「市政にみんなの声を」多摩市民の会です

多摩市民みんなの願いや要求を多摩市政に反映させ、市民本位の民主的な市政の実現をめざす市民の会です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

泥憲和さん 殺さない 殺させない 元自衛官が語る「市民生活と戦争法」

2016年04月09日 | イベント
泥憲和さん講演
殺さない 殺させない
元自衛官が語る「市民生活と戦争法」

とき:2016年 4月16日(土)
13時30分から16時30分

会場:パルテノン多摩第一会議室

資料代:500円

昨年、安倍政権は、憲法違反の安保法制(戦争法)を
数の力で強行可決しました。
それから6か月、3月29日にその法律が施行されました。
しかし、国民の中では、戦争法に対してますます反対の声が大きくなっています。
戦争法と平和の問題について学習します。元自衛官 泥 憲和さんに語ってもらいます。

「市政にみんなの声を」多摩市民の会
コメント

川内原発問題を学ぶ!

2014年07月31日 | イベント


▼△▼ 原発をなくす多摩市民の会では、川内原発問題で次の学習会を開きます。

どなたでも参加できます。いっしょに、川内原発再稼働問題について学びましょう。

日時 8月8日(金) 午後7時から

場所 関戸公民館第一学習室
    京王線聖蹟桜ヶ丘駅前 VITAビル8階

講師 与那嶺えりさん
    八王子合同法律事務所弁護士
   元東電社員と原発で働いていた人のお話も聞ける予定です。

主催 原発をなくす多摩市民の会
   連絡先 事務局 山本   042-356-1955
コメント

どうなるの?医療・保険制度改悪

2014年07月27日 | イベント

来てね! 8月20日(水) 午前9時30分~

ベルブ永山視聴覚室

どうなるの? 医療・保険制度改悪

篠崎次男さん(元立命館大学客員教授)をお招きして、シンポジウム形式で学習会を行います。

是非ご参加ください。

主催 市政にみんなの声を多摩市民の会

▼高齢者の患者への負担増をはじめ、国民に更なる「痛み」を押し付ける医療化悪法が、6月14日の

参議員本会議で自民党、公明党の賛成多数で可決・成立しました。日本共産党、民主党、社民党などは

反対しました。同法は、▽70歳以上の高齢者の負担を引き上げる、▽保険のきかない医療を拡大する

▽療養病床の6割削減など、医療をもっとも必要とする高齢者、重症患者への情け容赦のない負担増が

盛り込まれています。

コメント

集団的自衛権行使容認の閣議決定反対の行動

2014年06月30日 | イベント

集団的自衛権行使容認の閣議決定に反対する行動です。

コメント

「渡されたバトン さよなら原発」 まずまずの成功!

2014年05月17日 | イベント
◇5月16日(金)パルテノン多摩小ホールの「渡されたバトン さよなら原発」の上映会は、昼・夜の2回の上映会で、360人の方が参加しました。カンパとして前売り券に協力いただいた方も少なからずいるため、実際は400人をこえると思います。
 
◆昼の第1回上映会の後、元東電社員、原発労働者のお二人からそれぞれの当事者としての体験を語ってもらいました。夜の第2回の上映会の前には、上映実行委員長で東京大学大学院教授の小森陽一さんから、・安倍政権の集団的自衛権容認の解釈改憲という危険で重大な情勢の中での、映画の上映であること、・集団的自衛権の意味や原発再稼働、原発輸出をすすめる安倍政権の世界的に危険な役割、・そして、安倍政権の暴走は草の根の運動で止められるなど、具体的でわかりやすい話がありました。
◇映画を見た皆さんからは「心にしみる、いい映画だった」など、感動した感想がたくさんよせられました。くわしい報告は、「まとめの実行委員会」をひらいてからになります。

◆16日の上映会に足をはこんでいただいたみなさんはじめ、「渡されたバトン さよなら原発」の上映成功にご協力をいただいた多くのみなさんに厚くお礼申し上げます。
 
コメント