寮管理人の呟き

偏屈な管理人が感じたことをストレートに表現する場所です。

現代版・極悪人の仕置

2012年07月15日 | 暗黒の無政府時代
法の弱点を熟知した上で悪事を働く知能犯を放置する無責任な社会。無政府状態の上に警察・司法・報道機関のすべてが腐っているとしたら、犠牲者は永久に浮かばれない。滋賀県大津市のいじめ・偏向教育問題を広く世間に知らしめたのはインターネットの力であった。

極悪人を炙り出そうとする中村主水のような仕置人が全国に何人もいたということか。仕置人時代の主水は毎回刀を抜いていたわけではない。頭脳を駆使して悪党を精神的に追い詰め、念仏の鉄と棺桶の錠に始末させるパターンも多かった。つまり頭も剣もキレる元締め的存在であった。

都合の悪い情報を毎日垂れ流されて(※もっとも一部はガセネタだったようだ)面子丸潰れの警察が漸く動き出した。そして許し難い事実が次々と明らかになっている。国民や生徒が一番と奇麗事を口にする輩ほど実は己の地位と食い扶持のことしか頭にない小物である(彼らをエリートと呼ぶのは大間違い)。屑の晒しは今後もネット主体で行われるだろう(決してこれがよいことだとは思わぬが)

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 岩国市錦見5丁目・岩国南八... | トップ | 岩国中学校(ガンチュウ)の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

暗黒の無政府時代」カテゴリの最新記事