けものの道

猫道、犬道、お仕事の道・・
鉄工所のおばさんの毎日

とりあえずできる事から

2011-03-13 15:24:04 | Weblog
テレビで見る限りでも、ますます明らかになる、目を疑うような現実の様子に、胸が痛みます。
被災地の方々のことを思うと、どんな言葉も、遠い場所からの言葉ですが、
避難された方、救助作業の方、皆さん・・どうぞ頑張ってください。

  

こちらは、昨日も今日も、工場も家庭でも、とりあえず平常どおりの日々です。
明日からは週が変わり、仕事の面でいろいろな事が 又、新たになるだろうと思います。

被災地域には、製品をウチの工場で皆で作って送ったりした、大きなプラントがあり、TVで見ていて、
その時のいろんなことを思い出したり、とても悲しい気持ちになります。

こんな時に仕事か・・とも思うのですが、何も無かった地域が今、こんな時にこそ、今後何かの役に立てるべく・・
そう気持ちを切り替えながら、長引くだろう復興に向けても、何かができれば・・です。

ウチのような小さい工場でも、現在被災地域への出荷もあったのですが、現地の担当の方と連絡が取れず、
明日からの、客先の会社からの指示を待って、今後の内容も見直すことになるのだろうと思います。

他の大きな会社からは、FAX等で、さまざまな連絡事項などが届き始めています。

今は何もできず、平常どおり過ごすのみですが、いろいろな事も見直しながらだとも思っています。
もう一度、災害に対しての、ウチの工場なりに、工場の中や皆との連絡網を見直し、
安全重視に最優先で、心していかねばと思っています。

もしもの避難の準備なども、実際何をしていいのかも分からないのですが・・。
いろいろ見聞きし参考にしながら、ウチは一人暮らしの者も多いので、勧めていこうと考えてもいます。

そんな中で、ブログで知った方々の、経験談もとても参考になりました。
下記に抜粋して貼り付けていますので、よろしければ皆さんも参考になさって下さい。
阪神大震災を体験された方、何よりも・・だと思います。
それぞれができることからが大事なことだとです。


▽抜粋記事

東北地震は津波の被害が甚大で、阪神大震災とは状況が違いますが、震度7以上の地震を経験した私なりの覚書です。

 ★断水するまえに水を確保するーお風呂の浴槽はつねに満タンにしておく。
  飲料水として、トイレ用として。
 ★長靴を履く。
  室内も屋外も何を踏みつけるかわかりません。
 ★コンロとカセットボンベは常備する。
  ガスが一番に止められて復旧も最後になります。
  食料は避難所でもらえますが、お弁当もおむすびもすべて冷たく固いです。
 ★ラップを使う。
  器にラップを敷いて使う。水は貴重なので食器は洗えません。

 電気のブレーカーを落せ、と報道されてますが、地震の最中はそんな余裕はありません。
 何かにしがみつくのが精一杯です。揺れが収まると一番にしたいことではあります。
 水が底をついたなら、下水のマンホールを使用します。回りに囲いをして簡易トイレです。


これから夜になります。阪神大震災で最後に最大に悲惨に襲った災害は、「治安悪化」による「人災」です。
大切な人を守ってください。一人でいる人は、最寄りの知り合いと小さくても良いのでコミュニティを作りましょう。

 避難の際に確実にもっていたいもの

 □現金
 □身分証明書
 □印鑑・預金通帳・保険証
 □飲料水(1人1日3リットルが目安)
 □非常食(缶詰等)
 □携帯電話と非常用充電器
 □家族の写真(はぐれた時の確認用)
 □ホイッスル(倒壊に巻き込まれた際に最小限の労力で居場所を伝えられ生存率が格段に上がる
 □母子手帳(乳幼児の子がいる場合)

 特に知っておいてほしいこと

 ・赤ちゃんがいる方。
  赤ちゃんの頭にタオルでも何でもいいので、クッションになるようなものを置いてください。
  阪神大震災で、テレビが飛んできて死亡した乳児がいました。
  彼の死を無駄にしないで。

 ・電話の使用は極力避けてください! 
  非常の為の119番や110番がかかりづらくなっています。 
  安否の確認は災害用伝言ダイアル171番 またはツイッターなどのネットの利用でお願いします。

 ・地震が起こったら、必ず窓を開けてください。
  そして、家にいる人は、水道が止まる前に、お風呂に水をためてください。
  まだ、電気が通じる人は、ご飯を炊いてください。
  阪神淡路大震災の経験から、皆さんに伝えます。

 ・停電をした地域は、必ずブレーカーを全て落としてください。
  また避難する際も絶対にブレーカー落としてください。送電時に火災になって家が燃えてしまいます。
  停電から復旧した瞬間ショートして火災というケースも多いようですので、停電してても落としてください。
  通電されたら小さなブレーカーを一つづつ入れて下さい。
  漏電ブレーカーが落ちるようでしたら、無理に入れず、電気事業者等に連絡をとって下さい。

 ・ガスの元栓をしめてください。
  ガスが充満すると静電気だけで大爆発が起こります。

 ・断水の可能性がありますので、お風呂に水をためてください。
  飲料水の確保もお忘れなく。
  ネットが使えるうちに自分の住んでる地区の避難場所を確認してください。

 ・足元数十センチの津波でも足をすくわれ一気に沖合まで流されます。
  絶対に見物などには行かないようにしてください。

▽阪神淡路大震災の経験から、皆さんに伝えます。

 X字の亀裂が入っているとこはすぐに崩壊するから注意!

 携帯と充電器、ラジオ、ペットボトル水必要!

 ヒール履いてる人は折る!

 食料は最低3日間は自立しなきゃいけない。
 トイレは基本ないからビニール袋を。

 火事などの2次災害に注意!

 パニックになったら周りもパニックになるからしゃがんで「落ち着いて!」と叫ぶ。

 ストッキング履いてる女性はできるだけ脱ぐ。
 火傷したら広がるから。あとナプキンがいい止血帯になるから覚えておいてください。

 瓦礫の下敷きになっている人を救助する場合、かなり重要になってきますので、提供をお願いします。

■災害用伝言ダイヤルと伝言板

 利用エリアに制限あり

 ・利用方法は「171」をかけるとガイダンスが流れる。
 ・そのあと「1」をかけ電話番号を入れる
 ・一つの伝言あたり30秒の録音ができる。
 ・その音声の伝言は48時間保存されます。

 ■それを外から聞きたいときは
 ・「171」をかけたあとに「2」をかける
 ・被災地の方の電話番号を入れれば音声の再生が可能になります。
 ・つながらないと思ったら「171」をかければガイダンスが流れるので使用法を忘れてしまっても大丈夫。


 通信各社の災害用伝言板は以下の通り。
 ▼NTTドコモのiモード災害用伝言板サービス
  →http://..www.ntt..docomo...co.jp/i..nfo/not..ice/pag..e/11031..1_01_m...html


 伝言板にメッセージ登録が可能なのは青森県、秋田県、宮城県、山形県、福島県。
 PCからメッセージを確認する場合はhttp://..dengon...docomo...ne.jp/t..op.cgi。

 ▼KDDIの災害用伝言板サービス
 EZWEBトップメニューかauoneトップから災害用伝言板へ。


 安否情報の確認はhttp://..dengon...ezweb.n..e.jp/。

 ▼ソフトバンクモバイルの災害伝言板
 →http://..mb.soft..bank.jp../mb/inf..ormatio..n/dengo..n/index...html

 Yahoo!ケータイの災害用伝言板メニューかMy Softbankからアクセス。

 安否情報の確認はhttp://..dengon...softban..k.ne.jp../。

 ▼NTT東日本
 →http://..www.ntt..-east.c..o.jp/sa..igai/in..dex.htm..l

 災害用伝言ダイヤル「171」と災害用ブロードバンド伝言板「web171」。


 ▼ウィルコムの災害用伝言板
 →http://..www.wil..lcom-in..c.com/j..a/dengo..n/index...html

 ウィルコム端末からのアクセスはhttp://..dengon...clubh.n..e.jp/。

 他社携帯やPCからのアクセスはhttp://..dengon...willcom..-inc.co..m/。

 ▼イー・モバイルの災害用伝言板
 →http://..emobile...jp/ser..vice/op..tion1.h..tml#sai..gai

 アクセスは、ブックマーク(お気に入り)→EMnetサービス→災害用伝言板→災害用伝言板トップページ。

 安否確認はhttp://..dengon...emnet.n..e.jp/

 Google では、本日(2011.03.11)起きた地震のあと、連絡のとれない家族や友人がいる方のために、
 Google Person Finder というツールを提供しています。 http://..goo.gl/..rlR07

以上ですが・・
又、小さい力同士教えあえたら・・と思っています。

 

皆さんもくれぐれも、お気をつけて下さい。
当分、ブログはあまり更新できないかとも思います。
それでも何か伝えることも、教えあうこともできればと思うので、
その時は良識の範囲で、どうぞコメント欄等 利用して下さい。 
コメント (5)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 大きな地震なので | トップ | 落ち着いて少しずつ »
最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ウチで出来る事は・・・ (さいとうまり)
2011-03-14 04:25:17
いろんな方法があるんですね、参考になります。

ウチは明日(今日からかぁ・・・)何とか停電で、午後3時から7時まで停電します。
これも遠方からの協力なので、快く対応しなくっちゃ!
仕事の時間をずらす事で、なんとかやっていきます。

お風呂に水は入れてあるけど・・・ご飯たかないと!
晩ご飯の時間を遅くすれば、なんとか対応出来るかな?

こんな時に・・・仕事・・・
でも、被災された方々は、仕事したくても出来ないんだから
出来る所の人が、その方達の分まで頑張ってあげないと・・・と
自分に言い聞かせて、今夜も徹夜してます。

けものんさんも頑張ってネ!


被災者に (mamaさん)
2011-03-14 05:36:12
心を添わせるのも大事だけど、それぞれが与えられた環境のなかで精一杯生きていくのが一番だとおもう。
助けられる体力と気力を備えないと!!
怖かったです (おんな侍)
2011-03-14 09:56:21
大揺れに揺れました
私の家の家具が 全部斜めに移動しました

会社は 積んであるものが崩れましたが 今朝からの点検で 機械は全部大丈夫でした。
今日からの停電にむけて  今 打ち合わせ中です。
東北の方に 仕事をお願いしているところも 今朝連絡がつき 無事だっつたとのこと
きょうのけものんさんの記事 印刷させていただきました。ありがとうございました。
参考になります (素浪人Ken)
2011-03-15 00:16:30
参考にさせて頂きました、ありがとうございます。
1)地震への備えについて。
何をどうしとくか実施項目の一覧でチェックと実施をする。

2)地震発生時の避難行動について。
在宅、出先、地震の程度で行動が変わるが、在宅の場合の避難行動について決めておく。

3)発生後の行動と連絡方法、避難待機場所。
基本的にはそれぞれの公的避難場所で携帯・災害用通信手段、等を使う。元気な場合は自宅或いは自宅のあった場所、又はそのルート上に伝言を標示する、としています。
皆無事でよかったです (けものん)
2011-03-15 13:34:20
まりさんも、おんな侍さんも、KENさんも、皆さんのブログが更新されててほっとしてました。
お会いしたことは無いですが、皆さんが無事で、本当に嬉しかったです。
mamaさんは、神戸の震災を体験されており、ご自身のブログはとても参考になります。
よろしければ・・と、抜粋させてもらいました。
mamaさんの言われるとおり、まだまだこれからだと思います。
幸いに無事だった地域は、日常の生活をしながらも、何かはできると思います。
またいろいろ、教えてください。
皆さんもくれぐれもお気をつけて下さい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事