ありがとう!、あてつけじゃないよ。

☆雑記ブログです。
★Blog内に掲載されている画像ファイルの転載及び二次利用を固く禁じます。

功名が辻 第41回 女大名の山内家

2006-10-15 | 功名が辻(小りん)
■功名が辻

三成19万石に対して家康は250万石。
たった19万石で家康と戦ったのかと…。
秀吉が三成に100万石あげてたらもっと良い戦になったかもしれないのに…。

一豊、堀尾、中村の三人組。三十年来の付き合いです。
堀尾は先週、家康側につくと言って隠居。
一豊の頬っぺたに矢が刺さった時は助けてくれたね~。
三人の友情が崩れそうになったときも、助けてくれました。
今週は中村の隠居話。
中村は、来年の春を迎えられないと言われる程の重病。
現役なのは一豊だけになりました。

家康暗殺の噂を流して大阪城に兵を入れたり、暗殺を企てたのは前田家として「松」を人質に取ったり…、六平太曰く「家康最後の賭け」、少々荒っぽいこともやります。
家康は乱を起こして自分に逆らう大名を一掃しようと企みます。

前田家の次は上杉家が狙われると…、上杉家家老の直江は三成と組んで家康打倒を誓います。
上杉が東から、三成は西から家康を挟み撃ち!。イイ作戦なのにね。
…しかし、上杉は伊達で抑えられるから、前田、毛利が全力で徳川にあたらないとね。
と思ってたら毛利は家康に調略されそうです…。

石高の加増(恩賞)か、それとも豊臣への忠心(義)か、…というより大名達は「家の存続」が一番大事。
中村も家康につくと決めて、関ヶ原前に病死。
一豊はギリギリまで決断しない様子。でも、千代の指示?もあってか、上杉討伐の家康に従軍。
所領が遠江だから家康側についた方が家臣達も守りやすいし…。

それにしても豊臣勢は前田利家が亡くなったのがイタい。
利家が居れば、家康が大阪西の丸に入ることもなかったかもしれないし、西国の大名も豊臣についたままだったかも…。

家康は59歳にしてまだまだ元気。秀吉は淀に色々吸い取られて…早死に?。恐ろしや~。

来週は関ヶ原前夜かな。ガラシャが再登場。

■鉄板少女アカネ

それはそうと、アカネスペシャル食べてぇ~。
普通、堀北が焼いてるだけで大繁盛の筈。
リンゴ入れるとホントに上手いのか?。

「世界中が私にひれ伏しますように…」(笑)。
ソースが無くなって、どうなるかとおもったけど三ヶ月伸びたか…。

俺も鉄板で焼いてみてぇ~。

コメント (6)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
« 『鉄板少女アカネ!!』の第2話に | トップ | 千代谷美穂・鷲尾春果・ニュ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
淀に色々吸い取られ (もちきち)
2006-10-16 00:00:59
こんばんは。

家康はお灸やったりして、健康に気を使って

ましたね。ダイエットはしてないみたいですが。



私も鉄板少女は最後のほうだけ見ました。

アカネスペシャル、私も食べたいです…。
こんにちはぁ♪ (bluestar1719)
2006-10-16 12:18:20
cocktail-lightのbluestar1719です。

いつもありがとうございます。



利家の逝去は大きいですよね。

家康と張れる大物は彼くらいですし。





http://tb.plaza.rakuten.co.jp/bluestar1719/diary/200610150002/01919/



こんにちは♪ (ミチ)
2006-10-16 14:26:12
前田利家の地元なのですが、やっぱり彼が生きているのと死んだのでは随分勢力図が変わってきたようですね。

今回まつのことはセリフ説明のみで残念です。
もちきちさんへ (トールギス)
2006-10-17 07:57:42
家康は、鯛の天婦羅を食べて亡くなったって、聞いた事があって…、天下を取った後は油断しちゃったのかな。
bluestar1719さんへ (トールギス)
2006-10-17 07:59:54
>利家の逝去は大きいですよね。



もしかしたら、ハットリ君の仕業かも…。

しかし、上杉は家康の死を待てなかったのですかね…。
ミチさんへ (トールギス)
2006-10-17 08:05:40
そういえば妙な所?で石川さゆりさんが出て来たぐらいだから…、マツも誰かに演じて貰えばよかったのにね…。



トミーとマツの松崎しげるが適任か…。

コメントを投稿

功名が辻(小りん)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

21 トラックバック

功名が辻のすばらしさを語ろうの会   時は人を変える (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
今日は腹出して観てたら腹痛くなって、今も完全治癒とは言えません(-.-;)。でもそんな状態でも軽く観れるこのドラマだと思います(笑)
功名が辻(10月15日) (今日感)
高台院から「女大名の山内家」といわれ、六平太からは「山内家の命運がかかっている」といわれ、千代に対する周囲の期待がうかがえます(笑)
功名が辻~家は潰せん... (一言居士!スペードのAの放埓手記)
功名が辻ですが、徳川家康につくか、石田三成と一緒に豊臣家に忠誠を尽くすかという究極の選択が山内家にも迫っているようです。 山内一豊(上川隆也)の同僚である、生瀬さんと田村淳ですが、義理固そうな生瀬さんの方が早々と豊臣を見限るわけです。 そして ...
功名が辻*大乱の予感 (せるふぉん☆こだわりの日記)
ますます緊迫した状況になってきた秀頼(淀)VS家康 どちらにつくのか依然として
功名が辻41家康か三成か究極の選択ゲーム! (ぱるぷんて海の家)
恒例ドラマ冒頭のワンポイント講座。 何だかいつの間にか、三成すっかり義の人になってるし、家康は天下を狙うタヌキ。ものすごく分かりやすい単純な分け方です。しかも「恩顧か恩賞か」って云われてもなあ。この時期の大名、ホント悩んだでしょうなぁ。恩顧とか ...
「功名が辻」第41話。 (Creme Tangerine)
今年1月から毎回欠かさず書いてきたこの感想も、残すところあとわずかに なりました(なんか先週も似たようなこと書いた気が…)。来年の「風林火山」 をどうするか迷っているのですが、さてどうしましょう。千葉ちゃんとウッチー とGacktのために、やはり続け ...
【功名が辻】第四十一話 (見取り八段・実0段)
家は潰せぬ。これが、大名の決断の行き着く所だと思う。家康と腹を割って話したい、と掛川で饗応を催した一豊の所に病の身体を引きずって、家康の元に付くと言上しに来た中村一氏。この男は、あまり好きになれなかった。一豊が一番初めに出世した時、嫉妬から口を ...
功名が辻~恩顧か恩賞か? (うさうさ日記)
NHK大河ドラマ「功名が辻」第41話~大乱の予感堀尾氏~~(隠居)中村氏~~(死去・TT)仲良し3人組がもう見られないなんてぇぇぇぇ~~堀尾氏との思い出話・・・しんみり・・・。中村氏の家康への拝謁・・・お家のために病気をおして根性の拝謁、すごい ...
○功名が辻41・・生き延びるために。。 (・*:・ふわゆら生活・:*・)
一豊さま。。まだまだ悩みます。。豊臣か徳川か。。千代は千代で、またまた六平太にいろいろこうしろああしろ!みたいなこと言われてるし。。その割には、淀に呼びつけられた千代は悩む淀ちゃんにアドバイスしちゃいます。天下なんてどうでもいいやん。。家康に頼 ...
「功名が辻」41回さらば友よ (森の中の一本の木)
   今日もとっても良かったですね。でも、ほとんど忘れちゃいました。 えっ、なんじゃ、それ  って思いましたか。だって、最後が良すぎて頭の中にそれしか残らなかったのですよ。 なので、その他のあらすじは「功名が辻」ホームページで・・・ もちろん、 ...
「功名が辻」第41回 (ミチの雑記帳)
「大乱の予感」 千代ちゃんの情報収集能力すごすぎ!大阪城下で起こった事をコト細かく掛川の一豊に知らせてますから!どんな情報網を張り巡らしてるんでしょーか。手紙という手段でいろんなエピソードの説明をした回でしたね。 秀頼を重んずれば三成{/cherry_bl ...
「功名が辻」第41回「大乱の予感」 (つれづれ さくら日和)
相変わらず、世の動きを上から眺めて楽しんでいるような家康です。 それにしても19万石の三成と、250万石の家康、という差が、凄いですね。 豊臣の周りに集まっていた大名たちは多くが帰国、一豊も掛川に戻るが、千代を大阪に残します。 大阪城での徳川の動 ...
『功名が辻 第41回「大乱の予感」』を観た (TV視聴室)
さて、その「子供に見せたくない番組 3年連続第1位」と、大河ドラマを掛け持ちする男(笑)、ロンブー淳も、今回で見納めとなりました。
功名が辻 第41話 (くつろぎ日記)
城主たるもの病などということは外に漏らさぬのが武家の習い。
功名が辻第41回「大乱の予感」 (さくら色通信)
お!ロンブーマジな演技でなかなかやるやん!と思った今日の功名が辻。一豊・中村・堀尾の三人トリオ、そして千代達妻三人トリオ。こうやってトリオで集まるのもこれが最後なのかな?今日はシリアスな内容だったのでいつものお笑いはなかったけど、「とし」は千代 ...
【功名が辻・感想レビュー】大乱の予感 (必然的なヒストリー)
石田三成と徳川家康、今夜のご注文はどっち!!という展開で始まった今回。物語もいよいよ佳境に!というわけですが、まだまだ天下分け目の大戦は始まりません。大石さんも焦らしがウマイですね~。上川さんと仲間さんの次は西田敏行さんと篠井英介さんの熱愛報道 ...
功名が辻第四十一回「大乱の予感」~家康は元祖アンチエイジング~ (「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
それは、関が原の合戦の 3ヶ月前のことであった・・・ (その時、歴史が動いた風) ※軽くネタバレ注意
功名が辻「大乱の予感」 (『ならうよりなれろ!!』)
功名が辻「大乱の予感」 家康が諸侯に国許に帰ることを許したので、一豊も久しぶりに掛川へ。 千代は残ります。 高台院・寧々さまにご挨拶。 寧々さまはすでに「家康」支持ですが、「山内家のことは山内家できめること」と思っていらっしゃるご様子。 いや、絶対 ...
功名が辻 (Fere libenter homines id quod volunt credunt)
第四十一回「大乱の予感」 あえて言おう。 うだうだ書くんじゃない!!
「功名が辻」第四十一話 (リリコ雑記)
いよいよ天下分け目の「関が原の合戦」へ向けて、家康が暗躍している最中です。その陰謀に巻き込まれる山内家を描いた今回。…って気付いたら一人だけ残されてしまった一豊さん。一体どうする!?
功名が辻 第41回 (まゆまゆの缶詰)
第41回「大乱の予感」 冒頭で高台院(寧々)に「山内家は女大名だからのぅ♪」と、存在を否定されてしまった一豊君が、さすがにかわいそうでした{/face_ase2/}{/ase/} さて今回も「悩む一豊」第2回。 前回で友人・堀尾吉晴が徳川につくことを決意。 改めて一豊と ...