川口保 のブログ

1市民として市政を眺めつつ、社会のいろいろな出来事を取り上げています。

石垣に目地を-大地震に備えて

2018-06-12 10:02:40 | 日記
 
            (目地施工前)                     (目地施工後)
  
 最近日本列島各地で地震が発生している。政府の地震調査委委員会は、近く発生が予想される南海トラフ巨大地震について、2018年1月時点での今後30年以内の発生の確立を「70~80%」に引き上げた。そしてこの発生確率は、地震が起きなければ毎年高くなって行くことになる。

 この地震の備えとして家具の倒壊や食料・水などの備蓄等も必要となるが、その1つとして石垣の崩壊に対する備えも必要と思われる。我が家では家の周囲の石垣に目地を詰めている。
 熊本地震により、熊本城の石垣が崩れ落ちた被害も記憶に新しい。文化財としての城跡の石垣に目地を詰めるわけにはいかないが、個人の石垣には目地を詰めた方がよいと思う。地震で石垣が崩れると直すのが厄介である。目地を詰めれば絶対大丈夫とはいえないが、目地がない石垣に比べるとかなり被害は少ないと思われる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 繰り返される子どもの虐待死 | トップ | もう一度読んでほしいこれま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事