多摩川新聞ブログ

川崎の地域情報を提供する「多摩川新聞」の連動ブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「補聴器とコミュニケーション講座」

2017-12-28 10:59:47 | 特集 3面記事
 川崎市聴覚障害者情報文化センター(尾上秀夫施設長)では、平成30年2月から4回にわたって補聴器とコミュニケーション講座を開催する。
 同講座は、病気や事故、高齢のため聞こえにくくなった中途失聴・聴覚者や、その家族・関係者を対象として、コミュニケーションの幅を広げ、仲間と生きがいを見出すための講座。
 人生の途中で「聞こえ」を失った人びとにとって、複数のコミュニケーション手段を同時に駆使すること(トータルコミュニケーション)は従来の人間関係やコミュニケーション環境を取り戻すのに効果的とされている。しかし、失聴直後は聞こえを取り戻し、元通りの生活を送ることが第一のニーズとなる傾向がある。その中で障害受容、コミュニケーション手段の広がりへつながっていく。そのため、今年度も補聴器を中心に、コミュニケーション手段の獲得への足がかりとして講座を開催する。
日 時 2月2日、9日、16日、23日。毎週金曜日連続4回。午後1時30分~3時30分。
 会 場 麻生区金程2-8-3(いきいきセンター)。小田急新百合ケ丘駅バスターミナル、4番乗り場。金程経由「千代ケ丘行」、金程経由「向原之」、金程経由「読売ランド之」に乗車「麻生高校前」下車徒歩約4分。
対 象 耳の聞こえにくい人やその家族、関係者。定員60人。参加費無料。問い合わせは、同センター〒211-0037川崎市中原区井田三舞町14-16TEL044(798)8800・FAX044(798)8804、担当:亀谷・大西。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 平成29年(2017)川崎市1... | トップ | 川崎フロンターレ2017J... »
最近の画像もっと見る

特集 3面記事」カテゴリの最新記事