ありがとう!、あてつけじゃないよ。

☆雑記ブログです。
★Blog内に掲載されている画像ファイルの転載及び二次利用を固く禁じます。

龍馬伝「遥かなるヌーヨーカ」

2010-02-14 | 龍馬伝
龍馬伝「遥かなるヌーヨーカ」

鰹のたたき、うまそー。
下士と言っても龍馬の家は豊かだな…。

龍馬は土佐に戻って来ました。
早速、また江戸に行きたいと、父兄ら家族に伝えました。
「おまえさぁ~ん」って、龍馬の父は後妻をもろたんですね。

龍馬が離れた一年余り、土佐の皆も黒船の影響を受けて変わってしまいました。
武市半平太の道場は攘夷を唱える者が集まる道場に。

加尾(広末涼子)は弥太郎のところで学問を学ぼうとしましたが、弥太郎の誤解から弥太郎塾を止めてしまいました。
弥太郎「わしの女房になってくれ…。」
加尾「申し訳ございません。…わたしには…わたしには…。」
弥太郎「…まだ龍馬を…。」
弥太郎の恋は実りませんでした。
これでエェんです。
しかし、来週、江戸行きが怪しいな…苦難じゃのぉ~弥太郎。

さて、土佐には絵師の先生、小龍が居ました。
土佐一番の絵師、二条城の襖絵を描くぐらい偉い先生。
なんでもジョン万次郎からアメリカの話を聞いてそれを絵に描いたそうです。
その小龍が土佐の若い衆にアメリカ、そして世界の話をします。
しかし、攘夷派の連中はみんな小龍の話を聞かずに途中で退席していきます。
残ったのは、半平太、弥太郎、龍馬の三人だけ。
あげくに半平太と弥太郎が喧嘩を始めてしまいます。

龍馬「黒船はのう。海を揺らして進むがじゃ。鯨も逃げる…。海から押し寄せる大波を刀で押し返すことが出来ようか…。己を惑わす敵は実は己の中にあることを…。小龍先生の言いたいことは、アメリカ、イギリス、ロシアを目の仇にする前にまずはこの日本を守っちゃるという心構えを持てということじゃろう。」

弥太郎は、よく殺されなかったもんだな…半平太に(汗)。

高齢の父、八平(児玉清)は心臓が悪くそろそろ寿命です…。
八平「黒船を作る、言うたがか。作ってどうするかじゃ?」
龍馬「そこまでは考えて言うたわけでは。」
八平「己を磨き高めようという気持ちを忘れたら生きておる意味は無いがぜよ。己の命を使い切って生涯を終えるがじゃ。」
龍馬「わたしはまだ何も父上に御見せ出来ておりません。もっともっと生きておってもらわんと困ります。」

小龍「あれは中々太いぞ。きっと大きい花を咲かすぜよ、龍馬は。」
龍馬の行く末を心配しながらも江戸でたくましく育った龍馬を見てあの世へ旅立つのでした。

次週、弥太郎の涙

世界遺産 【イギリス編】 [DVD] JPSD-008

ファーストトレーディング

このアイテムの詳細を見る

コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 龍馬伝「松陰はどこだ?」 | トップ | 龍馬伝「弥太郎の涙」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

龍馬伝」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

「龍馬伝」第七話 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 ~ドラマ編(仮))
親しい人々が変わってしまったことへの戸惑いと、 家族の変わらぬ温かさ。 新たな出会いと・・・別れ。 第7回『遙かなるヌーヨーカ』
大河ドラマ 「龍馬伝」 #7 遥かなるヌーヨーカ (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
土佐に帰ってきて世界の広さを実感。 幼馴染の武市とは道が変わってきました。