ありがとう!、あてつけじゃないよ。

☆雑記ブログです。
★Blog内に掲載されている画像ファイルの転載及び二次利用を固く禁じます。

天地人「義の戦士たち」

2009-05-03 | ドラマ
天地人「義の戦士たち」

1582年4月。
越中、魚津城は織田の軍勢に包囲されてました。
柴田勝家からの降伏を撥ね退け、景勝の援軍を待つ、吉江と安部。
景勝が魚津へ向かえば、信濃から織田勢が春日山に攻めてきます。
魚津が落ちれば、同じく北陸から雪崩の如く織田勢が攻めてきます…。
越後の背後も謀反が起きてるようだし、上野からは滝川一益が攻めて来るようだし…。
四方から攻められる越後。

魚津城は二の丸まで落とされ、本丸を残すのみとなりました。
粥ではなく、おにぎりをガッついてたので、兵糧はあるみたい…。
みんな戦死したからお米が余ったのか…。

景勝、兼続は魚津を救うため、出陣しました。
兵の数は5千。
魚津を包囲している織田勢は1万5千。
三倍の敵に立ち向かえるのでしょうか?

一方、信長は秀吉の要請を受けて毛利攻めに、援軍として向かうことにしました。
光秀を先に向かわせて、おそらく、毛利の次は九州も一気に攻めるつもりだったのでは?
光秀は、秀吉の下で働くことに、えらくプライドを傷つけられたようです。

景勝が、魚津城の四キロ先に辿り着いた時、信濃からは森が、上野からは滝川が越後へ攻めてきました。
兼続の策は、信濃の織田勢に越後に攻め込ませ、それを景勝軍が殲滅すること。
四キロ先まで来たのに、魚津は見捨てる作戦でした。
峠で滝川一益を食い止めるている間に、信濃から来た織田勢を殲滅し、その後、柴田勝家を春日山城で迎え撃つ作戦だったのでしょうか…。
…どの道、春日山城は敵に囲まれたような気がするが…。

織田の囲みをすり抜けて魚津城の本丸に辿り着いた兼続は、作戦を打ち明け、魚津城に立て篭もる家臣達に、降伏を勧めるのでした。
一人でも多く生きて帰ってもらいたい、という兼続の気持ちは伝わるも、吉江と安部らは死を覚悟しました。
兼続を逃がすため、最後の一戦かと思いきや、あっさりと景勝の陣に戻った兼続。
…というか、まだ居たのか景勝。
織田との戦はスピードが命、さっさと越後に戻るのだ景勝。
景勝「信長風情などに負けぬ…。」
魚津城に残った家臣に降伏を勧めるなら、景勝も信長に降伏した方が越後を戦場とせず、民のためになるんじゃね?

本能寺の変まで、あと5日。

次週、本能寺の変

結構、魚津で引っ張る…。
そして、謙信と信長の再会…。

Panasonic デジタル一眼レフカメラ LUMIX (ルミックス) G1 Wレンズキット コンフォートレッド DMC-G1W-R

パナソニック

このアイテムの詳細を見る

コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« Internet Explorer起動せず… | トップ | 天地人「本能寺の変」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ドラマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

天地人 第18回「義の戦士たち」 (あしたまにあーな)
次回が大きな転換期であることが分かっているにも関わらず、今回の完成度の高さはすばらしいものがありました。希望と絆、そして絶望と勇気を一つの話の中でうまくまとめられてい...
大河ドラマ 「天地人」 義の戦士たち (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
お出かけをしていたので、 見るのが遅くなりました。