≪世のため・人のため≫ため仁史奮闘記!

日本共産党衆院大阪15区国政対策委員長ため仁史(爲きみひと)公式ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

時は無駄には過ぎていない「継続は力」実感! なくせ原発河内長野デモに参加しました

2018-06-12 10:03:39 | 日記
 11日、河内長野で行われた「なくせ原発河内長野デモ」に参加しました。今回で26回目。雨が降る悪天候の中、60人が参加し、集会の後、「原発は廃炉へ」、「原発再稼働させない」とアピールし行進しました。しかし、先日の関電羽曳野軽里前「300回記念アクション」も同様ですが、運動・たたかいは「継続が力」です。運動には上がり下がりはあっても、水は必ず大河にあつまり、流れは決して止めることは出来ません。人類と核は決して共存できない。ヒロシマ・ナガサキ・ビキニを体験し、福島の原発事故を体験した日本で、声を出し続けることの大切さを考え、集会・デモに参加しました。
 国会では、市民と野党が共闘し、史上はじめて「原発ゼロ」法案を野党4党共同で提出しました。福島原発事故から7年。時は無駄には過ぎていない。全国で行われている「原発ゼロ」の運動が、今日の市民と野党の共闘の原点となって、地域での共同を発展させ、平和や民主主義、暮らしを守る大きな国民の運動に発展すると確信しています。
 わたしに与えられた地域で、わたしが暮らしている地域で、微力でも頑張りたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 新潟知事選挙 いよいよ明日... | トップ | 大阪北部地震 二次被害に注... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事