環屋

オタク漫画家環望のヘッポコBLOGなり。まあ見てって。

ゲッターロボアンソロジー

2008年03月27日 12時38分33秒 | Weblog
すっかり忘れてた。
先日描いたアンソロジーコミックの告知です。

「ゲッターロボアンソロジー 進化の意思」

津島直人君の表紙がイカす、ゲッター好き作家によるゲッター「ファン」漫画の集大成。
描いてる側も読者と同じゲッター線にやられちゃった側の人間だっツー事で(笑)。
メンバーのほとんどが友人か知り合いってのも何をか言わんや(笑)。

僕が描いたのは「クォ・ヴァディス ~巴武蔵最期の1秒間~」
ゲッター線を暴走させて自爆した武蔵が死ぬその瞬間ゲッターが導く人類の未来を垣間みてしまう、というもの。
石川先生が武蔵の最期を描かれた当時、今のゲッターサーガのことなんてかけらも頭になかったはずなので、そのミッシング・リンクを描いてみたいと思ったわけです。
それと昔イラスト集「闘神」のインタヴューでお聞きしたときぼんやりと抱いた僕なりのをゲッターロボ観を盛り込んで。

石川先生が亡くなられたことでいくつもの物語が結末を語られずに終わってしまった訳だけれど、一方で僕らは永遠に自分が望む結末を妄想し続ける許しを得たとも言える。
作品の愛し方にはそういうベクトルもある、ということで。

しかしみんながみんなゲッターエンペラー描いてるのには我ながら笑った。
わかるよ、だって一度は描きたいもんな、エンペラー。
コメント (1)