多摩川新聞ブログ

川崎の地域情報を提供する「多摩川新聞」の連動ブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

パパラッチ

2017-12-28 10:41:46 | 街の灯
 今からおよそ半世紀近い前に観たフェデリコ・フェリーニ監督のイタリア映画『甘い生活』をNHKBSプレミアムで懐かしく観た。
 内容は、大した物語ではなく、1950年代の後半のローマの豪奢で退廃的な上流階級の生態や、その場限りの乱痴気騒ぎ、アバンチュール、社会を生きる上での指針やモラルを失った現代人の不毛な生き方を、イタリアの有名俳優マルチェロ・マストロヤンニの退廃的な生活を描いたもの。特に、マルチェロ・マストロヤンニとアニタ・エクバーグがトレヴィの泉で戯れるシーンは有名。
 当時、有名なイタリア女優アニタ・エクバーグがアメリカから来た女優役を演じ、これにパパラッチが群がる。
 パパラッチとは、イタリア語で「うるさい虫」のこと。ハエやブヨのようにうるさく付きまとう虫のこと。有名人を追いかけ回すフリーのカメラマンたちを指す。1997年にイギリスのダイアナ元皇太子妃が交通事故死した際、パパラッチたちの追いかけられていたことで世に知られている。
 彼らにはモラルやプライバシイーなんてものはない。平気で有名人の裸体を撮っては雑誌社に売り込む。これらゴシップを
好んで見る読者がいるのも事実だ。
 一方、日本に置き換えてみよう。週刊誌が有名人の不倫疑惑や薬物違反、暴力事件があると、うるさく付きまとう虫たちが大勢いる。昼夜を問わず、張り番をし望遠レンズでシャッターを切る。週刊誌はこれら虫けらが売り込むぎしっぷ写真をいい値で買い付ける。週刊誌のネタを、今度はテレビのワイドショーで取り上げる。
 暴行事件で横綱を引退した日馬富士もパパラッチの被害者の一人といえよう。(裕)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« BuyかわさきINたかつ 11... | トップ | 2017年下半期 市職員の不祥事 »
最近の画像もっと見る

街の灯」カテゴリの最新記事