内装屋かあちゃんのひとり言

北国北海道に住む 内装屋さんのかあちゃんのたわいもないひとり言です(^。^)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

負けられません

2011-03-10 13:51:50 | 表装

もう3月だって~のに・・・

日本全国 春に向かってるて~のに・・・

今日の旭川 雪が降ってますよ

もう雪はいらないんですけどね~~~

さてさて、先日 表装の仕事の方で 4人のお客様の書道の展覧会の

お仕事をさせて頂きました。

この4人のお客様、4人合わせてのお年が なんと340歳

そうです!!皆さま 80歳以上の方ばかりの 書道展。

80歳を超えても 自分の趣味を持って イキイキと生活してるなんて

尊敬に与えしますよね~

書道の作品も大きな作品もありの 字も元気そのもの!!

いや~~~ 80歳を超えた大先輩方に 逆に元気を頂いております

Photo

Photo_2

一部作品で~~す

コメント (12)

手作りが機械に負けた日?

2008-02-19 16:01:13 | 表装

内装屋かあちゃんの会社は

内装の他にも、掛け軸 や 額装 も 作っています。

掛け軸は、今は 機械表装と言うものもあるけれど

かあちゃんの会社では 全て手仕事…。

その分、機械で表装するよりはお値段も高いけど

良い物が作れる!!と 内装屋じいちゃん。

機械の掛け軸は、見た目は とても良いもので

値段も格段に安いが、機械で表装すると

もうその作品は2度と その掛け軸以外やり直しがきかない。

こう言っても、???でしょうが

手作りで掛け軸を作ったとすると、これから先にその掛け軸を

再度 作りなおす事も出来れば、額装にする事も出来る。

もちろん、何百年先にも同じこと・・・。

でも、機械での表装は、その掛け軸を作った時点で その先、

作りなおすことも出来ない…。

こんな違いあって、職人 内装屋じいちゃんは 機械での表装はしない。

でも、お客さんは「安いものなら。見た目がなんとかなっていれば…」。

当然、お客さんの言っている事は分るんだよね~。

機械の表装の値段に負けない為には、手作りの場合、

どこかで、作業工程を抜かなければならない。

と言う事は、いい物が出来ない…。

そして、今日その作業工程を抜いた表装を手にした

お客さんに「こっちの方が(機械)、こっちより(手作り)よく仕上がってる。

どうして??」と 問い詰められました。

そこで内装屋じいちゃん、機会と手作りでの違いを話す・・・

しかし お客さん「それでも、安くて見栄えのよいこっち(機械)がいいし・・・」

と当然の主張。

その言葉に、内装屋じちゃんは

「私の会社では、作品を後世に残す仕事をしています」

結局は、お客さんも納得して?帰って行ったけど…

色々な思いを それぞれの人が持った時間でした。

コメント (5)

掛軸

2007-08-04 10:10:27 | 表装

掛軸って最近の住宅に掛かっているのはあまり見かけないですよね~。

そう言えば、床の間もない住宅もあるし・・・。

内装屋かあちゃんの会社は、表装店という名前だけあって

掛軸ももちろん製作するんですよ☆

簡単に出来ちゃう物から、何ヶ月もかかって仕上げる物まで…。

P1030065  どの作品も、職人さんが

 丹精こめて仕上げます。

 最近では、機械で仕上げる

 お店もあるらしいけど

 うちの会社は、全て手仕事(^0^)

P1030066

そんなんで、出来上がりの墨絵の作品。

お客様が、書いた作品を持ち込んで頂き

こんな風に仕上げました。

って、なんだかボケているこの写真に

内装屋じいちゃんが不満気(=_=;)

あら?本当にカメラマンかあちゃんの腕が

良くないわ(._.)

子育てに疲れているわけでもないけれど…。

次回は、ちゃんとバッチリなのを撮りますわ!!

コメント

職人さん♪

2007-07-09 10:58:41 | 表装

毎年、初夏から秋までが 書道の展覧会のお仕事で表装の方が特に

忙しくなります。内装屋かあちゃんの会社は、表装の専属の職人さんは一人で、

連日 頑張っています!!!

最近は、とにかく大きな作品が多くこんな感じの職人さんです。

P1030007

P1030008

こんな 大きな作品を一人で仕上げるなんて『職人』でしょう!!

尊敬の眼差しの かあちゃんです。

コメント (2)

表装って知ってます?

2007-06-27 12:13:29 | 表装

内装屋かあちゃんの会社は、内装の仕事一式の他にも

表装光触媒なんかも手掛けているんですよ(^^)

「表装」って何?って人も沢山いるかと思うんですけど…。

簡単に言えば、掛軸なんかを作ったり修復したりするお仕事です。

(それにしてもかなり簡単すぎる説明かもしれません(笑))

掛軸は、床の間に飾っているような大きな物から

お仏壇の中にかかっている小さな掛軸(仏表具)まで、

額も、書道の展示会で飾るような大きなパネルから(大きい時は2.4MX3.6M)

小さな額までと、この仕事は 内装屋じいちゃんとばあちゃんが

仕切ってやっていますよ~。

先日も、旭川市内の1つの書道サークルの展覧会があり 内装屋かあちゃんの

会社で表装をさせて頂きました。(ありがとうございます)

たまには、お仕事の話も書き込んでみる 内装屋かあちゃんでした。

コメント (2)