田中雄二の「映画の王様」

映画のことなら何でも書く

『浪花千栄子 昭和日本を笑顔にしたナニワのおかあちゃん大女優』(青山誠)

2020-11-21 07:15:08 | ブックレビュー

 次回の連続テレビ小説「おちょやん」は、杉咲花が浪花千栄子をモデルにした女性を演じるという。で、早速こんな本が出ていた。これを読むと、彼女はすさまじい前半生を送ったことが分かる。

 それにしても浪花千栄子とは懐かしい。リアルタイムでは、「オロナイン軟膏」のテレビCMとホーロー看板のおばあちゃん(何と彼女の本名は南口キクノ(なんこう・きくの)なのだ)と、ドラマ「細うで繁盛記」のヒロイン加代(新珠三千代)の祖母役のイメージが強い。そして浪花という名字からして、大阪の代表みたいな感じがした。

 その後、昔の映画を後追いで見るようになると、例えば、溝口健二の『祇園囃子』(53)『山椒大夫(54)『近松物語』(54)、小津安二郎の『彼岸花』(58)『小早川家の秋』(61)、木下惠介の『女の園』(54)『二十四の瞳』(54)、豊田四郎の『夫婦善哉』(55)『猫と庄造と二人のをんな』(56)など、名匠たちの映画でさまざまな演技を披露していることを知った。

 そのほか、黒澤明『蜘蛛巣城』(57)の物の怪の老婆、本多猪四郎『鉄腕投手 稲尾物語』(59)の稲尾の母親、内田吐夢『宮本武蔵』シリーズのお杉婆、田中徳三『悪名』(61)の女親分、三隅研次『女系家族』(63)の三姉妹の叔母なども忘れ難い。

 また、大河ドラマ「太閤記」(65)での大政所はぜひ見てみたかった。秀吉役の緒形拳との丁々発止のやり取りが目に浮かぶようだ。

 けれども、自分にとって最も印象的な浪花千栄子は、73年の3月に、甲子園で巨人相手に行われたミスター・タイガース村山実の引退試合での姿なのだ。

 この時、彼女は村山に花束を手渡しながら、「村山はん、あんたほんまに長いことようおきばりやしたなあ。おおきに、おおきに」と涙ながらにねぎらいの言葉を贈ったのだが、当時、中学生になったばかりの生意気盛りの自分は「悲壮感のある村山と浪花を組み合わせるとはすごい。さすが大阪や。ばあちゃん、本当にいい芝居するなあ、いいセリフだなあ、泣かせるなあ」などと思ったのだった。

 浪花は、この頃はあまり公には姿を見せなくなっており、しかも同年の12月に死去しているから、彼女にとっても、これが最後の晴れ姿だったと言えるのかもしれない。おばあさんのイメージが強かったが、亡くなった時はまだ66歳だったのだ。


コメント   この記事についてブログを書く
« 【インタビュー】『アンダー... | トップ | ビデオ通話で西部劇談議『墓... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブックレビュー」カテゴリの最新記事