見出し画像

書道 直庵(筆耕所)

永野川上流

巴波川に渡良瀬川につらねゆく永野の川の里の冬かな 丹人

はばがわに わたらせがわに つらねゆく ながののかわの さとのふゆかな







志を果たさざりしも永野川ふるさと思ふ水の清けさ 丹人

こころざしを はたさざりしも ながのがわ ふるさとおもふ みずのさやけさ








裸木に柿の実あまたあかあかと暮れ澄ましゆくクリスマスイヴ 丹人

はだかぎに かきのみあまた あかあかと くれすましゆく クリスマスイヴ







*画像:2008.12.21 12:00 - 12:30 野州鹿沼市上永野にて 

百川本そば




   

コメント一覧

あかひと
皆々様へ ―― かしこみかしこみまふまほす ――
幽黙氏

木漏れ日に川底まろき石たちの身を虹色にそめてゆくかも 丹人

頓首


曾奈姫

永野川冬至の水に汚れたるわが身の灰汁を流しゆくかな 丹人

頓首
ソナ
清流
丹人さま、おはようございます(^O^)

ホントに「ふるさと」の歌のような日本の原風景ですね。清流に心あらわれます。。


*寒風を渡り来たりて清流はわたしの内の澱み澄ませて

*赤々と柿の実残り鳥食めば「恵みの確か」思う冬なり
幽黙
http://blog.goo.ne.jp/kue-biko/
志持ちたることぞ潔し木漏れ日受けし水の温もり
名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「景」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
2021年
2016年
人気記事