されどゴンザレスやねん!

浮世を漂うさすらいの根無し草
自称天邪鬼で変わり者のゴンザレスが思いつきで書くブログ。
2013年10月から大阪編!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2008年のぼやき

2008-12-30 13:45:15 | ぼやき
2008年も今日を入れてあと二日。。

正直2008年は振り返りたくないなあ。。



おみくじの「凶」から始まった2008年は、
ゴンザレスにとって少々悩み多き、そして最後まで課題の残る一年でした。


会社も散々ニュースを賑わし、
まあ何とかつぶれずにいますが超低空飛行、、

プライベートでも同年代は結婚して、大半は大体子供が出来て少し経って、丁度家庭が忙しい時期、
今までのようにお気軽にこっちから声かけることにも遠慮や躊躇が強くなって、
ここ何年かで極端に人つきあいが減りましたね。
同時期にオケ辞めたってのも重なったかな。


そういった中で新しい一歩を踏み出せずにいる自分に対する苛立ちとか、
2008年はそんな鬱々悶々としたまま過ぎた一年でした。

まあ世の中「派遣切り」と「100年に一度の不況」とかいう中、
一応普通に給料をもらって仕事できているわけで、
そーやって人生思い悩めるってのはある種恵まれた悩みなのかもしれません、、。




2009年は今後の中長期を見据えた「勉強の年」にするつもりです。
せっかく自分のために使える時間が増えたんだからそれを使わない手はないってことで。



愚痴っぽくなった感がありますが、
皆様の一年は如何でしたでしょうか?
ほとんど更新されないこのブログを見捨てずに読んで頂いた皆様には
感謝感謝です(^^)/~~~~ 
本年もお世話になりました!

コメント

今年も第九

2008-12-28 23:40:59 | 音楽
今年も第九聞いてまいりました。

今回はパル多摩、歌は多摩市の歌う会で、オケは相模原市民オケ。
多摩市の歌う会はいつだったか一緒にやったんでしたっけ。。
客席は後ろの方はほぼ満席。
第九ってお客さん入りますよねぇ。歌う会の集客力がすごいんでしょうか。


ちなみに第九を聞いたのは今年2回目なのですが、
先日聞いたのが、相模大野で2週間ほど前、相模原の第九を歌う会+相模原市民オケでした。
アマオケで第九の演奏会を何度も幾つも連チャンでやるオケってのも珍しいですよね。。。。第九大好きオケ、、、こりゃある意味興味津々だったりして(笑)
まあ、関係者でもないのにそれを両方とも聞いてるゴンザレスも危篤というかヒマジンですわな。


さて、演奏は、さすがに第九には慣れしているのか、オケは安定していて、安心して見ていられました。
特にセカンドVnあたりの内声がしっかり聞こえていたのは良かったですね。

ゴンザレスはこと第九においては、「弦楽器の中心で弦の全体をコントロールしているのはセカンドVnだ」みたいな思いこみがあるので、
セカンドVnがしっかりした第九を聞くとそれだけでうれしくなります。


ん-、やっぱ何度聞いても第九はいいなあ。。
ということで本日は「おいしゅうございました(岸朝子風で)」。
コメント

小田和正ライブ

2008-12-26 01:02:20 | ぼやき
たまたまTVつけたらやってたのですが、、

この人幾つになったんでしょうかね、かなりいい年だと思うのですが相変わらずのお声でいらっしゃいまして。


最近「歌」からはずっと距離を置いていたのでごぶさたしてましたが、
小田和正さんの歌はオフコースの頃からのものも含めて結構好きで、以前は良く聞いていました。

この人の曲って、特にソロになってからは、
音と音の間の無音の部分にも音楽が流れているような、
音の「間」という「空気感」みたいなものを感じる
そういう独特な感じがあって、そーゆーのが好きで。



まー、今から思えば、昔からゴンザレスおっさん趣味だったんだよな。

とにかく、
久しぶりに良いもの見せていただきました。




ゲストで松たか子さんが出てましたが、
歌がすげーうまかった。
ひょっとして口パクかってくらい?
そこいらへんのよく分からないアイドルもどきの歌手なんぞよりよっぽどいいのに。
コメント (2)

ユーロスペース

2008-12-04 18:32:34 | ぼやき
『ベルリン・フィル 最高のハーモニーを求めて』

こんなのやってたんだ。
コメント

本を買うときはちゃんと上下巻で。

2008-12-04 00:54:49 | ぼやき
当たり前ですよね。


買うときに気づかなかったんですよ。
で、一冊だけ買って。

『冷たい校舎の時は止まる:辻村深月』


文庫ですが結構厚かったので
特に疑問も持たず。

ただ、なんとなく
残りページ数に話の展開が追いつかない感じで、
「おいおい、どんな終わり方してくれんの」
とか思いつつ、
わずかに残ったページを一気に読み切るつもりで読み始めたのですが、、
後のページまで読んで

<下巻に続く>




キター!!




思いっきり途中で終わりやがった・・・。

恥ずかしながら、
本当に、そこまで読んで気づきました。。




ゴンザレスの頭の中は既に読み切りモード。

内容的には学園オカルトもの?(今のところは)っぽくて、
最後にきっといろいろ謎が明らかになるんだろうって展開してたので、
一時間後には解決して、スッキリ就寝モードだったはずなのに。。



学園ものってゴンザレスはあまり読まないジャンルなのですが、
ブックオフで「スタッフおすすめ」ってので読み始めたら
読み進めるウチにそれなりに引き込まれてしまいまして、、

・・・続き読みてーなーー。
でも既に22:30分、、

明日会社の近くの古本屋いってみるべか。。
あるかなー。
コメント (2)

一等賞?

2008-12-02 00:17:33 | ぼやき
献血のお誘い、いや、なんか雰囲気的には「呼び出し」って感じ?

12月って血が不足するんですかね、師走で忙しくてぶっ倒れる人が多いとか??


「一等賞!!」ってのがいろんな意味で気になりますが、、、

頭に浮かぶのは、ティッシュ三箱!とか、そーゆー感じでしょうか。
あながち外れてないと思うんだけど。
コメント