匠三刻#(たくみつどきしゃーぷ)

平田匠と「TAKUMI DuO」応援ブログ。及び管理人の『僕の1日は、昨晩の反省を鼻で笑うことから始まる』

出直してこい

2006年06月25日 | スポーツ
(最近攻撃的ですが、そんな気分なんですみません。)

ブラジル戦終了後、ミックスゾーンでの最後のインタビュー。
中田英寿は、インタビュアーに向かい「(僕の)話聞いてますか?」
と疑問をぶつけた。そして二度目となる台詞を語気を強めて繰り返した。
「今の、現時点であったことが自分たちの力なんで。」

Jヴィレッジで行われた日本での最後のキャンプで、中田英寿は、
練習を終えて宿舎に引き揚げた他の選手とは行動を別にし、
ひとり、筋力トレーニングを続けた。
報道陣から、声が漏れた。
「おい、まただよ。こっちはメシも食いに行けねぇじゃねぇかよ」

6月15日。オーストラリア戦で惨敗してから3日後。
練習を終えた中田は、ミックスゾーンで英国とクロアチアの記者の
呼びかけられ、足を止めた。クロアチアの記者が質問をした。
「クロアチアに勝ち、勝ち点4で1次リーグ突破を考えるのか?」
中田は激怒した。
「なぜ勝ち点4と考えるのか?理解出来ない。勝利を常に考えるべきだ。
考え直して、出直してこい」

数分後、「考え直した」とクロアチアの記者は再度食らいついた。
「ドイツ戦もオーストラリア戦も終了間際に失点をしているが、なぜだ」
中田は今度は真摯に答えた。

韮崎高校時代の中田を知るある記者は、こんなことを言っていた。
「よくしゃべり、茶目っ気のある、かわいい子だった」
地元のテレビ局が制作した、韮崎高校を追ったドキュメンタリーを
観たことのある人は、こう感想を漏らした。
「皆を引っ張るリーダー的な存在で、部員の悩みにいろいろと答えていた。
語り口や、行動は高校生とは思えないほど大人びていた。」

言うまでもなく、彼のマスコミへの不信感の決定打は
「君が代ダサい発言」報道だ。
頭がよく愛嬌もある青年の、他意のない、何気ない言葉を
大の大人が大喜びで意図的に曲解し、紙面に載せた。

今現在、マスメディアに踊る、多くの言葉は
「彼がもっとチームに馴染んで、引っ張って」
「協調性が足りないために」
「イチローにはなれなかった」
そして「中田、号泣」

再びブラジル戦終了後、
ミックスゾーンでの最後のインタビュー。

「また、次の大会がありますけども…」
「はい」
相変わらずの、日本マスコミお得意の、半疑問形で
止まった言葉の続きを一瞬だけ待って、
中田はその場を去った。少し鼻で笑って。

彼の涙を伝えることができるマスコミ関係者が、
日本にどれだけいるだろう?

「考え直した」と再度語りかけられるプライドと愚直さと
意地を持ったジャーナリストは何人いるのだろうか?

少なくとも、中田本人が答えた『公式での』発言は、
「泣いてません。
(ピッチに10分ほど倒れていたのは)疲れていたんで」だ。

-------------------------------------------------------


今回改めて、webがこれだけ普及?発達した社会にいられてよかったな
と感じた。限られた報道機関の、フィルターを通らない情報を
こんな僕でも容易に手に入れられることができるという事実は、
やはり魅力的だ。

相変わらずの玉石混合だけど、それが玉なのか、石なのかを
見分けるのは、それこそ自身の資質と経験と努力だ。
そして最後に一線を引く決断力もまた、情報の渦に何度も
飛び込み、あるいは意識的に離れることで磨かれる。

最終的な決定権が自分自身に与えられるという事実が、
僕を安心させる。
どれだけ世界が拡がろうが、最後は自分に帰結する。
まあ、結論、どんなことでもそうだけど。
視野は広い方がいいじゃないですか。

日本にもいますよ。伝えられる人は。その人もネットで
出会ったのだ(笑)


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« このタイミングで書いておか... | トップ | 私はあきらめない »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
好調ですネ。安心です。 (ぼちぼち)
2006-06-27 02:25:31
ざるそばさん!



とても刺激的な文章に、あなたがそれでも少しずつ恢復されているような気がして、私もひと安心です。もっとも、文章の最後に、読み手のことを気遣われてか、きまってやさしくなられるのはいつものざるそばさんですが(笑)。



中田選手についての数々の修飾は、いろんな意味でこの社会を象徴していますね。なんかWBCのときのイチロー選手のときもそうでしたけど、マス・メディアの「おたんこなす」です



いま、私は、「私のデルピエロ様」を見終わったところです。でも、あんなにスキンヘッドが似合わないなんて……。



イタリア代表は (ざるそば)
2006-06-29 18:17:42
ここのところ、ピッチの外で厳しい事態が続きますが、

このことが、良い意味でW杯のピッチでプラスに働く

ことを願います。

アレッサンドロさんは、僕が大好きなサッカーゲームで

お世話になってます。『先生』と呼ばせて頂いております。

またもや、おいしいところを魅惑のバカ王子に持って行かれてしまいましたが、やっぱりすげぇ奴だな、と見直してしまいました。件のゲームが彼も大好きらしく、ガットゥーゾと1,2を争う上手さだとか。
together (Unknown)
2006-07-04 01:03:51
中田引退しちゃいましたねぇ…



かなしいなぁ
中田引退 (ざるそば)
2006-07-04 23:36:28
togetherさま。コメントありがとうございます。

ナカータさん。ちょっと格好良すぎる気もしますが、相変わらずのスマートな決断と言えなくもないなぁと…。

やくみつるさんが、この件に関してある新聞にコメントをよせていましたが、なかなか興味深く読ませて頂きました。

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事