多摩川新聞ブログ

川崎の地域情報を提供する「多摩川新聞」の連動ブログです。

ハイ・ボール

2017-12-28 10:50:23 | 街の灯
 ある日のたそがれ時、寂しさを紛らすため居酒屋の暖簾をくぐった。
 ドリンクメニューを見ると、昔懐かしいハイ・ボールがみえた。遠い昔の思い出にふけりながら、ハイ・ボールをオーダーした。ところが、出されたハイ・ボールに目を疑った。なんと、驚くなかれビア・ジョッキに製氷機でつくった氷にサントリー角瓶のウイスキーを炭酸水で割ったハイ・ボールが出されてきた。
 その昔、苦学生のころ、トリスバーでバーテンダーのアルバイトをしたことがある。マスターが非常に厳しい人で、それでいて色んなカクテルを教わった。なかでも良くオーダーがあったのはハイ・ボールで、美味しく呑めるハイ・ボールの作り方を教わった。
 先ず、タンブラーにトリスウイスキーを注ぐ。シングルならメジャーカップに1オンスのウイスキーを注ぐ。ダブルだと、メジャーカップの2オンスにいっぱいウイスキーを流す。氷は自然氷をアイスピックで砕きながら、その上にソーダを静かに注ぎ、マドラーで右に13回、左に13回静かに回しながら作る。
 庶民派は、いちばん安いトリスウイスキー。ちょっと贅沢するならウイスキーの白ラベル。俗に丸瓶と呼んだ。現在のような角瓶などはあまり使わなかった。ましてやサントリーオールドなどは、安月給の人なら年に1,2回ぐらいしか呑めなかった。当時は最高級品で、“ダルマ”と呼んでいた。
 ハイ・ボールとは、諸説あるが、最も一般的なのは、イギリスのゴルフ場のカウンターでウイスキーを飲んでいたプレイヤーが、急に打順が回ってきたことを知らされ、あわてて傍にあったウイスキーを呑んだ。そこに、たまたまハイ・ボール、すなわち高く打ち上ったゴルフボールが飛んできた。それを見て「ハイ・ボール」と呼ぶようになったとか。             (裕)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 宮前消防署の消防士が交通事故 | トップ | 市民文化大使に11組 新たに日... »
最近の画像もっと見る

街の灯」カテゴリの最新記事