宮川酒店 「酒屋の嫁」のひとりごと

神奈川県/湘南の端っこ(?)、中井町にある宮川酒店の嫁が「嫁目線」でお酒たちを紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

宮酒針仕事部、をひっそり、ちゃんと始めます。

2012年07月12日 11時37分50秒 | 宮川酒店
去年の今頃、「酒屋の嫁の針仕事」と名付け、

酒屋の前掛けを使って、昔から店主が使っている酒屋財布を(師匠・鶴見のおばさまに教えてもらって)作り、ほんのちょっとだけ販売させて頂いた。

酒屋やお米屋さんがしてるあの前掛けって面白いなという思いがずっとあった。

丈夫で、渋い色合いで、紐は橙色が入ってて、何だかステキだなと思っていた。

そんな妄想、、、ではなく、思いが大きくなり、今回鶴見のおばさまに製作をお願いし、「宮酒針仕事部」をちゃんと立ち上げることにした。

どうぞ宜しくお願い致します!

▼代表作・酒屋財布


   



▼酒屋筆入れ、

 


▼酒屋小袋、酒屋中袋、酒屋かばん

 



なんせーつ一つ(鶴見のおばさまの)手作りで、とっても丁寧な針仕事である。全て一点物。大量生産は出来ない。

これらがお目見えするのはもちろん今週末の大磯夜市。

どうぞ見にきて、触りにきてください。



Comments (4)