山古墳

確かに遠方からでも千足と比べると巨大な前方後円墳であることが分かる。吉備路には古墳が多数残っているから一般人も古代史の面白さに自然に触れることができるのだ。

造山古墳周辺の地図

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
コメント

福山城公園の桜は二分咲き程度

2014年03月27日 | 日記
お城の桜が順調に咲き始めている。天守閣下(南側)の桜で二~三分咲きといったところであろうか。土曜日から日曜日にかけて天気が崩れそうなので明日花見の第一陣をやっておくのがいいかもしれない。

桜

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
コメント

ふき味噌は春の味

2014年03月26日 | 家飯
ふきのとうを水洗いして塩を加えた熱湯に投入して1分程度茹でる。続いて冷水に移して1時間置く。これでアクが適度に抜ける(長く水に浸せばえぐみは少なくなるが、持ち味が消えてしまう)

ボイルしたふきのとう

アク抜きしたふきのとうを軽く絞り包丁で細かく刻んでおく。行平鍋で信州味噌・西京味噌・味醂・出汁少々を混合した後加熱して練り上げる。最後に刻んだふきのとうを加えて完成である。

ふき味噌

ふきのとうの鼻にツーンとくる香りとシャキシャキの食感がたまらない。ほんのり苦みのある味噌を熱々の飯にのせて頬張る時に私は春を感じる。

ふき味噌ご飯

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
コメント