むぎわら日記

日記兼用ブログです。
日々の生活(主に遊び)、スナップ写真などを載せております。

ご静聴とご清聴

2018年02月07日 | 日々の生活
お題「間違いやすい日本語といえば?」に参加中!

ご清聴とご静聴は違う意味なのですが、どちらも書き言葉として使われることは少なく、ほとんどが話し言葉として使われていたため、頭の中で、どちらの漢字を思い浮かべて口から出していても間違いだと言われることはありませんでした。
ところが、文明の力のお陰で、間違いやすい言葉として脚光を浴びました。
スライドで公演している時代には、わざわざ文字にしてスクリーンに映すことはなかったのですが、パワーポイントとなってから、講演の最期に美しい写真をバックに「ご静聴ありがとうございました」とやってしまう場面が見られるようになりました。
正しくは「ご清聴ありがとうございました」です。

ご清聴:自分の話を聞いてくれること
ご静聴:静かに聞くこと

つまり、自分の話を聞いてくれてありがとうございました、と言うことになります。
ご静聴は、「ご静聴お願いします」と司会者などが使う場面が多いです。

立派な公演でも、最後の最後にやらかすと、本人だけではなく所属している組織のチェック体制まで疑われることになりかねないので気を付けたいものです。

『コラム』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 松ぼっくり、雪上に散乱 | トップ | 庭師の技 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めて知りました (KONASUKE)
2018-02-07 22:02:01
そんな違いがあったんですね。
勉強になりました。
>初めて知りました (KONASUKEさん) (タック)
2018-02-08 06:37:26
わたしも最近になって知って驚きました。
ほとんど、書かれない言葉でよく残っていたなと。
考えてみたら、国語辞典なら並んで記されているはずで、国語学者などには常識の範疇だったのでしょう。

コメントを投稿

日々の生活」カテゴリの最新記事