田中大ブログ

なお、このブログに記載されている内容のすべては一個人の意見であり、学校とは無関係です。

採点

2018年06月08日 | 学校風景
今日の1限目にようやく試験が終わりました。
これから採点ですが、果たして学生の皆さんはしっかり勉強してくれたのかどうか?

教員によって試験監督の方法はかなり異なるのですが、私は試験時間中ずっと教室をうろうろしている方で、学生の答案を見ながら、この問題は難しかったのかな、とか、ちょっと問題が簡単だったのかな、とか考えながら歩いています。

で、今回の学生の答案を見ていると、あまりできていない学生も多そうなので、採点をし始めるのにちょっと躊躇しています。

私が高専の学生の頃、「このプリントから必ず問題を出すのできっちり勉強しておくように」という先生がおられました。
きっちり勉強するも何も、そのプリントはかなりの問題数で、例年だと全部の問題を解いてくる学生はほとんどいなかったそうです。
私はというと、試験前には勉強するようにしていましたので、かなり早めに問題を解いて、それをコピーして何人かの友達にまわすようにしていました。

どこを勉強していいのか分からないと試験勉強もはかどらないのですが、「ここさえやればいい」というのが分かっていれば勉強するのも楽で、このスタイルはいいな~、と、私も教員になってからは「このプリントから60点(及第点)分は出すので、しっかり勉強するように」という感じでやっています。

高専の学生の頃も、普段はあまり勉強しないクラスメートも、いつの間にか私のコピーのコピーが出回って、みんながそれで勉強していたので、やっぱり問題が分かっていると勉強するよな~、と思っていたのもあります。

で、今日の試験、ここから出すよ、という問題さえも出来ていない学生が散見されて、大丈夫か?とちょっと不安になっています。

ま、採点するまで結果は分かりませんが。

ということで、これから採点です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 試験の採点 | トップ | 宿直 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。