多聞 きもの手帳 <男の着物日記>

男の着物、和服で外出、着物関連図書、その他いろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ダイロン絞り染めの六尺

2005年12月29日 | 褌・下着の部屋
最初は六尺褌は白の晒と綿モスで満足していた。
しかし物足りなくなったので、家庭用化学染料で染めてみることにした。
染料は英国のトップメーカー「ダイロン」社のもの。
ダイロンには冷たい水で染められる「コールドタイプ」のものとお湯を使う「ホットタイプ」のものがある。
最初は「コールドタイプ」で染め方に慣れ、次に「ホットタイプ」に挑戦。
「ホット」を使用するため専用の鍋と電熱コンロを量販店で買ってきた。
染め方は絞り染め。
木綿を適当に折りたたみ、荷造り用のナイロン紐できつく縛り、染料が入った鍋にほうりこむ。
最初のうちは色の濃さの感覚がつかめず失敗もあったが、次第に満足できるものが染められるようになった。
結構楽しい休日の趣味である。
コメント   この記事についてブログを書く
« 晒木綿と綿モス | トップ | 「褌」 富織部 »
最新の画像もっと見る