見出し画像

書道 直庵(筆耕所)

春の海-阿字ヶ浦-

阿字ヶ浦の春の浜辺の波にぬれ黒き石ころ目を醒ましたり



心地よき春の日なれば肩寄せて若き二人は白き船見る


二十八日夕より
右目ショボショボ・・・
右肩コリコリ・・・
偏頭痛ズキズキ・・・

湯に浸かりて凝りをほぐさむと
二十九日午前十一時 阿字ヶ浦の風水温泉「のぞみ」に向かふ
天朗らかに晴れて風時に強く吹くも波穏やかなる阿字ヶ浦なり
此処「東洋のベニス」なる名のあるときく
さればベニスは「西洋の阿字ヶ浦」といふ哉?
いふはずなしと見たり
阿字ヶ浦は阿字ヶ浦にして阿字ヶ浦なるがゆへに「あじがうら(味がある)」とおぼゆ
さても
飯田龍太翁の逝去を悼みてより
予 俳句にも興の起これば
最近は駄作を重ねたる
予の名「臣奮太」なれば 是を俳句に使はんとぞおもほゆ

春の海石ころの目の輝けり 奮太
肩寄せて見る阿字ヶ浦春の海 奮太

午後四時 庵に戻れば凝りの少しばかり取れるをよろこべり

午後五時過ぎのことなり
大きなるサイレン鳴り響けば庵の西に真黒なる煙のモウモウと立てり
嗚呼 火事なり 庵より二百米ほどなり
直ぐに駆け付けるも 既に火の回れば 手の施すすべもなし
ただただ消防の放水を見守るばかりのあかひとなりき

呆然とただ立ちて見る春の火事 奮太 

店及び母屋を焼きて一時間後に鎮火す
被災者なく延焼もなくあるは不幸中の幸ひなり

火事の影響なる哉 昨夜中インターネット接続の不可能なれば
今朝に記事をしたためたり
温泉効果なる哉 昨夜の十時間睡眠が効く哉
気分は爽快とまではいかぬものの
偏頭痛の治まるはうれし


*画像:阿字ヶ浦海岸 2007.3.29 11:30 撮影
            

コメント一覧

あかひと
是非に是非に
◇山桜姫 おはやふにござる

那珂湊漁港にて新鮮なる魚を食し
北に向かへば
巌に波白き平磯の海を右に見
白亜紀の地層を左に見る
坂を上がれば酒列磯前の神社なり
椿の参道のいと美しき
北へ向かひて坂を降りれば
阿字ヶ浦なり
ナトリウム強塩泉なる湯に浸かれば
見も心も安らぎ行けり

是非に是非に
山桜
阿字ヶ浦
 阿字ヶ浦は水戸と日立の間なので、いつも通過してばかりでした。
良い温泉があるのですね。 酒列磯前神社にもお参りしたいですし、
今度は是非立ち寄らせて戴きたいと思います。
あかひと
音・・・
◆やまちゃん おはやふにござる

嗚呼 予が画像より音を感じたるやまちゃんなれば
いと嬉し 有難し
氏の感性に心打たれるものあり

さても
二人の話声 予も聞こへずにをるも・・・
なーんとなく・・・
やまちゃん
海の音。
http://yamazaki-3.cocolog-nifty.com/blog/
こんばんは、越後のやまちゃんです。
ザザッ~~ザザッ~~。と波の音。
トントントントトト…。と漁船の音。
ウミネコの鳴き声も聞こえてきそうです。

二人のはなし声は、…。聞こえません。
あかひと
よき湯ならんと
◆阿武氏 常陸は曇の日中にござる
さても
氏の睡眠二時間ときけば
予の十時間も睡眠とりたるを
申し訳なくおもふあかひとなり
明日の温泉行にて
ゆるりとされんことをただに祈上候
あかひと
水辺
◇都忘れ姫 けふは花冷えの常陸なり
海 湖 沼
これら水辺に物語あり
心潤す話なり

>切り替えの良きお方・・・

嗚呼 実はさにあらず
づるづると物事ひきづりゐたるあかひとなり
つるつるとうどんの如く清く生きんと欲すも
なかなかに・・・

つるつると生きてみたきも我が身常にづるづるとなるをかしくもあり
あかひと
夏の色
◆hiro-photo氏
この日の気温二十四度なれば
氏の仰せのとほりにして
海の色 夏色に染まりたる
けふ十度を下回れば
また冬色に戻りたるとおもへり
桜開花も足踏みてをる哉

花冷えに水の鼻散る大洗 奮太
あかひと
俳号
◆幽黙氏 常陸は肌寒き日なり
昨日脱ぎし股引 再び取り出して履へば心も温みたる
さても氏の
>気分はひねもすのたりの温泉を楽しまれたご様子・・・
まさにさにありて
昨日は絶好調なるはうれし

春の湯にひねもすのたりのたりかな 奮太
あかひと
阿字ヶ浦
◆dream氏 けふの常陸はやや寒くあり
さても
阿字ヶ浦 是 常陸第一の海水浴場なり
この浜を南下すれば 平磯なる景勝の浜あり
さらに南下すれば那珂湊漁港に至る
那珂川を越へれば
波の花散る大洗なり

磯で名所は大洗様よ海が見えますほのぼのと~

是 磯節なり
阿武
夢うつつ
http://takeyoshi-abe.cocolog-nifty.com/blog/
私はこのところ毎夜2時間あまりしか寝ておりません。もともとの睡眠時無呼吸症候群なれば熟睡する事は叶わぬ夢と夢うつつにまどろんでおります。今度の日曜に私も温泉に入ってきましょう。
都忘れ

水平線に、白い波・・・海ですねぇ~

当り前の海の景色が、
海の無い県の、「やまのうえ」暮らしの私にとっては、
外国の景色を見ているような感覚で、見させて頂きました。
きっとこの感覚は、
雪の降らない地方の方が、雪を見た時のような感じだと思います。

あかひとさま、お身肩が治られて、よろしゅうございました。
それにしても、火事を目の前で見たのに、その後、10時間も熟睡されるとは…
あかひとさま、なんとも切り替えの良きお方なのだと、
いたく驚き奉りました
hiro-photo
http://hryphoto.exblog.jp/
こんにちは。
春を通り越してもう夏といった水の色です。
明るい景色です。
急激に気温も上昇して、出歩くと汗をかく陽気になりました。
幽黙
春の海
太平洋側の浜辺とあってか
小生の住まいをります
瀬戸内のぽわわんとした海とは違い
終日のたりのたりとはまいらぬ
光景のようですが
気分はひねもすのたりの
温泉を楽しまれたご様子で
何よりでしたね

俳号奮太の謂われも分かりましたし
dream
おはようございます
http://blog.goo.ne.jp/niadreamky_001/
温泉で肩こりが軽くなって何よりです。

阿字ヶ浦、当て字かも知れませんが、古風で良いですね。美しい乙女と竜の伝説でもありそうな名前です。


名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「景」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
2021年
2016年
人気記事