「テレビ」と「平和」と「憲法」のblog

元ワイドショープロデューサー仲築間 卓蔵(なかつくま・たくぞう)のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

繁華街のパフォーマンスを禁止する?

2009-03-14 14:38:32 | Weblog
 繁華街で、若者たちが歌う。 踊る。大道芸にたくさんの人が群がる。主張を述べる人もいる。店の宣伝をする人もいる・・・・・・。繁華街って、そんな雑多なものが入り混じっているから楽しい。
 そんな繁華街でのパフォーマンスを(迷惑だからと)禁止しようとする動きがあるのですよ。「東京都安全・安心まちづくり条例」を「改正」しようというのです。

 自由法曹団東京支部の要請に応えて、3月3日(ひな祭りの日)都議会要請行動に参加してきました。緊急の呼びかけにもかかわらず、雨模様の寒い日でしたが、都議会棟の談話室(といってもスペースは広い)は満員。

 この条例が(各方面の反対を押し切って)制定されたのは03年6月です。
 内容は、「地域に協議会ネットワークを張りめぐらせ、民間パトロールと監視カメラで”地域ぐるみ、住民ぐるみの防犯の協働”を推進」しようというものです。
 東京での条例設定を機に、すでに42道府県で制定されているといいます。中央集権組織である警察が主導していることもあって、内容はどの条例も共通しているようです。

 東京都は、この条例を「改正」するというのです。
 その中身は、「繁華街その他の店舗が集積し、多数の来訪者を抱える地域ににおいて、店舗、駐車場その他の施設若しくは土地を所有し、若しくは管理する者又は事業を営む者、地域住民、ボランティア及び来訪者は、次条に規定する繁華街等に関する指針に基づき、当該繁華街の安全・安心を確保するために必要な措置を講ずるように努めるものとする」(第18条の2。繁華街等における安全・安心の確保等)という規定を追加しようというのです。

 「繁華街等に関する指針」とは・・・・・・。
 2月9日に発表された「東京都安全・安心まちづくり有識者会議報告」(有識者という言葉が出ると、どうも胡散臭さを感じてしまいますが)では、繁華街の来訪者に対し「街頭や歩行者天国において大衆に多大な迷惑となるパフォーマンス等、街の秩序を乱す行為を慎む」とあるのです。
 
 「大衆に多大な迷惑となるパフォーマンス等、街の秩序を乱す行為」とは、なんともあいまいな表現じゃないですか。誰かが「秩序を乱す行為だと言ったら規制されることになるのですかね。
 パフォーマンスで発散する若者たちは、きっと頭にくると思いますよ。店の宣伝のためのパフォーマンスだってあるでしょうよ。
 繁華街というのは、パフォーマンスと騒音の自由な空間だといってもいいのじゃないですかね。これも「文化」というものですよ。
 固い言葉でいえば、「表現の自由」に対する重大な侵害ですよ。

 実は、「敵は本能寺」なのです。
 どうやら、秋葉原での殺傷事件がきっかけに条例「改正」を考えたようですが、条例を変えればあの種の事件は無くなるとでも思っているのでしょうかね。
 日比谷公園の「派遣村」が社会的な話題になりましたが、3月から4月にかけて40万人の「派遣切り」が予想されるというじゃありませんか。東京の いや全国のあちこちで起きるにちがいない運動を予測しての条例「改正」ですよ。
 自由法曹団東京支部長の島田修一弁護士は、「警職法から50年。政府や大企業への要請行動が激しくなるであろうことを予測しての、彼らの(抑圧の)決意をあらためて示している」といっていましたが、そのとおりだと思いますね。

 東京都は、かなり急いでいるようです。17日に都議会の委員会にかかり、18日に討論・決定。27日の本会議で採決という慌ただしさなのですよ。
 悪名高い「治安維持法」の東京版でしょう。都議会で採決ともなれば、他の道府県は右へ倣えとなるでしょう。
 メディアは黙っていていいのでしょうかね。
 「あれは東京の問題だ」と見過ごしてしまうのでしょうかね。
 東京都議会の動きに、注目です。
 そろそろ桜の季節です。楽しい花見も「多大な迷惑」「街の秩序を乱す」などと言われては、見られる桜も可哀そうじゃありませんかね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« オバマ大統領誕生 | トップ | 「まちづくり条例」・その後 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
中川財務相に薬を盛った犯人らが特定・暴露された (たつまき)
2009-03-16 00:11:42
 米国はオバマの恐慌対策が空回りで経済崩壊へ直進している。オバマの地元シカゴではCNBCテレビでレポーターが新アメリカ革命の宣言をした。他方では各1-2万人収用の全米800ヵ所の強制収容所がスタンバイ状態で、革命的な内戦に発展する騒乱が発生する場合、裁判所の令状なしでこれらの収用所へぶち込む用意が出来ている。
 西欧7ヵ国は国家破産寸前だ。EUでは統一国家の大統領にブレアを据えてネオファシスト的警察国家の樹立を目指している。
 日本では、総選挙なしの売国麻生自公政権の延命を図っている。広島・長崎の核攻撃を「人類への犯罪」と非難し、また最近は米国から巨額の金の貢納を要求されて、厳しく批判と条件を付けたかどで、中川昭一財務相はG7蔵相会議のホテルでCIAの手先に薬を盛られて、意識もうろう状態で1000億ドルの米国IMFへの貢ぎ協定にサインさせられた上に、CIAの手先マスゴミに叩かれて首になった。
 しかし、薬を盛った犯罪者らが特定され暴露された。→「オルタナティブ通信」: http://alternativereport1.seesaa.net/article/115447419.html 
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/60.html

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

「東京都安全・安心まちづくり条例」の記事 (JCJ機関紙部ブログ)
   JCJ機関紙 「ジャーナリスト」3月号を編集中です。  政界の激震に隠れて、「東京都安全・安心まちづくり条例」が埋もれてはいけないと思い、法律家に記事を依頼しようかと思っていましたら、レギュラーの「仲さんのテレビの本音」が取り上げてくれました。  ...