ニャンコだいすき!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
シャムネコ大好きの「わがはいはネコである記」

冬の新宿御苑

2019年02月26日 | 日記

1月の下旬に新宿御苑に撮影に行って来ました。

冬の新宿御苑なんて面白くないでしょう?

いやいや、自然に伸びた巨木たちが葉を落とし、その全体の姿を見せてくれるのです。

また、冬鳥達も池に見られます。

ロウバイが咲いていました。蝋燭の蝋で作ったような梅の花のようなので、

ロウバイ(蝋梅)と名付けられました。

イチョウの大木。

ユリノキの大木。余り大きすぎるので、魚眼レンズで撮りました。

カラスが鳴いていました。あまり珍しくないか・・・でもすごくのどを膨らませて鳴くのですね。

ヒカンザクラ。3分咲きくらいですね。今頃満開かもしれません。

スズカケ(プラタナス)の並木。昨年伸びた小枝は全て刈り取られます。

隣の並木でその作業をしていました。

同じく、スズカケの並木。小枝の剪定が終わった並木です。

これもスズカケの木です。自由に枝を伸ばせると、このような大木になるそうです。

並木のスズカケは毎年枝を切り落とし、大きくならないように制御しているそうです。

スイセンの群落がありました、花盛りです。良い匂いが漂っています。

これもスズカケの大木です。

池には冬鳥たちがいました。これはオシドリの群れです。

雄が盛んにめすにアピールする羽ばたきをしていました。オシドリの婚活会場ですね。

逆光で分かりにくいですがカモのたぐいですね。マガモかも?(だじゃれかよ)

ハシビロガモの円陣。なんと群れでグルグル回っていました。

水底のプランクトンを渦を作って巻き上げて食べるのだそうです。

新宿御苑には良く来ますが、冬の新宿御苑もいいですね。第一すいています。

さくらのシーズンは海外からのお客さんで満員です。

東京のさくらの名所として海外で有名らしいです。

意外と撮るのもがたくさんあり、園内をくまなく歩き回りました。

万歩計は、1000万歩を越えていました。楽しかったです。

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ボブという名の猫 幸せのハ... | トップ | 猫と鏡 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事