フリーアナウンサー 松原敬生の『今日のエッセイ』

思っている事、感じている事などを自由に綴ります。

名字

2017-08-05 22:35:58 | Weblog
ある記事で名字ランキングを見ました。予想通り数の多さ第一位は「佐藤」そして「鈴木」「高橋」「田中」「渡辺」と続きます。江戸時代は武士などの一部の人しか名字はありませんでしたが、明治になってすべての人に名字がつけられました。
私の松原は190位だそうですが、明治は高い建物がなかった時代ですから、大きな木は家を特定する目印だったところから、新しい名字に松の字を使ったのでしょう。16位の「松本」以下「松田」「松井」「松尾」「小松など」「松」のつく名字は200位までに10個も入っています。植物に由来する名字としては一番多いそうです。これは、集落に松が多かったのが最大の理由ですが、門松に使ったり、冬でも葉を落とさない松に聖なるものを見いだしていたのです。つまり、名字には縁起の良いものを使うのが基本なんですね。
その他、杉、栗、桑、竹、萩などの植物が多くありますが、移動する動物は余り多くないのは、その頃から土地への執着が強かったのですね。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天気予報 | トップ | 台風接近? »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事