情報技術の四方山話

AI、IoT、ヤマハルータ、VPN、無線LAN、Linux、クラウド、仮想サーバと情報セキュリティのよもやま話

ZABBIXで観測-通信経路変更で応答時間が短縮した例

2015-08-19 23:59:23 | 通信ネットワーク
匠技術研究所
ZABBIXで観測-通信経路変更で応答時間が短縮した例


いつもアクセスありがとうございます。匠技術研究所の谷山 亮治です。
今回は「ZABBIXで観測-通信経路変更で応答時間が短縮した例」を紹介します。

ZABBIXでの観測を試していますが、特定拠点のVPN上のPing間隔が毎日夕方より、長くなることが観測できました。この現象が、回線またはプロバイダに依存しているのかどうかを知るために、一時的にVPNの経路を引き込み回線とプロバイダが異なる別経路に変更したところ、下記の通り、画期的にPing応答時間が短縮されました。



詳細は、追って紹介します。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 8月18日(火)のつぶやき | トップ | Ubuntuにroot/管理ユーザーを... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

通信ネットワーク」カテゴリの最新記事