ありがとう!、あてつけじゃないよ。

☆雑記ブログです。
★Blog内に掲載されている画像ファイルの転載及び二次利用を固く禁じます。

龍馬伝「船中八策」

2010-10-30 | 龍馬伝
龍馬伝「船中八策」

山内容堂公が京へ上洛しました。
大政奉還を狙う龍馬は急ぎ京へ向かうのでした。

京へ向かう途中、龍馬は船中八策を書き上げます。
木戸孝允、横井小楠、吉田東洋、高杉晋作、武市半平太、勝麟太郎、久坂玄瑞、河田小龍と、これまで龍馬が出会ってきた人たちの考えをまとめ、今後の日本の行く末を示すものでした。
初見で何も解説無しに龍馬の八策を理解する後藤象二郎も中々のものでは…。
大政奉還と船中八策を容堂公に進言するぞと、龍馬達は京へ向かうのでした…。

しかし、京で行われた会議では何も発言しない容堂公。
虫歯が痛かったそうな…。
そして、龍馬達と入れ違いで土佐に戻ってしまいました。

「俺の仕事はお前を斬ることだぁー」って新撰組とチャンバラしつつー、中岡慎太郎と再会した龍馬。
中岡慎太郎は薩摩と一緒に行動していました。
中岡曰く、西郷が後藤象二郎と会いたいそうな。
薩摩と土佐を結び付けたい龍馬はその話に乗りました。
薩摩に大政奉還を考えさせる絶好の機会。
しかし、土佐が戦に巻き込まれるリスクもあること。

この交渉は薩摩の勝ちだったようなが気がします。
薩摩は土佐の考える大政奉還を受け入れました。
ただし、大政奉還がならなかった場合は戦による解決を、と。

大政奉還など全く無理思える今の時点では薩摩の思惑通りに進んだ会談でした。

今回初登場の大久保利通…。
西郷の相棒役やね。

長崎では、商いに賑わう海援隊と弥太郎。
しかし弥太郎は気が付くのでした。
結局のところ後藤象二郎の尻拭いをされていることに。
弥太郎は、グラバーに頼んでイギリス流の商いの方法を教えてもらおうとするのでした。
弥太郎はカンパニーのトップ(社長)を目指します。
そして最大のビジネスチャンスに気が付くのでした。
戦こそがビジネスチャンスと。

龍馬暗殺まで残り五ヶ月

次回、雨の逃亡者

RG 1/144 MS-06S シャア・アズナブル専用 ザクII (機動戦士ガンダム)
クリエーター情報なし
バンダイ

コメント   この記事についてブログを書く
« 龍馬伝「いろは丸事件」 | トップ | 龍馬伝「雨の逃亡者」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

龍馬伝」カテゴリの最新記事