『タキ10450』のタンク車を追いかけて

専貨がほぼ全滅した今、2004年頃から撮り始めたタンク車の型式写真を紹介していきます。

タキ29123

2018年10月10日 | 硝酸車
今年は25℃を越える夏日が延べ136日あったそうで、あと1日プラスになればこれまでの2013年に記録された137日に並ぶそうです。
今年は早い段階から暑くて10月になってもまだ暑い日が続いているので、記録更新しそうです。

日産化学車のタキ29100が続きます。


(タキ29123 2006年4月15日 速星駅にて)

前回のタキ29122と比べると、半キセにまだ光沢が残っていて銀色であることが分かります。

向こう隣りは、形態からしてタキ10450で半キセ装着のタキ10453と思われます。同じ半キセ付きでも、タキ29100の方がキセの被りが深いですね。


次回も日産化学車です。



にほんブログ村
コメント

タキ29122

2018年10月08日 | 硝酸車
のんびり過ごした3連休ももう終わり、明日から通常出勤です。

今回も日産化学のタキ29100です。



(タキ29122 2007年6月2日 速星駅にて)

前回ご紹介のタキ29121とタキ29122は、平成5年(1993年)に製造された新しい車でしたが、平成20年(2008年)春にタンク車による速星からの化成品輸送は終焉となり失職しました。

平成生まれの新しい車両だったからか、台枠と足回りはグレーに塗られていて台車はTR213Cを履いていました。

撮影当時は、TR41を履いたタキ7500やタキ7750が居て、タキ29100は食指が動き辛く、画像は沢山は残していませんでしたが、タンク車がほぼ無くなってしまった現在、平成生まれの車両でもタンク車はいいもんですね。



にほんブログ村
コメント

タキ29121

2018年09月30日 | 硝酸車
またまた台風が列島直撃です。東京は強風が吹き荒れています。
ニュースでは、不要の外出は避けるよう注意喚起していますが、渋谷や新宿の映像では結構な人が繁華街にいます。
JRをはじめ、鉄道各社が運転打ち切りをしていますが、夜通し繁華街にいて台風をやり過ごすのでしょうか?

今回から日産化学のタキ29100です。



(タキ29121 2007年6月24日 稲沢駅にて)

ハッチレスで、踏み板は補強されたタイプです。
旭化成車や日陸車と同様、キセは上部半分だけとなっています。

2007年時点では、奥野谷浜等に向けてまだ細々と運用が残っていましたが、2008年春のダイヤ改正で遂に運用が無くなり、速星駅に留置されていました。
速星駅に留置された姿はこちらです。


(タキ29121 2008年3月21日 速星駅にて)

一見、何も変化無いように思われますが、タンク体上部にあったS字管のバルブと荷役用の蓋板は外されていて、使用不可の措置が取られていました。

この撮影後、ほどなくしてタキ7500やタキ10700、タキ7750等と一緒に順次解体されてしまいました。



にほんブログ村
コメント

タキ29120

2018年09月10日 | 硝酸車
2週間ほど前から左肩から二の腕にかけて鈍痛があり、整体とマッサージ通いを続けている日々です。
寄る年には勝てませぬ。

今回も日陸のタキ29100です。


(タキ29120 2005年2月12日 笠寺駅にて)


全検明け間もないのかビカビカです。

キセやらタンク体の補強環があったりして重量感がありますが、タンク体自体は案外細身なのが分かります。

日産化学富山工場のある速星から、鹿島臨海鉄道の奥野谷浜まで遠路積荷を運ぶ途中でした。当時の運用では、名臨の東港が中継地でした。


今回で日陸車は終わり、次回からは日産化学車のご紹介です。



にほんブログ村
コメント

タキ29119

2018年09月02日 | 硝酸車
暑かった今年の夏も終わりを迎えつつありますが、またまた大型台風が上陸しそうです。今年はホントに異常気象な年です。

日陸のタキ29100の続きです。


(タキ29119 2007年7月24日 稲沢駅にて)


旭化成から移籍してきた日陸のタキ29100のキセは、パイプを半分に割ったようなものを上から被せただけのような処理になっています。

ここから見えている限りでは、タンク体とキセの間に結構な隙間があるようにも見え、タンク体とキセの間には断熱材は入っているのか全く判別付きません。

この車は、速星からやってきて、稲沢で継走されて梅小路経由安治川口まで行く運用でした。



にほんブログ村


コメント

タキ29118

2018年08月19日 | 硝酸車
日差しは強いですが、風が心地よい日が続いております。

今回も日陸車です。



(タキ29118 2008年3月8日 笠寺駅にて)


先日からご紹介している日陸車は、普段は速星の日産化学からの運用に就いていましたが、この年の春のダイヤ改正を前に半田埠頭へ廃回されてしまいました。
速星から半田埠頭へ廃回される途中、笠寺駅で捉えたものです。この廃回には、僚機のタキ29119も一緒でした。

これを撮影してから早や10年が経ちました。当時、単身赴任先の名古屋を拠点に毎週のようにタンク車を求めてあちこちへ出掛けていたのが懐かしいです。


次回も日陸車です。



にほんブログ村
コメント

タキ29117

2018年08月13日 | 硝酸車
お盆休みです。今年は帰省せずに東京に残留しております。

今回も日陸車です。


(タキ29117 2007年6月2日 速星駅にて)


踏み板はS字管をオーバーハングすることなく取り付けられていて、手摺りもタンク体を1位側2位側をつなぐことなく側面だけの取付です。

タキ29117もタキ29116と同様に旭化成から移籍した車ですが、社名板の取付跡も残っています。日陸の社名板は、社紋板と同様にキセに直接書かれていて、板はありません。
今の時代ならカッティングシートを貼付することになるのでしょうが、恐らくこの社名は手塗りされているのではないかと思われます。



にほんブログ村
コメント

タキ29116

2018年08月04日 | 硝酸車
毎日気温35℃を越える日が続いています。熱中症には十分に気を付けましょう。

長かった三菱化学車は前回で終わり、今回はタキ29116です。


(タキ29116 2007年4月20日 速星駅にて)


社名は日本陸運産業となっていますが、元々は旭化成車だったようです。

NRSの社紋の左側に、キセ上に何やら取付ボルト跡のようなものが4ヶ所ありますが、元々はここに旭化成の社紋板が取り付けられていました。

撮影したころは、速星を拠点に奥野谷浜に運用されていることが多かったと思います。

次回も日陸車です。



にほんブログ村
コメント

タキ29113

2018年07月28日 | 硝酸車
職場異動から3ヶ月半が経ち、ようやく落ち着いてきました。
今日は台風12号が到来し、東から西へ移動する異例の事態となっています。

さて、今回はタキ29113をご覧頂きます。


(タキ29113 2008年7月5日 原田駅にて)

タンク体の補強環は、タンク受台間に5箇所あるのがよく分かります。
キセのバンドは3箇所、センターに1箇所、社紋板右に1箇所、積荷標記の左に1箇所です。

液出管の取り出し部の台枠には、濃硝酸が垂れて台枠を侵食させないようベロがついています。

三菱化学のタンク車を追い掛けて九州まで遠征してから、もう10年が経ってしまいました。
専貨の凋落ぶりには寂しさを感じます。



にほんブログ村
コメント

タキ29112

2018年04月14日 | 硝酸車
年度末処理と職場異動が重なり、1ヶ月半ほどブログUP出来ずにいました。今日から再開です。

今回はタキ29112です。


(タキ29112 2008年7月5日 大牟田駅にて)

積荷標記の下に(濃度95%以上)と書かれています。

同じ濃硝酸車のタキ7500やタキ10450には書かれていません。
タキ29100のタンク体はアルミクラッド鋼で出来ていて強度UPされており、高濃度のカテゴリーの中でも更に特別濃度が高いものに限定していたのでしょうか?


同じ三菱化学のタキ7500とタキ10450の画像をご覧頂きましょう。
積荷標記の下に濃度のことは書かれていませんね。


(タキ7519 2008年7月5日 大牟田駅にて)

(タキ10464 2008年7月5日 大牟田駅にて)


次回もタキ29100をお送りします。



にほんブログ村
コメント