たまてばこ新聞

アニメ&特撮オタ歴45年、まだ×2現役やってます!幻燈ロンド&地球防衛軍5絶賛プレイ中♪

「劇場版 幼女戦記」観てきました。

2019年04月27日 19時54分34秒 | 劇場版アニメ鑑賞記録
 遠征して観るつもりが家庭の事情で出来なくなり、また隣市での上映も時間が合わず、もう観られないのかと思っていたところでの、地元上映。開業100周年を迎える古い映画館ですが大感謝!2か月半遅れでも全然嬉しいです。

 TVシリーズでもターニャ役悠木碧さんの名演や渋いおじ様将校達の存在感に圧倒されつつ、毎回観るのを楽しみにしていたのですが、劇場版では大きなスクリーンを十二分に生かした映像で本当に最初から最後まで画面から目が離せなかったです(特に空中戦)。おもしろかった!

 ターニャの部隊はTVシリーズでの試練を経て、統率がとれているし信頼関係も厚いしで体育会系部活のノリに近い感じになりましたね。呑みのシーンは映画の中で唯一の癒しでした。皆してわちゃわちゃしているところが可愛い~♪

 一方の上官トリオは問題児ターニャをどう扱うべきか、あれやこれやと悩んでいてそれを観るだけでも楽しいです。玄田さん、芳忠さん、三木眞一郎君は洋画や海ドラでの代表作多い大物声優さんなだけに豪華極まりなし!加えてゲストに森川君ですから。さらにすごい。

 そして今作のメインゲストキャラ、メアリー。ターニャが殺した兵士の娘でしかも最終回に登場していたのですね。すっかり忘れていました(おい)。感情をむき出しにし統率もへったくれもない言動にとてつもない能力がつくとラスボス級の凶悪さを感じます。メアリー視点ならばターニャが悪な訳ですし、ターニャはあの通りの冷血っぷり。シーンによっては正邪が逆転して見えました。

 戦争を娯楽映像としてただただ悲惨な表現で描くのは絵空事感を強めてしまい、確かに良いこととは言えない部分もあります。それでも国と国とが争うこととは?について考える機会に出来るのでは、と思いました。



 完売したら困ると思って真っ先に購入したパンフと入場者特典の小説♪
コメント   この記事についてブログを書く
« レコーダー録画鑑賞「約束の... | トップ | 「ネオロマンス・フェスタ 下... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿