くたばれ髄膜炎

癌性髄膜炎、と、癌と闘う母の闘病記。
癌性髄膜炎なんて、くたばっちまえ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ありがとうございました

2006-07-25 23:30:49 | 闘病記
癌性髄膜炎と闘った母をもつ娘です。
いろいろとありがとうございました。

死亡診断書によると、
直接の死因は「肺癌」。
死には直接関係しないが影響を及ぼした病名として「癌性髄膜炎」だそうです。

夜番だったこともあり、
家族の中でわたし一人が看取ることができてしまいました。

逆に言えば、そのくらい、
明け方5時から急変した、というか、ほんと早かったです。
糸がすっと切れてしまうような、そんな感じでした。
全然苦しむ様子もなく、息をひきとりました。


麻薬(モルヒネ)を入れてから、あまり痛がらなくなり、
ちょっとしたとき(氷枕を変える)などで顔をしかめるくらいだったので、
そこはよかったのかなと思っています。
ほんとに、涙うかべるくらい痛がっていたので、あれは見てらんなかったです。

モルヒネ後、ほぼ2日間ずーっと寝ていたのに、
月曜の夕方からはずーっと起きていて。
目をきょろきょろさせて、話しかけると反応はあって。
(それまでは目を開けてても、話しかけると無反応だったりしてたので)

今思うと、
なくなる前に、何か見たかったり聞きたかったりしたのかなぁと。

わたしからは一方的に、
猫がどうしたとか、東京に日帰りしてきたよ、とか、雨がすごいよ、とか、
カープは4位で巨人よりも上だよ、とか、
まぁどうでもよいことを延々話してました。
これで満足だったのかどうかはわかりませんが。

思い返せば、さいごにはもう自分から話すことができなくなっていたので、
母の最期の言葉とか、何を会話したっけ、とか、さっぱり覚えていません。

今になって、
まだ元気だったころ(GWとか)に、
もっともっと、散歩やら外出やらしてあげればよかったなぁと。
そうすれば、心理的にもっと楽だったのかもしれないな、と、
悔やまれてなりません。

ただ、あのころに、1ヶ月会社から休みをもらえて、
一緒にすごせて、いろんなこと話したりできたことは、
ものすごく感謝しています。


明日が友引ということで、結局、
明日がお通夜、あさってが告別式となりました。

今は、眠る母の前で、お線香を絶やさないように気をつけながら
このブログを書いています。


肺癌・脳腫瘍・癌性髄膜炎という病気と、1月末から闘い続ける母の、
その様子を伝えることで何か情報を得られれば、
どこかで同じことに苦しんでる人に、何かの参考になれば、
あちこちで案じてくれてる方々へ情報を伝えられれば、
そんな思いではじめたこのブログ。
結局は、入院からほぼ4ヶ月(自覚症状出てからは半年)で、
母の死をむかえ、区切りとなりました。

母を案じてくれた方々、
わたしに直接メッセージをいただいた方々、
本当にありがとうございます。
この場を借りて、お礼申し上げます。
個々へは、落ち着いてから改めてご連絡しますね。


みなさま、
本当にお身体は大切にしてください。
おかしいと思ったら、過度に我慢せずに病院行ってくださいね。
診断内容に反してよくならなければ、別の病院行ってくださいね。

娘からのお願いでした。
コメント (3)

2006/7/25(火)

2006-07-25 06:27:36 | 闘病記
2時
熱が38度越え
血圧はまだ大丈夫。

4時
血圧下がる

朝5時
血圧さらに下がる。
脈、少なくなる。
家族呼ぶように言われる。

呼吸とまる。
脈はまだある。


5:27 永眠
コメント

2006/7/24(月

2006-07-25 05:41:08 | 闘病記
20時到着。
ずっと目をあけてる。
話し掛けてあげる。
熱も呼吸もおちついてる。
コメント

2006/7/23(日)2 、

2006-07-24 06:31:05 | 闘病記
22時
血圧、120/70、
心なしか呼吸弱々しい。

24時
血圧、上が140まで回復。氷枕変えるときに、目が覚めた。
視野に入らないところから話しかけてもダメ。顔の向きを変えようとしたら、顔をしかめた。痛いらしい。ごめん。
視野に入る側に私が移動。
話し掛けて、明らかな返答はないけど、聞いてるそぶりはあるので、話し掛ける。
猫の近況。
鉄腕DASHのソーラーカーは岡山入って瀬戸大橋渡ったよ。


一晩、特に大きな変化無し。

朝5時半
呼吸の間隔がまたさらに開いた気がする。
ただつらそうな様子はない。


これから東京往復してきます。
会社にはとても顔だせません。ごめんなさい。
モロモロあるし、出張精算もしないといけないんだけど。。。
コメント

2006/7/23(日)1 、

2006-07-23 20:59:32 | 闘病記
家に帰り、夕方病室へ。
観察室のまま。


昨日まで、フルカリック2号を点滴してたが、今日はアミノフリードに戻ってる。

呼吸は安定してるが、間隔がゆっくりになった気が。あと、あごで息をするようになったと指摘されたらしい。

熱は37度前半まで、ようやく下がる。
今度は下がりすぎて、手足が冷え切ってしまったので、湯たんぽいれたりしたらしい。

とにかくずっと寝てる。
向き変えたり、氷枕変えたり、そういうことしない限り、目を開けない。

20時
血圧、130/80、
熱、37.4度、
血中酸素濃度も問題なし。

呼吸回数が減っている。
昨日は1分間に20回くらい。今日は、16回→12回と減り、今は10回くらい、とのこと。
呼吸の仕方も、胸ではなく、口というかあごでしていて、胸はほとんど上下しない。


このあと一晩付き添い、明日の朝から夜までに東京往復してきます。
コメント