田中川の生き物調査隊

平成12年3月発足。伊勢湾に注ぐ田中川流域の自然と生き物を調べ、知らせる活動をしています。三重県内の生き物も紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ツチイナゴ雌

2009-03-14 | バッタ類
ツチイナゴ雌
バッタ科ツチイナゴ属のツチイナゴ Patanga japonica
庭のハランにツチイナゴを見つけた。お腹周りに太さを感じた。
性別をチェックしようと追いかけて捕まえた。やはり雌だ。
お腹を見られるのは嫌とみえて、あばれる。結構な力強さを感じた。
産卵の時期は何時なのか、見たことが無い。
「九州以北に分布するバッタでは、唯一、成虫越冬する種」と図鑑に記述されていた。
また、「後腿節や大顎で発音することが観察されている」とのこと、一度は聞いてみたいものだ。
2009.3.10

ツチイナゴ雌

ツチイナゴ雌

ツチイナゴ雌

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 庭にキタキチョウ | トップ | イソガニ雌 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (しましま)
2009-03-14 20:14:15
交尾中のみ発音します。
踵で羽を蹴るようにした音を出します。
背中に乗ってるオスが発音します。理由は不明です。
顎による発音はイナゴ科昆虫で広く知られますが、ハネナガイナゴとコバネイナゴで顕著です。これも理由は解りません。
発音 (田中川)
2009-03-15 02:49:06
しましまさん、いつも貴重な情報ありがとうございます。
彼らの交尾中、耳を澄まして聞いてみたいなと思います。

コメントを投稿

バッタ類」カテゴリの最新記事