ようやく日の出早まる

2022年01月19日 | たわごと

 冬至を過ぎて日の入りは少しずつ遅くなったが日の出は遅いままだったがようやく早くなったようだ。ラジオ体操を終えて6時50分ごろの東の空全体がは朝焼けであけぼの色に染まり幻想的だ。なにか好い事が有りそうな気にさせる。毎日こうした時刻に空を眺められるのは日課としている体操のせいだ。しかし例年になく雪降りの日が多く溶けない上に積もった雪はスリップしやすく靴にスパイクを巻き用心しながら歩く事になる。これを川柳にして投稿したら本日の朝刊に掲載された。その句は 寒波来てドロボウ歩きクセになり 最近も何度か投句したが全部ボツでようやくの掲載句となった。作句はウオーキングしながら頭の体操には丁度良い。

日の出前は一番寒さが厳しい時間帯だ。


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 阪神淡路大震災からはや27年 | トップ | お隣さんにお呼ばれ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

たわごと」カテゴリの最新記事