珠樹アトリエ日誌

珠樹アトリエの日誌。こちらは主に日々の気づきです。




制作の秋

2018-10-21 16:16:26 | 制作日誌
すっかり療養気分でいた数か月 いえ一年強 でしたが

また作りますモードになりました。

体調はあれだけど描いても描かなくても変わらないから作ったり描いたりする。






またスタンプも作りたい もうちょっと速くできる方法はないものか


お友だちがスタンプ買ってくれた、とメールをくれて
言ってよう~と言ってくれて ありがとう うれしい

でも宇宙人キャラてニッチじゃない・・・?(最近覚えた言葉使いたい派)
友達にすすめづらいです。笑

あんまり宇宙人とかUFO好きっていう友達が
・・・わりといるほうかもしれないけど笑 そういう友は
たぶんそもそもラインをしてない。

でも今後もたぶん宇宙人ネタで作ります頑なに。
愛着の関係で 





ところで夢ってほんとふしぎ(何度も言いますが睡眠中ね)

「リア充な生活をしている私」の夢を見たんですが
すごく楽しかったです 笑

でも夢の中で私、「リア充の人みたいで恥ずかしい」って言ってました。




なんですと???

いや現実の充実大事じゃないさ!
何を充実って思うかは人それぞれですけど

いろんな謎が解けた。
相変わらず修業が好きな私がいたんだなあ
充実=恥ずかしいこと って超意味不明です

夢のおかげで変な思いに気づいたり、自分へのイメージが変わったり。
おもしろいです。



ちなみに夢の中の私はうどん打ってました。うどんパーティーしてました。


目覚めて なんでリア充=うどん? ともちろん思いました。(あ!うどん好きですよ
けんちんうどんとか。 ただ現実では自ら打つほどではないです)
あと現実で一番好きな麺類はスパゲティーです。(スパゲティーは生めん作ったことある


私の今の充実

酔芙蓉が咲きました。


今年のうちの柿は甘い柿がいっぱいでうれしい
毎年渋柿とロシアンルーレットなので
(1個の上下で渋甘だったりするトリッキーな柿なので
でも私がこの世で食べた柿の中で一番好きな味する柿 が、裏庭に、生まれた時から生えてるってすごない?
充実じゃない?
まあ確率は半々なんだけど)


それでは皆様ご機嫌ようです

また静かになります。

作品でお目にかかれるように


「埼玉にもなにかあるはず」珠ぞう
好評発売中です



LINEスタンプ販売中です
宇宙人姉妹




「水彩色鉛筆のイラストあそびレシピ」 珠樹 著

 



珠樹アトリエ
絵画作品、まんがなど載せてます。




コメント

「スピカ」(+思いは物質かどうか)

2018-10-01 12:14:30 | 日本画 2001年


「スピカ」 珠樹  2001年
F100

岩絵の具 水干絵具 パステル 雲肌麻紙 墨 薄美濃紙


とある石の壁からイメージした絵。
その上から海を見てるのが好きでした。
絵のようになかなか高いところにあって

その壁の上をそのまま、なんならほぼ小走りで歩いたりしてたのですが
この絵を描き終えた後、またそこに行く機会があって
石の上に昇ろうとしたんだけど、超ーこわくて、座るのがやっとで

ほんとwhy?いったいあの時の私はどうやって?立つことすら絶対無理だった

憑き物がとれたのか?って思うほど つきものなんて言っちゃいけないあれかもしれないけど 笑
とにかく壁の上をホイホイ渡れる私は、描いたら出て行ってしまった。

あでも、数年経って分別がついただけなのかもしれない。(まねしないでください)




文字は物質だっていうのがいまいち理解できなかったんだけど
絵も思いを物質にして出してる、っていうのを体感としてその時感じたなあっていうのを
思い出して、それと一緒だなあと、なんとなく。

出すなら字でも同じか 思いだったんだから
活字もノートに手書きも同じ 移動させてる中から外へ

ふんふんふん。・・・・で? 笑

体感を言葉にするのはむずかしい。。。


ああ私は見聞してるだけなので解釈はいいんでした。

おもしろかった、という感想ばかりです。

コメント

流れ星の夢の話

2018-09-28 13:24:02 | 日常脳内メモ
私が石を好きになったのは、大人になってからだったと思ってたけど

考えてみれば、小学校の帰りに、母にプレゼントをしようと思って
毎日家の前の砂利道で、綺麗な石を探して一つ拾って帰る、というのをしていたので
石は贈り物になりうるものと思ってたんだね。きれいなものとして
そしてエコだな。お金なくてもなにかひねり出す精神はずっとあるのね(良し悪しはケースバイケース)

それはいいとして 笑

石を買ったりするようになったのは、夢で、庭に流れ星が落ちる夢を見たから。
いや、思春期やってん…(嘘ですもう学校を卒業してました 
そういうロマンは仕方ないことですよ(諦))

ちょうど落ちたあたりを翌朝探したら、唐突に変な黒い石が落ちていたので
やっぱり・・・!と思って

ただですね
その石に対してあんまりいいものと感じなかったのです 笑

それでも夢の中の流れ星は美しかったし
無理やりいいものと思おうとして
でも持ち歩きたくないから 笑
それらしい石(隕石みたいなの)ほしいな、と思って
ヘマタイトの指輪を買いました。
もうなくしてしまったけど。2個目もヘマタイトにしたかも・・でもそれももうない・・・


今あるヘマタイト。

その指輪を買いに行く際、確か新宿あたりまで行って
観たい展覧会のついでに行って、
その展覧会場で当日券を買おうとしたら
とても綺麗で知的な感じの、ショートカットの女の人が近寄ってきて
(雰囲気をめっちゃ覚えてる。白っぽいスーツで、
フィギアスケート解説者の八木沼さんを、もうちょっと童顔にしたみたいな感じの人でした)
このチケット良かったらどうぞ、って招待券をくれまして

びっくりしたけど わあ!ありがとうございます!とありがたくいただいて
その人はそのまま去っていきました。
たしかそのおかげで、指輪買っちゃおう、と思ったのです(チケット代が浮いたから)
あんまりアクセサリー買う人じゃなかったので
ほしかった指輪、数千円だったけどずっと迷ってたので
展覧会を見た後、その足で丸井に行きました(大宮の。笑 結局地元で買った)

その後からいろんな石を買うようになったなーと思うとあれが最初です。
最近はあまり買ってないけど



でもって
その隕石風な、あんまり好きじゃない石も持っておいた、長いこと。
でもこの数年いろいろあって大掃除してた時、やっぱり好きじゃないと思って、やっと捨てたのです。
落ちてきたところ(拾ったとこ。庭の隅)に

考えてみれば神奈川で妹と2人暮らししてた時もずっと持ってたのにね。

でも最近思い出したのが
やっぱり見た夢のことで、それは石を捨てた直後、ほんの1、2日後かな?に見たのですが
隕石が近くの駅に落っこちてしまうっていう嫌な夢で
夢の中では見たこともない駅で、町で、ここではないんだけど
私は駅に向かってるとこだったので、駅が黒いつぶて状の石の山でおおわれて
溶岩のようにすごく熱かった。っていう夢を見て
泣きながら起きたんだが


ああよかった夢だった
それでも「今ここ」は今の私が作りうる最高の世界なんだな 冴えなくても
と思った
とほほでもね


それであの石のことをふと思い出した あれ似てるなって
なぜかすごく軽いんだけど、黒くて1センチくらいの石がコールタールみたいなので固まって
つぶて大になってる石

で、もっかい見てみようと思って庭に拾いに行ったらもうなかった。
ホワイ!

母に聞いたら、えー覚えてないけど庭掃除したからたぶんどっかやったよって
(母はほぼ毎日庭掃除してる)


なんてマメなんだ 地に足がついてるってほんと強靭だな・・・とつくづく思いました。
私があかん方向にろまんちっく炸裂してても怖い夢などさっさと捨てちゃう


大事!そうじだいじ! 日常だいじ!当たり前大切。





うちのそれらしい子たち。
右上から時計回りに、ヘマタイト、その砂利道で自分用に拾った石、パイライト、ラブラドライト、エレスチャル、もう一個ラブラドライト


ラブラドライトは向きで全然表情が違いますね
コメント

秋の楽しみ

2018-09-23 12:12:40 | ふつうの日々
先日まで私の中では夏だったのですが
夕方おしろい花の匂いが濃くなると秋だなあと思う(体力つけるため歩いてる)
あともう秋分だし・・・しがみついていてはあれですね
去年夏なかったので‼(寝込んでた)満喫してましたしつこく
(満喫とは:モルディブに行ったり とかではなくて(他に思いつかないあたり…さいたまからほぼ出てない)
暑かったり空気の匂い嗅いだり太陽見たり浴びたり自転車乗ったり歩いたり縫ったり描いたり歩いたり
鳥の声聞いたりとうもろこし食べたり本を読んだり あ、草をたくさん見ました(昨年より外にいたから) そんな感じです)




今年の春、虫に食われて葉が丸坊主になっちゃったうちのバラ

ごめんバラ・・手入れするよもっと


って言ってあやまっただけで バラはおのれの生命力だけで復活
毎年秋と春に1輪ずつ咲いてただけだったのに
今年は猛暑の間にも2回、1輪づつ咲いていた。

すごい すごいぞバラ



最近はしおれかかったバラを乾燥させて入浴剤を作る楽しみができたので

…もうちょっと色が濃い花もほしいなと思ったら
色が残ったまましおれてくれる


どんだけ・・・!
びっくりしすぎて普段言わないことも言いたくなります



イチジク好きなので、植えようかな、と思ったら
ご近所の方が育ててるのをくれまして

・・・甘!うま!
売ってるものも水分が多くて好きなんだけど
お庭のイチジクはもっちりしてる

絶対私が育てるよりおいしいはず 笑

ぶどうもいただきました(庭にぶどう棚を作ってるそうです)




梨はちがうおうちから ここはてんごくか


たぶん
・自然は私より生命力がある(そしてかしこい)
・ご近所さんは私よりまめで造詣の深い人々である
・そして私より親切である

と私が信じているからっぽい。みなさんありがとう・・・


色々あったけどいい夏でした。
また一つ終わったから次なのね






うちの庭のしその森。(私はしそ食べられません)


コメント

「向こう」ちょっと追記

2018-09-21 14:42:45 | 日本画 2003年

「向こう」 珠樹 2003年 
F4
個人蔵

岩絵の具 水干絵具 パステル 雲肌麻紙

グループ展にも出したのですが、アルカード赤羽(現:ビーンズ赤羽)に展示させてもらった時
半野外だったせいなのか?なぜかギャラリーで見てもらった時より反応がよかった絵です。
空の絵2枚出したのですが、どちらもそうで、不思議。外だと臨場感が増すのかな。。。



今、当時の写真を見たら結構なストリート感・・・
貴重だなあ

当時の様子はこちらです


自分からはあんまりできないので
(あでもアクセサリーは井の頭公園のイベントで売ったことがある
あでもそれも誘っていただいたのでした…)

感謝です


通りがかった女子高生が これヤバくない?て言ってたのがうれしかったです 笑






「埼玉にもなにかあるはず」珠ぞう
好評発売中です



LINEスタンプ販売中です
宇宙人姉妹




「水彩色鉛筆のイラストあそびレシピ」 珠樹 著

 



珠樹アトリエ
絵画作品、まんがなど載せてます。




コメント

秋の写真

2018-09-13 18:39:42 | 趣味の写真
今日はいい日和なんですって。
なので無理やりなにかする。写真を貼ります。笑



沖縄、首里城、鎖之間(さすのま)のお茶セット。昔、10月ごろに行った時の写真。
数百円で、お城の中の、復元された、応接間のようなところで、おいしいジャスミンティーと
琉球王国時代の伝統菓子が味わえます。(別途入城料が必要です)
全部おいしかったです!ちいるんこうが特に好きです。(菓子盛りの右手前、みっちり蒸しケーキみたいなもの)


沖縄、美ら海水族館


浦和、別所沼公園


野田線はかわいいな。名前もかわいいから、生涯 野田線て呼ぶと思うよ 笑
(あ、知らない方もいらっしゃるかもなんですね 数年前知らぬ間に路線名が横文字になられましてん・・・
私の中ではずっとNODASEN・・・)



楽しい秋を~





「埼玉にもなにかあるはず」珠ぞう
好評発売中です



LINEスタンプ販売中です
宇宙人姉妹




「水彩色鉛筆のイラストあそびレシピ」 珠樹 著

 



珠樹アトリエ
絵画作品、まんがなど載せてます。




コメント

夢の話(睡眠中の)憧れの雑貨屋さん

2018-08-31 12:10:42 | 日常脳内メモ

最近羊毛作れてないので、やっとジャンルを変更しました(忘れてマイページ入れなくなってました)

楽しく在れ!なにがなんでも!と思わなくなったらめちゃ口数少なく…(逆にどれだけ情熱をかけていたの 笑)


夢の話書いたらなにかこう、頭の働きが変わって

腑におちるので、自分のためにもう一個 笑
昔の別のとこで書いたのを再掲です。ちょっと追記なども

今はまた違う気持ちですが、とりあえず

*。・*。+* *。*。・*。+* *。+


昔、オリーブ少女だったので

Olive(オリーブ)という、少女向け雑誌があったんですが
それはもう、東京とかハイソサイエティーな暮らし(私比)とか
おしゃれで品があって、家族ごとそんな暮らしをしている人々、みたいな
そういう人は六本木ヒルズじゃなくて(まだ建ってなかった)
広尾に住んでいた時代の(あのー、全部当時の、子供の私の妄想ですよ 笑)
「東京の女の子」の暮らしを垣間見る
憧れの世界観
写真もきれいで、うっとりしてしまう雑誌がありました。

私にとって 美しいものやかわいいものはみんな
私の居場所からはちょっと遠くにある、みたいな 笑 
荒川を渡らないと無い(と信じていた)時代の
その時代の象徴みたいな雑誌です 私の中では
なんか愛憎渦巻くかんじの 笑
遠くて美しいもののかたまりみたいな


そういう時代の素敵な雑誌に
とあるお店の中国っぽい雑貨がよく載っていて
チープでかわいいっていうのが チープってどういう意味か
知らなかったんだけど
とにかく欲しくて見てみたくて

渋谷にお店があったのですが でも渋谷遠いので
うちからじゃあ、電車賃だけで、ちゃんとしたごはんが食べられる距離なので
なかなか行けなくて、でもお正月あけに、友達と
もうそのお店に行くためだけに渋谷に行った記憶があります。


憧れすぎて
たしか中学生ぐらいの頃、大宮にその雑貨屋さんが出来る夢をみて
それはあるデパートの中で、当時はそのフロアはカバン売り場で
でもはっきりと、あの赤い看板がゲートのように建っている、
東の方を向いてる入り口があって、そのカバン売り場であるはずの一角に
出来ている夢を見て

あんまりはっきりしてるので、正夢なんじゃないか?と思って
その週末にほんとに行ってみたけど まあ当然無くて
すごくがっかりして、2、3周、フロアをうろうろしたけどやはり無くて
しょんぼり帰りました。


そうしたら数年後に、そのデパートがちょっと改装されて
その夢とまったく同じ階、位置に、同じ東向きに入り口のある
その雑貨屋さんが出来て
ほんとうに狐につままれたような気持ちになったことがある
夢で見たまんまだったので

でももうその頃には割と行動範囲も広がって 渋谷も普通に行くところで
行こうと思えばいつでも行けるようになっていて
あと、そんなにチープな雑貨がほしいお年頃でもなくなってしまってたんだけど 笑
(逆に妹と二人暮らしするようになってから、生活雑貨を買ったりしてました。
バスマットとか)
でもそういう意味で感慨深くて、なんか初めて大宮店に行った時は感動しました。 

その話を友達にすると、憧れすぎて時空を越えちゃったんだね 笑 といっていた。
ほんとにね  笑
(今考えてみれば周りもおおらかですね。。。
まあそんなこともあるんだろう、みたいな
細かいこと気にしない力すごい )


そのお店もずいぶん前になくなってしまったので

もう全部夢の中のようです。


オリーブの、東京のカフェとか雑貨屋さんの特集は
地図を見るのが楽しくて

いつか行こうって思ってたら
仕事場が近くになって、普通にランチに行くとこになって
(いろんな街で働いたので)

そういえばそれもかなっているね
(そのお店のいくつかももう無くなってしまったけど・・)

東京も、もう無いお店は多そうですが
まだ本はだいじにとってあります。



・・女子な話っぽく着地してみましたが 笑
そんなふつうの日々が作られるには、見えないところで
どれだけのいろいろが働いているんでしょう
今思うと

あまりにもふつうで それこそチープで笑 スルーしちゃうほどのよくあるていで
ずーっとずーっと
ほんとうにどれだけ私はふつうの日々をあいしていたんでしょう

(今となっては そもふつうとは? 私の頭の中にしかなかったのですが)


これからどうしようか

と思っていたら



ふーん じゃあそうしよう





追記
っは!そういえば、その憧れの東京の女の子たち家族、みたいな人たちと一緒に
ほのぼの働いてたこともありました。帰国子女+美人、みたいな設定までプラスされた
イメージのはるか上を行く人々 そんなことまで叶ってたのか…笑 
当時まったく気づいてなかった。
お店がひまな時に彼女たちのモテ話を聞くのが楽しかったです 笑

あと、オリーブは文学少女の友というイメージ(私見)でしたが、実在となると、
私のドリームの登場人物みたいな暮らしをしている人は、そんなに文科系女子っぽくはなかったです 笑
もっと、Hey! みたいなニュアンス有り。おもしろかった。
コメント

夢(睡眠中の)の中と外 つづき

2018-08-17 18:35:26 | 日常脳内メモ
前回の続きです。

その夢を
見た後もう何年も経ってから、まだ神奈川に住んでいたころ。

友人とお茶しよう、となってカフェを検索して
よさげなところがあったので、行ってみたら

とてもラグジュアリーな空間で、その上結構入りづらい立地で
私はしり込みしてたんですが、
そういうの全然大丈夫な友人は、いいよ入ってみようよ~と
さくさく連れてってくれました。
実際行ってみたらすごーく好きな感じの、
ちょっと浮世離れした場所でした。

こちらに帰ってきてからもよく思い出していて、
また行きたいなあと思っていて、でもなかなか機会もなくて
数年越しで、用事のついでにまた行けることになりました。




(なに酒だったか忘れてしまったけど、アペリティフ?の果実酒。おいしかったです)

やはり美しくておいしくて楽しかったんだけど
その時は敷地中、昔夢で見たその赤い花だけが植わっていて
ちょっとびっくり
探してもほんとにあの赤い花しか咲いてない

たぶん時期によって花壇にもテーマをもうけて
植えてあるのだろうな、と思うんですが、友人と昔行った時はこの花じゃなかったと思う・・・
その時は赤い花だけ。

そして敷地内に湧水の井戸もあったことに今回初めて気づいた。
石の水盆は無かった(私が見た限りでは)。

あの夢の中と、表れはちがうけど似てるなあと思って(お店はちょっと小高い場所にある)。


その時何となく
もうなんとなくとしか言えない 思ったことは

あのおばあちゃんが住んでいた世界と
ここはそれぞれ美しくて
どっちにするかは全くの本人の好み
東に舵を切るか西に切るか、という種類の違いなんだなあ
いろんな、本人の選択の積み重ねの上成り立ってる世界
こっちのほうが難しそうに感じるけど(私には)
選択だけ 
どっちの世界を作るのも使うエネルギーの種類は同じ

な、気がした

だってなんぼ素敵でも、うちのおばあちゃんはここに住みたいって言わなさそうだもんな・・・
(私は住んでみたいけど)
でもそうしようと思ったら、あの人間力をもってすれば出来てたんじゃ…と思うのです。
運やなにか全部総動員して。
でもおばあちゃんが住みたかったのはあちらのタイプの(違う種類の豊かな)世界だったのね。
パワー、みたいなもの、すがすがしさとか
等しくすばらしい、尊いかんじは同じだった。



と思ってたけど
よく考えたらおばあちゃんが住んでたあの美しい場所は私の夢の中

でもやっぱり見せてもらった感があるんだなあ。


中と外の境目もあいまいなんだな

なんてふしぎな此処でしょう

でも普段は気づかない
たまにそういうところにたどりつくとそう思う

たどりつく・・・連れてってもらってるだけかな

そういう時にありがとーって思います。
ビビってる私を連れてってくれたりする友人たちに


私難しいことはわからないんだなあ
体系立て、説明もわからない できる気もしない 笑

常に見聞するだけ 夢の中も外もただ見聞録です。

でも素敵な意味を見たい 楽しいから




あ!赤い花は検索したら速攻名前が出てきました。
ゼラニウム(天竺葵)でした。
コメント

夢(睡眠中の)の中と外のはなし

2018-08-16 23:38:50 | 日常脳内メモ
夢ってすごくないですか?

私、先日夢の中で、名前を知ってて好感を持っているくらい、の距離感の芸能の方を
かくし芸的なことをプロデュースしてダダすべりするっていう夢を見て
実際の暮らしでも、笑いをとることに熱心でなくなりました。笑

オチもつけない。ただ話す。
逆にどんだけショックをうけたの・・・笑

不思議なものです。

笑うの好きだから私は勝手に笑うのですが
楽しくあらねばならぬ、みたいな
きょうはくかんねん的なとこがなくなった。
あきらめがついたというか。

悪夢は脳と心の整理のため見る、っていう説を体感しました。笑



お盆でしたね。祖母の命日も先日あったので

以下夢で見た話です。(無理矢理感・・・)





私の祖母はさいたま市内に住んでたのですが

他界してから何回かおばあちゃんの夢を見ました。


夢の中のおばあちゃんはいつもしっかりしていた。 
天然で面白い、かわいい人だったので しっかりしてる、っていう印象は生前なかった。笑

おばあちゃん図。

私が歩いた夢の中の祖母の住む町を、私は夢の中でもさいたま市内だと認識してた。
でも実際のその街とは全然違う、
すり鉢状の大きな盆地みたいなとこで
その斜面に家がぎゅうぎゅう並んでいて
全部、おばあちゃんが生前住んでいたような、古い木造の平屋の長屋みたいな家ばかりだった。
でもどの家も軒先にたくさん花が咲いてた。古くて簡素な造りでも、すがすがしく手入れされている感じ、

なんというか、そこにいる人はそういう家が好きで住んでいる、というのが伝わってきた。


で、おばあちゃんは生前最後に住んでた家とほぼ同じ家に住んでた。
違うのは立地、実際のお隣は祖母となかよしのおばあちゃんの家(二軒長屋)だったんだけど
夢の中では家はなくて、家に向かって右側に、上に登る細い石の階段が10段くらいあって、
ちょっと高台になってた。
おばあちゃんの家の庭には赤い花だけが咲いていた。

めっちゃ彩度が高くて、赤く発光してるように見えた。

玄関から出てきたおばあちゃんが私に、花に水をあげて、と言った。
(そこで私はふしぎ、というかちょっとびっくりした。
おばあちゃんは生前私に何かを頼んだことがあったかなあ。…なかった気がする。
一人暮らしが好きで何でも自分でしていたし、叔父叔母、その子供たちが
かわるがわる訪ねていたし、勝手にみんな世話を焼いていた気がする・・・
だからお願いされたことがなかった。)

お水を汲むところは石段の上にあるらしい
私は登って行った。

そしたら小さな庭、というほどもない空地みたいなとこがあって
上がって正面に石をくりぬいてできた水盆があって、(火鉢みたいな形)
その真ん中から水がこんこんと湧いてた

あれほどきれいな水は見たことがなくて、わあーっと思ってしばらくみてたら
鮮やかな赤い花びらが水と一緒に湧き出てきて 綺麗すぎて、
少し怖くなったら目が覚めた。

目が覚めちゃってさびしかった 目覚めないでおばあちゃんのとこまで
もう一回ぐらい行ければよかった お水もあげられてないし
泣いたように思う 
昔のことなので目が覚めてからはあいまい 笑
でも夢なのに実感が濃くて、びっくりのほうが勝っていた

以下、私の夢解釈(私の夢だからそれでいいんだけど)
・おばあちゃんはしあわせにやっているらしい
・あの家々にはおばあちゃんと趣味のあった友達がたくさんいるんだろう、生前と同じように
・なんかよくわかんないけどいろんな世界があるのね 他界っていうくらいだから

そんなようなことを思いました。


全部美しかったからいいとこなんだろうと思います。

追記
おばあちゃんは現金とかはそんなに持ってなかったけど、まずしくはなかった
と、この夢を見てしみじみ思いました。



で、その花の名前がわからなくて、何年もたってから人の家の庭先で見つけた。
このお花、夢でなくてもすごい発色がよくて、光って見える
それでこの花かも、と思いました。

母に、おばあちゃんの家に赤い花は咲いていたかと聞いたら
なんでもかんでも植えてたからあったんじゃないか?と言っていた。
確かにいろんな花が植わってた記憶がある。

どうして赤い花だけだったんだろう?と思ったけどずっとわからなかった。





でもそれからずっと経って近年、その夢の続きみたいなことがあった。

長いので話も次回に続きます。
コメント

夏休みは

2018-08-11 12:33:02 | ふつうの日々
ちょっと前の話。
フジロック(中継)の興奮冷めないまま
おばと従妹とお子たち(小学生2人)+マルチーズ(女の子6才)がきて

わんこをひざにのせて人生ゲーム
花火
数年ぶりの回転ずし、などなど

回転ずし屋さん、うちの町にこんなに人がいたのか・・・というぐらい大繁盛していて
昭和の頃を思い出した。(人生ゲームは平成仕様だった。けっこう複雑、よくわからなくて面白かった(あんまり説明を読まないせいです)。
お子のお姉ちゃんと組み、運でのし上がり優勝しました。(まあ人生ゲームは運のゲームだよね笑。すごろくだから。)

お寿司、雑踏の中で食べてるみたいで、予約した席がちょっと人数に対して小さくて
ぎゅうぎゅうでわあわあして笑ってる間に食べ終わった
おいしかったし面白かったです。
ほめてます。あんまりもうそういうことないから(お酒も飲めないし)、新鮮。



わんこ、初めて会ったときは2時間近寄ってくれなかったのに
数年越しでひざでうとうとしてくれるまでに・・・<(T▽T)>

めっちゃしゃべる。変なタイミングでフーンフーンて相槌打ってる人がいる、と思ったらわんこだった。



そんなこんなで
昨年から考えたら、普通にご飯食べられるのも夢のようで浮かれました。

ライブ中継から数日夢の中。
みんな帰っちゃってさびしいですが。。。


また描く続き。



こんな暑いのに咲きました。ピーチひめというバラ。
コメント

スタンプ「宇宙人姉妹」バージョン2できました

2018-08-02 18:09:58 | イラストのお知らせ
スタンプ、「宇宙人姉妹」できました。
(名前はわかりやすく、宇宙人姉妹になりました。宇宙人姉妹で検索していただくと
出てきます。)

スタンプ文化があるうちにできあがってよかった~ 笑
(最初のを作ったのが2017年2月・・・)

毎日使えるスタンプ?だったかな?というテーマ?キャンペーン?で申請したので
あいさつ、了解、などいろいろ作りました!基本セット。



「宇宙人姉妹」こちらで販売中です。



買ってくださった方々に、使いやすくなったとお言葉いただきました・・・う、うれしい
ありがとうございます~

以下、私がよく使うであろうスタンプ。





こちらで販売しております☆

「宇宙人姉妹」



こちらは前作です。

LINEスタンプ販売中です
けっこうなかよし・宇宙人のきょうだい


よろしかったらぜひ



珠樹アトリエshop 手帳型iphonカバー発売中です


「埼玉にもなにかあるはず」珠ぞう
好評発売中です





「水彩色鉛筆のイラストあそびレシピ」 珠樹 著

 



珠樹アトリエ
絵画作品、まんがなど載せてます。

コメント

スタンプ待ち

2018-07-28 01:17:53 | 制作日誌
フジロック中継見てたら寝れなくなった。。。。(感動で)


スタンプ審査待ち中

にしてもやはりイタリアではだめなのね?
こないだテレビで、イタリアの人たちがめっちゃ集まってUFOの撮影会してるのを
見たんですが
でもあかんのね。たぶん日本語のスタンプ使わないだろうからいいのですが。
不思議だなあと思って。笑

しかも普通に撮れてたし、すんごい枚数撮ってるという方もいたし

じゃいいじゃん!もうそれ的な文化あるじゃん!と思った次第です。

なんて、無理にとはいわないわ。



それでは失礼します



コメント

スタンプ経過

2018-07-24 11:28:22 | 制作日誌
できたー!と思ったら



時間かけすぎて初期に描いたものを忘れてました。
おつかれ採用。

それで、よろしく!を描きなおして、できたー!と数えたら38個しかなかった。

どこで消えたんだろう・・・

数えたのに・・




妹におこられた。楽しみにしてくれているらしい。

(こういうの描いてるから余計に時間かかるのでは。)




珠樹アトリエshop 手帳型iphonカバー発売中です


「埼玉にもなにかあるはず」珠ぞう
好評発売中です



LINEスタンプ販売中です
けっこうなかよし・宇宙人のきょうだい



「水彩色鉛筆のイラストあそびレシピ」 珠樹 著

 



珠樹アトリエ
絵画作品、まんがなど載せてます。

コメント

過去作(日本画)更新しました。

2018-07-21 12:25:27 | 日本画 2003年
過去作更新しました。


「流れ星」 珠樹 2003年
個人蔵

スピッツの「流れ星」を聴きながら当時描いてました。
妹と姉妹展をした時に出しました。はがきの半分サイズの、小さい絵です。

きれいだったなあー 明け方、流れ星然とした流れ星。
屋根は大家さんちの屋根。もう私が住んでたアパートごと無いので
感慨深いです。

画面がキラキラしているのは、粒子の荒い岩絵の具を使っているからです。
電気石など使ったと思います。そういう名前の絵の具です。トルマリンを砕いて作られております。

あんまりそういうこと言わないので言葉が緊張しております。




珠樹アトリエshop 手帳型iphonカバー発売中です


「埼玉にもなにかあるはず」珠ぞう
好評発売中です



LINEスタンプ販売中です
けっこうなかよし・宇宙人のきょうだい



「水彩色鉛筆のイラストあそびレシピ」 珠樹 著

 



珠樹アトリエ
絵画作品、まんがなど載せてます。

コメント

願いは忘れたころに というかなんというか

2018-07-16 11:15:26 | 日常脳内メモ
一度、本の宣伝に地元テレビに出させてもらったことがあって

それで思い出したことが今朝


むかーーーし私小学生の時に脚本的なこと考えてて
コントみたいな

テレビでとんちんかんなコメンテーターがわけわかんないこと言うっていう短い話
もう細かい内容は忘れてしまった。そして今の私がきいても面白くないであろう話だとは思う 笑

そんなことをしたのはたぶん一度っきりだったんですが(まんがは描いてた)


で、テレビ出させていただいた時、ほんの7,8分だったけど
ほんとにずっと私、とんちんかんなこと言ってて
リハーサルもしたのに、「台本なしでも大丈夫ですね」って言われたのを
リハーサルと同じじゃないほうがいいのか?!と勘違いし(なんでだ)
いろいろすっ飛ばしたのを、アナウンサーさんと司会のタレントさんが全部拾ってくださった。

出番終わってCMに入ってから、その方が「言いたいこと全部言えましたか?」って聞いてくれて
「はい」って言って、本気で、やりきった・・・!と思ってたけど、
あとで自分で録画みたら、宣伝効果のある事何一つ言ってなかった。
でもその場にいる人みんな笑ってくれたのよね だからすごい満足感があった勝手に。笑

最後のその言葉がすごく印象的だった、そんなこと聞いてくれるんだあ、と思って。
(終始お優しかった!ありがとうございました)

どうしてテレビのお話が来たんだろう?とか
(なんというか絶妙な塩梅で 誰も知らない私でも出られる方法で)
なんで緊張しいなのに、出ます、って即決したんだろう?とか

子供の頃のそのコント、ご披露する機会なかったんだよね。。。
絶対ウケなかっただろうから、
後年ふと思い出して、胸をなでおろしていたけど

みつごのたましい、というか
私の中のその子は納得してなかったんだなあ。そんなにか 笑
そして、ほらみんな笑ったぜ~って思ってるのか。そんなにか。

今朝になって、ああ、あれが全部その子がしたかったコントだったのか、と思って
笑った。

世界に叶えてもらえてよかったね。







コメント