多摩川新聞ブログ

川崎の地域情報を提供する「多摩川新聞」の連動ブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

歌うことは元気の素 小倉敬子

2017-12-28 11:01:19 | ティータイム
昭和30年代40年代は歌声喫茶が若者の人気スポットでした。時を経て当時の若者が高齢者になり、再び脚光を浴び始めています。歌声喫茶、歌声広場、音楽喫茶など名前は違いますが、市内各地で人々が集い歌を歌える場所がたくさんできています。とにかく、上手下手に関係なく楽しく歌えるのが良いですね。
私がメンバーになっている団体では、毎月高齢者や障碍者施設にプロアマ問わず様々なジャンルのゲストを迎えお楽しみ会をしていますが、中でも一緒に歌おうコーナーは大人気です。若かりし日の懐かしい曲を聴けてうれしいとか、もっとたくさん歌いたいとリクエストもあるなど、ゲストと入所者が一緒になって楽しみます。どの会場でも歌っていると表情豊かになり、みんな笑顔になるのでゲストの皆さんもまた来たいと言ってくださいます。以前、音楽喫茶では、ここなら、自分のペースで歌えるので病後のリハビリにもなりありがたいと毎回通われていた方もおられました。
先日テレビ番組で、音楽療法士の方が、興味深い話をされていました。たくさんの言葉が入った歌は、頭を使うことに、また、少し速い曲は、喉の筋肉を使うので嚥下障害を防ぐことに、また、ゆっくりした曲や、長く伸ばすところが多い曲は、たくさんの息を吐き出すので、腹式呼吸をすることに繋がり身体にも良いとのこと。
一人でカラオケという方もおられるでしょうが、皆で一緒に歌う楽しさは、また格別です。今年も歌声とともに、元気で健康に過ごしたいものです。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アクアライン開通20周年 | トップ | 成人の日を 祝うつどい »
最近の画像もっと見る

ティータイム」カテゴリの最新記事